昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

世界史

ミラクルエッシャー展及び江戸の悪PARTⅡ展に行ってきた

タダイマ昇華中ニテ候。 世間は三連休。一足先にお休みってことで、往ってきました。エッシャーの方は会期短いしね。 エッシャーといえばだまし絵。なのだが、今回は彼の謎を解く8つの鍵を追ってゆく展示。 だまし絵以外にも描いているのだが、それ以外の作…

低気圧が辛ひ・・・・

今週は、もうタイトル通りである。 部屋の掃除ならぬ発掘作業は遅々として進まないが、それでも掘り続けていたら、がっぽとあるものを掘り当てた。 記憶にあったし移動をしていないことは分かっていたのだが、「うわっ!ここにあったかよ。」といった心境で…

ブリューゲル展に行ってきた

場所は上野。極々一部のみ桜が咲いておりましたね。場所によっては満開のものもありましたが。 この時期満開になるのは弁殿や陽光だろうかな? 東京は本日開花宣言が出ましたが、いきなり花冷え(つーか、桜雨?)なので満開になるのは先となりそうだ。 して…

ルドルフ2世の驚異の世界展に行ってきた

神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世といえば、究極のディレッタント♪魔法の都プラハの原型を作り上げた御方とも言えませう。 生涯独身とのことだが、妻子居たらどんなんだったんだろうか?政略結婚はハスプブルク家のお家芸といえど、見合った人を探すのは大変…

仁和寺と御室派のみほとけ展とアラビアの道展に行ってきたよ

国産のリアル千手観音さまが見たくて行ってきた。人気(じんき)と神気に中てられるの分かっているくせに無謀だよな・・・・。懸念は的中。ってことで。しかも低気圧症候群とWパンチ。 しっかしまぁ、アレだけ強い結界形成されてりゃ具合悪くもなるって!ちなみ…

或る意味世界征服したに等しいよな

先日アンデス展に行った事をごたごたと書いていて思ったのだが、16世紀以前の世界の食事情ってどんなんだったんだろうか?と――。 現在当たり前のように食べている唐辛子、トマト、とうもろこし、南瓜、落花生、じゃが芋。これらは全てスペインがアンデスを滅…

アンデス展に行ってきた

久々の博物展~♪チケット購入していたのを忘れていて、思い出して行ったみた今日が最終日。 時間3時間じゃあ足りませんでしたね。人が多過ぎてというのと撮影可というのに阻まれて。しかもさら見した後半の方が面白いのが多くて、非常に悔しい。 で、これは…

困るよな。迷うよな。

今週のお題「行ってみたい場所」 ってなことで、このお題を見て真っ先に思い浮かべた場所をば、一箇所だけ書いてみようかと。全部書いていたらキリがないからね。 行ってみたい場所⇒アフガニスタン バーミヤン州 バンデ・アミール湖。 どういう思考経路をして…

ラスコー展と南北朝の怨霊 ~楠正成編~に行ってきた

実験逼迫してんのに何サボってんだよ!?と個人的なツッコミをしておく。従って今週日曜日は休日出勤。だから、今日ラスコー展に行った。本当はもっとゆっくりと見たかったさ!! 知名度が高いラスコー洞窟だが、現在は閉鎖されている為見に行くことの叶わない世…

マラウィをご存知ですか?

ボジョレー・ヌーボーの季節になりました。 鮮度が命や初物好きな日本人にとって、こういった時は味は二の次のようだ。 飲み慣れなかったりアルコール分解能力が低い人は、ワインを水で割って飲んでも構わないとされているのでヌーボーはお酒は愉しみたいがと…

古代ギリシア展と和紙の魅力展と常設展とメッケネム展に行ってきた

前売りを持っていたので、行かんとムダになる!ということで行ってきた。 時代だけではなく地域ごとにまとめてその特色を打ち出していたので、古代ギリシアが世界に与えていた影響というのが分かりやすかった。 影響を与えた地域が多かったので一つ一つの項…

ほほえみの御仏展と常設展と我が家の処方箋展と大妖怪展に行ってきた

サボタ~ジュ♪ ぬがぁーというほど暑くもなく、目指した先は上野。日韓国交正常化50周年記念という肩書きに唾棄したい気分満載ながら、文化通過点の一地域ではあるので、行ってみた。日本のそんなに遠くない東側に、更に陸地なり人が住めるような島などが…

白薔薇は散らず、バノックバーン、カローディン・ミュアーを経て、今再び

英国のEU離脱が決定しましたね。スコットランドと北アイルランドが気運を機運につき合わせられるのか、ちょっと予断ならぬ状況になってきたかと。 北アイルランドの状況はよく分かっていないので、再び過激派が暗躍するような時代に戻るんか?という感しか…

カラヴァッジョ展と常設展と判断された夢展とバーミヤン大仏天井壁画展と黄金のアフガニスタン展と常設展に行ってみた

※物凄く長いです。 諦めている展示が多い中、前売りを持っているものを片さんとー!!ってなわけで、サボタージュ決行!場所は全て上野。の国立西洋美術館と東京藝術大学と東京国立博物館だけ。 カラヴァッジョ展 経歴を見ると結構とんでもない男ではあるが、…

チェルノのあれから30年ですか

敢えて何も語るまい。 この事故の衝撃が強すぎて、この前後にあった原子炉や核実験絡みの事故があまり報じられていないのは何でだろうかな? これとは違うが、洋書の原爆写真集って綺麗だよね。 あまりに綺麗なものを見ると人は本能的に恐怖を覚えるというが…

45分の決戦(敢えて固有名詞は明記せん)

かれこれ遡る事270年、国の独立を掛けて行なわれた最終決戦ありました、45分で終結して蜂起した側が負けて現在に至る。 ・・・・のだが、若し勝ったとしても次に宗教戦争が待ち受けていただろうからやっぱり現在と似たような状況になっているんだろうか?と…

黄金伝説 古代地中海世界の秘宝に行ってきた

今年初の美術展。 展示名は覚えていないが、地中海や黄金絡みの展示は両の手では足りないほど行っている。古代史を含めると足の指を足しても足りない。 地中海及び黄金といって欠かせないのが、エトルリア人。彼等の粒金細工は瞠目しても足りない。紀元前7…

未だ見えぬ和ぎ世

凪ぎが統べる事は勿(な)かれども、和ぎが長久たらん事を。 本日のお茶。 お茶は物凄く濃く入ってしまった上煎茶。 お茶請けは愛知県名古屋市は遠州屋さんの栗おぼこ餅・・・・・・って、此れ突っ込んでいいんですかね?(←掛け言葉にしないように)

百年越しの意趣返し?

11月13日って、オスマントルコ帝国が欧州勢に負けた日じゃあなかっ たっけ?記憶があやふやなんで違っていたらタイトル訂正だな、こりゃ。 またテロとの戦いが云々というフレーズが出てくるんだろうな。解釈の一つとして、殉教者には一般の人が耐えられ…

二十世紀における三大虐殺者

「もう40年経つんだね。Qさん、40年ですよ。」 と兄貴がいきなり言うので、「どうした?兄上遂に逝ったか!?」と応じてみた。よくよく話を聞いてみると、ポル・ポトが政権を握ってからもうそれくらいの時が経過しているということだった。兄貴も自分も生…