昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

日本文化

和菓子の日

記録としては室町時代からあるようだが、流行したのは江戸時代。宮中でも幕府でも庶民の間でも行なわれた行事。嘉祥(かじょう)と言われているが、その日に厄除けとして菓子を食べたのだそうな。 庶民は十六文で菓子を買い求めたとあるので、所謂駄菓子の類…

月の綺麗な晩だから 八日月編

思えば6月ですな。夏越の祓えじゃー!(←って、分かるネタを振れよ)夏の場合は茅の輪くぐりといった方が通じがいいかな? 一体何かというと、罪や穢れを祓う神事で、6月と12月の晦日に行なわれるもの。手元のメモによると、だ。大宝律令(701年)に正式…

スーパー浮世絵 江戸の秘密展と食神さまの不思議なレストラン展に行ってきた

場所は茅場町。平日は21時まで、金・土曜日及び祝日前日は何と23時まで開催されていた。会場は同じ建屋。 江戸の秘密展は浮世絵(門外不出のものも含む)を超高度解像度データにし、それと最新の映像技術によって立体化させることによって浮世絵が持つ本…

漸くありついた

夏も近くづく八十八夜ってことで、今年の新茶に漸くありつけた。 在庫が山盛っているので、出来る限り少量をということで、1回使い切りパックが出るのを待っていた。メーカーさんによっては産地違いの新茶セットを出したりするので、そういったのを試すのも…

お菓子を食べに伊勢にGo!

本家本元のぜんざい餅を食べに出雲大社に行った大戯(たわ)け者のキラズは、今回お菓子を買うのと伊勢うどんを食べに行くためだけに伊勢に行ってまいりました。 ツッコミ大歓迎( ̄ー ̄)b 但し、だからいつまでたっても結婚出来ないんだよ。とか恋人は放置…

大走りが出ていましたな

この時期だと、大走りというよりは走りか?大体鹿児島県産。で、静岡では本日初売りが始まりました。うきゃぁ!?というお値段がつきました。 機械製造のやぶきた種の過去最高の金額、㎏単価8万8800円を遥っか~に上回る、108万円がついた。1kgでです…

超・日本刀入門展に行った

場所は静嘉堂美術館。世田谷美術館に匹敵するくらい駅歩がある。といっても徒歩20分くらいだが。んで、美術館入り口から館まで5分ほど歩く。世田谷美術館も砧公園に入ってから5分以上歩く。 で、自分はのらりくらりと二子玉川駅から歩いていきました。時…

南北朝の怨霊 ~自天王編~

講座最終日です。行きは天気が良かったものの、帰りはしっかりと俄か雨に降られました。 自天王、または尊秀(たかひで)王は、南北朝というよりは後南朝の人。南朝最後の指導者的な立場の方です。この方の弟宮・忠義王こと河野宮(こうののみや)は南朝最後…

南北朝の怨霊 ~新田義貞編~

この人は何てーか、印象に残りにくいのかタイミングが悪いのか、不幸に不幸が重なった人とも言える。その為か怨霊化材料たっぷり。しかも足利絡みというのがまた・・・・。ついでに渡良瀬川を挟んで足利とは隣同士。 元々源頼義(河内源氏)の血を継ぐ者。上野国…

春日大社展に行ってきた

国宝ざっくざく♪てなわけで往ってみた。期間限定で国宝の鎧が四領揃う事だしな。ついでに16日に麿さんが行った。博物館に一人で行ったのは初めてだったそうな。ただ、平日だった所為かそれとも運が悪かったのか、閉口するくらいマナーの悪いのが溢れていた…

ラスコー展と南北朝の怨霊 ~楠正成編~に行ってきた

実験逼迫してんのに何サボってんだよ!?と個人的なツッコミをしておく。従って今週日曜日は休日出勤。だから、今日ラスコー展に行った。本当はもっとゆっくりと見たかったさ!! 知名度が高いラスコー洞窟だが、現在は閉鎖されている為見に行くことの叶わない世…

南北朝の怨霊講座 ~後醍醐天皇編~

興味があったのでさぼたーじゅ決行して行ってきた。4コマ1クルー(有料)でこれが第1回。 1/3くらいが女性。年齢は高め(まぁ、平日の午後だから当然だろうな)。 日本の歴史や文化などを語るに当たって、欠かすことの出来ない怨霊信仰。先ずそれがいつか…

子の日の行事

タイトルを何のこっちゃい?と感じた方は、『枕草子』をどうぞ♪ん?面倒だからオマエが説明しろと?⇒七草の行事のこと。正月最初の子の日に、近くの野原に出て若菜を摘む習慣の事。 でー、今年は元旦に当たります。が、こういうのは旧暦で数える。今年の旧正…

禅展と南太平洋の生活展と平安の秘仏展と伊賀上野NINJAフェスタに行ってみた

場所は全部上野じゃ。 一つ何かを辿ると芋蔓式に引っ張ってきてしまうのが歴史。そんな中にも転換期というものがある。 日本人の審美眼や感性の根幹の一部を形成しているのが禅。正直これを抜きにして日本史は語れないし、理解も出来ない。 禅というのは中国…

11月といえば

とおかんやも過ぎ、11月とくればこの風物詩!ご存知酉の市♪今年は二の酉まで。何で酉なのか?そりゃあーた、ダジャレに決まってんだろうて。ついでに今年は両日共に吉日である。 とまぁ、のっけからキラズらしくないテンションで展開してみました。ん?展…

豆名月の筈なんですがね

朝から曇り。最高気温は18℃(←しかし元気に?半袖)。 で、今年は片見月。嫌な感じだ。 して、旧暦8月15日の名月は芋名月、旧暦9月13日の名月は栗名月もしくは豆名月と申しましたっけかな? 旧暦9月にお月見があるのは日本だけ。そして豆名月の語源…

歌仙兼定登場展に行ってきた

目白駅から歩くこと20分。左足首負傷中なので、まぁこんなもんか(←だったら自転車に乗るな!そして泳ぐな!!)。 思ったほどではないにせよ、混んでいた。そして小喧しかった。 ゲームや小説からこういった世界に入ってきたなと思しき人達山盛り。裾野が広…

上がり始めはは~ずぃーむ~ん

強く意識していたわけではないが、月の上がり始めはハーズィームーン、つまり朧月だったなぁと思ってふと外に出ると、丁度中天に懸かった月とご対面。 程好く晴れていて、雨上がりという効果も手伝って天文学的十三夜がとても綺麗だった。それに、実のところ…

味噌

月に1度くらいの頻度で行くスーパーがあるのだが、そこのスーパーはものによってどこの国の材料を使って製造されたものかが書かれている。 んで、先日味噌のコーナーを見ていたのだが、日本古来の調味料でありながら、全て国産の材料で作られた味噌が少ない…

ほほえみの御仏展と常設展と我が家の処方箋展と大妖怪展に行ってきた

サボタ~ジュ♪ ぬがぁーというほど暑くもなく、目指した先は上野。日韓国交正常化50周年記念という肩書きに唾棄したい気分満載ながら、文化通過点の一地域ではあるので、行ってみた。日本のそんなに遠くない東側に、更に陸地なり人が住めるような島などが…

夏越の大祓

元々宮中行事なので、東夷(あずまえびす)の自分には縁遠い世界の行事である。 従って本日のお茶は、静岡の深蒸し煎茶と鶴屋吉信さんの水無月。さくらんぼ(佐藤錦)は母が頂いたもの。素麺にサクランボという組み合わせに倣ってみた。 今日は5時間以上も…

俺たちの国芳 わたしの国貞展に行ってきた

アップするの忘れてた(笑)。 2時間でどうやって全点見ろと?というくらいの人、そして作品数。じっくりと見るのなら休みを取るべきだったかな・・・・。 近年温故知新というべきなのかなんなのか、日本文化の見直し的な展示が増えてきているように感じる。そ…

安田靫彦展に行ってきた

最終日。図録が売切れてしまっていたのは残念だ。 日本画が好きな人でこの人を知らないという人はまずいないといっても過言ではなかろう。で、名は知らずとも美術に興味は無くとも、日本の義務教育課程を踏んだ人なら、この方の絵は必ず一度は目にしたことは…

ザ・刀剣展に行ってきた

出足が遅かったので、今回は駅から歩いていきませんでした。時間があったら歩くんだけれどね。徒歩45分位だから。 今回初めて気が付いたのだが、街路樹桐だったんだね。花咲いてんの見て気が付いたよ(←葉と幹だけでも分かる気だろうに)。遠くから見ると…

小沢城址

何が原因なのか、アップしようとする度に反応拒否するので、いい加減嫌になっている。先月からこんな調子だよ。 よみうりランド駅を下りて真っ直ぐ行って左折すると威光寺の方へ。駅を下りてすぐ左折して球場方面に行くと左側に細い道がある。そこを入ると分…

阿伎留神社⇒広徳寺⇒迷子

さくさくと割って分割アップ。ちなみに筋肉痛は殆ど取れました。 詳細はここに譲る⇒神社、寺院。 街路のベニマンサクが満開でした。 そんな中先ず向かったのは阿伎留神社。『延喜式』にも掲載されている古い神社で、創建は不明だそうな。あきる野市の語源に…

散 策。

本日申請した上でのサボタ~ジュ。目指すは東京都あきる野市。道行は後日徐々にアップしてゆくとして、工程は以下。 武蔵五日市駅⇒阿伎留神社⇒(途中道を間違える)広徳寺⇒(何故か山間部を歩く羽目になりながらも)光巌寺⇒(思いっ切し道を踏み外して)城山…

桜流しに花の風、そして桜花飛英

Heavyrain,Sudden gust and Petalstormとまぁ、タイトル(本日の天気)を英語で書いてみたりする。天狗風とはちょっと違う気もするが、それはそれとしておいておく。ついでにスペルに自信はないぞ(笑)。 して、時間がないのにPCはエラーするわ、下書き保…

夜気に紛れて

今日は暖かく、各地では花の開花が進んだことだろう。そしてやってくるは春三番若しくは桜雨。 闇に紛れてというほど暗くもないが、その存在は視界に入らないのにふわりと桜の薫香がそこかかしこから漂ってくるのがよく分かった。それは風がなかったせいだろ…

お弁当時代の方が長いのだが・・・・

今週のお題「給食」。 給食は幼稚園時代と小学校時代だけですね。幼稚園児の時の給食も記憶にはあるのだが、小学校の給食の方が鮮烈な記憶が多い。 幼稚園時代の給食はセンターの配給で、小学校は校内の給食室から。 好きなメニューは肉じゃが、フレンチトー…

十五夜と望月は別物です

十五夜というと満月を思い浮かべる人が多いかと思う。しかしながら理論値と実測値とではズレがあり、十五夜と満月は別のものになってしまった。 十五夜⇒陰暦の月立(つきたち)、つまり朔(さく)こと新月から数えて十五日目の夜。 望月⇒満月。天文学的十五…

3本柱 VS カレーパン

ペルシャと中国の食文化が日本の技巧によって生まれたもの⇒あんぱん。 あんぱんに続いたのがクリームパンとジャムパン?かチョコレートパン?のどちらか。で、それを3本柱と称す。 それに対抗して作られたのがカレーパンだったそうだ。原形はピロシキですか…

鬼やらい

今は豆を撒いている家庭ってあるんだろうか?と思う。 節分になると兄上は「仕事とはいえ、見たくもないものを見なきゃならない・・・・・・。」と溜息をつく。 節分で神社や寺院などで高いところから豆やお菓子などを撒く行事をやっているところがありますわな。 …

吉祥文様ですが何か?

知らない人が殆どなんだろうなぁと思う。 今日ではなく昨日だが、1月27日は国旗制定日です。明治3年のこの日に「日の丸」が日本国の国旗として正式に制定された。 日の丸は元々吉祥文様として源平合戦時代には既に登場していた。 各国の国旗は見ていると…

備前刀剣王国 第二期展に行ってきた

前回同様自転車でGo♪ そしてやはり展示会場は前回同様でした。てか、前回よりうるさい。前回はこちら。 取り扱いは南北朝と室町時代なのだが、殆どが南北朝時代のもの。日本史上稀に見る動乱期だった南北朝。天下動乱の時って人なり物なりが動くので、文化…

饅頭

ネタというか食文化について馴染みのあるものがちょいと溜まったので、打ち出してみようかと・・・・・・。 題材はタイトル通り。えっらい説明がへたくそなので、読むと疲れます。 ここに日本オリジナルのあんぱんの話を持ってきても良かったのだがそれはそれで長…

冷やおろしの時期ですな

キラズを知っている人でタイトル見て冷やおろしとやらが何か分かった人は、大いにツッコミをくれ給へ。 ワイン(というか葡萄酒)を学んだことのある人は、原材料が違うというだけで共通点が多々あることに気が付くそうだ。 自分は酒飲まんし飲めんが、文化…

備前刀剣王国 第一期展に行ってきた

場所は刀剣博物館。風の中に秋の気配を感じられる中、自転車で行ってきました。峻険な坂が多いので速度を出し過ぎないように注意しながら。 第一期は23日まで。で、取り扱い時代は平安末期から鎌倉後期。第二期は今月の25日から11月1日まで。取り扱い…

夏越の祓え

6月は晦日に夏越(なごし)の祓えという行事がある。 水無月と言う厄払い菓子を食べる。その水無月というものは本日のお茶画像のお茶請けなのだが、この三角形は氷を模しているのだそうだ。何故かというと、氷室の氷を夏に食べると夏バテをしないという言い…

中世東国の茶展に行ってきた

情報を得て、興味が湧いたので往ってみた。 ちなみにこの展示、武家の都鎌倉における茶の文化というのが副題についている。いわゆる武州茶の文化史ってとこだろうか?もしくは茶道以前の茶の文化の紹介。 限定的な武州茶となると、かつては海外に輸出するほ…

鳥獣戯画展に行ってきた

心苦しくはあったのだが、前売りを持っていたのでサボタージュ決行。 並ぶ時間が長いとは聞いていたが、長時間並んでいるのは鳥獣戯画の甲巻のみ。ならばこれを先に片すか。ってことで並んでみた。全て見終えて出てくるのに5時間以上掛かったさ・・・・・・。 甲…

湊川の合戦

兵庫県湊川。ここもよく合戦場になっているような気がするが、この日は楠正成討死にの日。腹捌いた上に弟こと正季(まさすえ)と短刀で腹刺し違えて死ぬって一体・・・・・・。しかも腹捌いた状態で弟と最期の会話をしている。最期だからって、リアルに腹を割って…

図書館記念日

来る4月30日は図書館記念日です。 明治5年に東京は湯島に東京書籍館を設立したのがこの日。 じゃあ、図書館の歴史って浅いんだね。と思わないように。一般開放、つまり公共施設として設立したか否かを問わなければ、日本における「図書館」なるものの歴…

粢♪

シリーズ粢。ファイナル。 一(ひと)月に一つずつというペースで食べてきた粢納豆ですが、今回が最後。勿論賞味期限なんぞ完全無視。この納豆は早く食べると豆の味が強く、賞味期限もしくは期限超の頃に食べるとまた違った味わいが楽しめます。メーカーさん…

弥生の空に巳が飛ぶ

子供の頃に聞いた話だが、人の中には巳(へび)のような虫が三匹棲みついていて、それが毎年3月3日に空に上り、天帝のところへ行って自分達が住処としている人が1年間どんな悪いことをしたか告げ口をしに行く日なのだとか。 で、この日は身体を清め、穢れ…

言わなくても分かるっていってもこれはちょっとなぁ・・・・・・

7時に起きて2度寝したら14時回ってた(笑)。今週末もこんなだろうな。IVFめぇっ!!(←人工授精のことではない) それはさておき、本日建国記念日です。元々は紀元節と言われ、一度暦から姿を消した祝日です。 第一代天皇こと神武天皇即位の第一日(皇紀…

梅というと何故白梅?

薬樹として中国大陸から渡ってきた梅ですが、英名はJapanese apricot(スペルミスしてたらすまん)。 梅というと白梅を思い浮かべる人が多い。何でなんだろうなー?と疑問でいたが、これって菅公の影響が強いんかな。と思った。あ、菅公って、天神様こと菅原…

残る正月は2回

本日は二十日正月にして、新月にして、大寒です。二十日正月は地域によって呼び名が違うので、奴(やっこ)正月、骨正月、乞食正月などの方が通じがいい方がいるやも知れない。 じゃあ一体二十日正月とは何ぞや?⇒正月の祝い収め。クリスマスが12月1日~…

納めと終い

今月は以下があります。5日:納めの水天宮8日:納めの薬師18日:納めの観音21日:納めの大師(終い弘法)25日:終い天神28日:納め不動 納めと終いの違いって? 始めは人と人あらざる者の違いかとも思ったが、弘法大師(空海)は人なので、仏教と…

とおかんや

時間がないので後で書き足すが、一言だけ。 今日神迎なんだから、貧乏神や疫病神がいなくなったっていいじゃあないかーっ!!(しくしく) 十日夜と書いて「とおかんや」と読む。旧暦10月10日のこと(この日神様は出雲に集まる)。中部以北で盛んな為、西…