昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

最近読んでいる本

時間はないものの、何となく落ち着かないのでお茶を淹れる僅かな時間を使い、少しずつ読んでいる本がある。 それがコレ↓。 『世界と日本のアスパラガス ―国際化時代の日本のアスパラガス栽培―』 「オマエは一体どこからそんな書籍を購入してくるんだよ!?」と…

お目当てめっけ

お目当て↓。 近所の本屋に無かったので、紀ノ国屋本店に足を運んでみた。 今月28日からは神田で毎年恒例の書籍の市(正式名称は知らない)。しかしながら行くことあまり無いんだけれどね。逝くから。 もし行くとしても電車だろうな。あぁ、自転車で神田の…

散々苦労させられた上に美味しいどこ取りされた人

先日ブックフェアで購入した書籍を読み進めとります。読む速度も遅く理解力も低いので四苦八苦しております。 で、現在読んでいる本の主役に対しての感想というのがタイトル。 主役はこの方↓ 彼を語るに欠かせない楠一味や赤松一族についても詳しく書かれて…

東京国際ブックフェアに行ってきた

近くで世界旅行博やスリランカフェスなどもやっていましたが、軍資金の都合もあり、1本に絞った。 購入した冊数は13冊。多くないわな。ただ、流石に背負って帰宅は辛かった。 ジャンルは歴史が多いね。あとは科学、化学、農学、料理など。美術関連や洋書…

本屋を放浪

気に入ったら買っている雑誌というのがある。ミネラ、日経サイエンス、Newton、和樂、pen、歴史人、cafe sweets、kotobaなどなど。凄い食い散らかしようだが、ブログのジャンルも似たような散らかりようだから得心は行くかと・・・・・。 しっかしなんかねー、定…

恋と戦いとその行方と

↓買ってみた。 表紙のお人は萌黄縅に海洋で馬首めぐらせているってことは、平敦盛でしょうかね? 中身をパラ見したら、『平家物語』と『太平記』の絡みが結構見受けられたので手にしてみた次第。そんなに高くもなかったし。 『平家物語』も『太平記』も読破…

む、難しい

今週のお題は「人生に影響を与えた1冊」ですと。 1冊に絞りきれないというべきか、特に印象に残った本はないというべきか。 幾度かこのブログに登場している『エンジェル・フライト』(国際霊柩送還士の話)も自分の人生に影響を与えているが、ここは無理矢…

南北朝ネタ行ってみよ~

今週のお題は「読書の夏」だそうだ。 閉館30分前位しか時間が取れないのだが、ほぼ毎日図書館に行っている。最寄の駅の駅ビルに入っていて、図書館のみが入っているエリアにエレベーターで上がる。 自分が読んでいる本は事典類が多い。で、必要事項をメモ…

思わぬところで

現実世界で思わぬところで思わぬ人に会うことはないが、本を読んでいると思わぬところで思わぬ人に出くわす事がある。 例えば食絡みの本を読んでいた時に、チャールズ・E・スチュアートのちょっとした足跡を知るとか。お酒の文化なら彼が絡んでいても不思議は…

東京国際ブックフェアに行ってきました

あまり体調が芳しくなく、会場に到着したのは16時少し過ぎ。しかしながらこの時間から入場する人、かなりいます。場所によっては大幅に引くから。基本はどのブースも20%オフ。 で、 部屋を片さんとならんのだけれどね、蔵書もどうにかせにゃならんのだ…

脳内リラ~ックス

のんびりと脳内整理。 うにゅ~っと自室で伸びをして、ぱっと目を開いたら平家物語が目に付いた。で、思った。著者誰だっけ?と。 気になったので調べてみたら(勿論手持ちの書籍でだ)、信濃前司行長(しなののぜんじゆきなが)、葉室時長(はむろときなが…

エンジェルフライト

↓タイトルはこれな。これはハードカバーだが、文庫も出たらしい。 これは何ヶ月か前にある方にお貸しした本です。自分の指導者的立場にいる御方です。そういった方に本を貸すは珍しいのか、何故か周りに驚かれた。多いわけじゃあないが覚えている限り人生で…