昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

言葉

トウモロコシ粉は必須なのか⁉

折角腫れが引いた右頬だが、再発…(←歯科か口腔内科に行けよ)。前回よりひどくはないとはいえ、少々辛い。 それはさておき、寒くなってきて紅茶というか濃い目のミルクティーが美味しい季節となりました。元々濃い目のお茶は好きではないので、お茶が減らな…

新語作らんで下さい

ハロウィンと覚えられない母は言う。 テロウィン、ヘロウィン、ヘルウィン。 …いずれもロクなもんじゃねぇ。恐らく語尾の綴りはweenではなくwinだろうな。 本日のお茶。 お茶は台湾のジュース(って、お茶じゃあないじゃん)。 味?グラヴィオーラ。サワーソ…

乾パンは乾パンじゃあないのか⁉

本日はお茶はしていない。代わりにジュースは飲んでいたが。 して、日本にカタカナの「パン」が登場するのは大正末期らしい。語源はポルトガル語のパンから。 綴りは異なれど、スペイン語とフランス語もカタカナ表記にするとパンとなる。ラテン語ではパニス…

Sommer Gift

友人からお中元が届いた。中身は煎餅の詰め合わせだった。 ベレ氏に会った。お中元を頂いた↓。 …どうしろと!? 字が緑なのは、分かる人には分かるネタ♪ヒントはタイトル。お中元、英語だとサマーギフトだよねぇ。夏だけドイツ語にしてドイツ語訳にしてみると…

言霊(ことだま)を解き祝(ほ)ぐ

タワムレゴトと流して結構。 ここで細かい解説はしない(てか出来ない)が、現在の年号と次の元号が持つ言霊を一字ずつ見ていったら、「へいせい」はかなり強化されたモノだった。 「へ」と「い」は持っている意味とは別に、次にくる語の意味を強化するとい…

カンダハルさんは実は…

何だか思わせ振りなタイトルだが、答えは最後の方(画像の後)にある。 現在発掘調査を振興中(←その字かよ)にて候。一体いつになったら掃除もしくは整理整頓になるのやら。 んーで、一体どれくらい物詰めるんだ?この部屋は…という状況です。まだ半分も発…

あぁ、この方も逝かれたか…

誰かというと、ハワード・ヒベットさん。98歳だったそうです。 …何か、誰だよ⁉と突っ込まれそうだな、大いに。 戦後米国の日本文学研究の第一世代の方ですよ。他にはエドワード・サイデンステッカーさんとドナルド・キーンさんが有名かな。亡くなったのはアメ…

さて、何に使(つこ)うてみようか?

お題「最近知った言葉」 本日まー無事に過ごせました。相変わらず食事の態度が悪い兄上に蹴り喰らわせたくなったが。飯食っている時くらいスマホをヤメレ(内容はゲーム)。 んなこたぁグダグダ書いてもしゃーないんで、気まぐれにお題スロットなんぞしてみ…

龍爪花

龍爪花 他の名は知っていたが、最近知った。彼岸花の別名である。

服を褒めるのもダメなのか

本日うだうだ愚痴ってますので、読みたくない方は即回避でお願いします。 つい最近、わっさこと前髪を切断したキラズです。長さはざっくしと15cm以上。勿論自分で。 職場で「現場じゃ横に流して止めている所為もあるだろうけど、気が付かないものなんで…

once-in-a-lifetime chance.

訳す人によって言語って色々に変化する。 内容は概ね正しいのだが、どうやったらこれがこんなになる?という訳す人もいれば、意訳すらもせずに直球で訳す人、様々かと思う。ちなみにこれは二次元においての話だ。 今回タイトルに上げているものの邦語訳⇒「一…

スロットをしてみた

お題「最近知った言葉」 これは言葉というのかね? 「䰠(きにょうに申)」 読み方は「しん」。 意味は「神」。「鬼神」。「山の神」。「不思議な力を持つもの」。といった意味。 以下駄文。 また『太平記』及びその関連の詩で、言葉が溜まりつつある方々が…

雨が長い期間続くから長月なのか!?

タイトルツッコミ可ですよ。 して、こういった状況を霪雨(いんう)と云うのだろうかな?久しく輪郭を伴った日輪を見ておらぬ気がする。 気が付いたら台風17号発生しているし、日が暮れるのが早くなってきているし、秋と言えば秋なんだが、いまいち秋を感…

深読み禁止

介護絡みの会社で、「すずらん」という名前の会社がありました。以下会話形式でどうぞ。Qはキラズ、麿は妹です。 Q 麿さんや。本日すずらんという介護系の会社を見たのだよ。麿 訪問介護?Q ヘルパー派遣じゃあなかろうか?電車向けの看板だったから、よ…

伝わらなければそれは沈黙の言語

錬金術の本で『沈黙の書』というのがある。物凄く平たく言うと、奥義書のようなものというか究極マニュアルのようなもの。 言葉は受け取り手がいなければ沈黙するのと同じで、一般の人が理解出来るような領域のものではないのでそう呼ばれている。 本を開く…

四妍(しけん)

あまりメジャーな言葉ではないらしく、全て上げられた人はいない。妍は「うつくしい」とも読む。つまり、四つの妍しいものという意味だ。 特に春の花のことを指す。季節としては丁度今時かな?実際自宅付近がそういう状況だ。 四妍⇒梅、桜、椿、桃。 現在最…

言霊

本日は母方の祖母の誕生日です。兄弟の中でも身体が弱く、一番先に死ぬと言われていたようだが、現在兄弟の中で最も長生きしている。言霊に対して心身が反骨精神を発揮したのだろうか?・・・・・・そういえば、祖母はじょっぱりだったな。じょっぱわ~で上げ底を…

この命名はどうよ?

これを御覧下され↓ ・・・・・えぇっと、これは品種名だろうか?命名経緯は破滅的に美味しいという意味だろうか? ジャガイモは男爵、メークイン、シンシア、北あかり、とうや、さやか、レッドアンデス、インカの夜明け等々実に様々な種類がありますが(1500…

来年のことを言うと鬼が笑うというが

来年の日記帖をどうしようか?と考え中。 オンラインというわけではなく、自分は手書きで日記をつけている。1冊は毎日つけられるタイプ。今年購入したのは1年限定。日付入りで見開きで4日分。サイズはA6。 してもう1冊は日曜日限定日記。見開き8日分…

鬼哭啾々たる逢魔ヶ刻

萌芽の階を見せた瞋恚の情が上を、駆けよ焔、闇夜を照り霹靂かせよ。 って、煽ってどうする!? とまぁ、セルフツッコミをしておく。タイトルに対して1行目がボケだと気が付く人はあまりいないと思うので。勿論ちゃんと突っ込んでくれた方もおりましたよ。 読…

虱の皮を槍で剥ぐ

タイトル通りのことが出来るとしたら、どれだけ凄いことなんだろうか。と思う。尤もこれは例えで、意味は小さな事を処置するのに大げさな態度で行うこと。という意味。云わば仰々しいってこった。 それに近しいことを本日しました。こんなに大袈裟にやらんで…

白玉姫と桃花水とおしあな

木瓜の花が開花しました。 ここのところすっかり暖かくなり、花蕾もその結び目を少しずつ緩めつつあるようです。 で、タイトルは春の風物詩。なんてことはない単語ですが、聞き慣れていない人の方が多いかと思う(←ったって、ここの訪問者なんぞたかが知れて…

破壊力抜群

ぶんぶん(我が家の猫その1)と戯れていたら、いつの間に眠っちまったい。ってなことで、お茶はしていない。 して、先日自分はある御仁とお菓子作り談義をしていました。話していた内容はお茶に合うお菓子。 彼は簡単なスコーンの作り方を、自分はカントゥ…

じょっぱり?

じょっぱり+パワー=じょっぱわー というのはうちだけの言葉だが、意味は知らん。母曰く「強情っぱりの力という意味じゃない?」とのこと。 強情っぱりの力ってことは、頑固ってことか?となるとこだわり力?ということか??発言者こと母方の祖母すらもよ…

共に母国語は日本語だが

まずはお茶でも。 お茶は富士香駿(ラスト)。 お茶請けは愛知県豊橋市は夏目製菓さんのゆずかりんとう。 興味がなければそんなもんか。とも思えなくはないが、たまたまニュースが流れていたので(自分はTVを見ない)、兄貴に時事ネタを振ってみた。共に母…

それは数の数え方が違う気がするんだが・・・・

いきなりですが本日のお茶。 お茶は12年はダージリン1stフラッシュ、ジュンパナ茶園のもの。 お茶請けは母提供のクロワッサン鯛焼き。チョコレートとカスタード。 本日帰宅したら母が先に帰っておりました。以下会話形式でどうぞ。Q:キラズです。 母 今…

この世界の神って・・・・・・

タイトル仰々しいですが、特に大したことが書いてあるわけじゃあない。 例の如く意味調べノートをパラパラめくっていたら、「the god of this world」という言葉が目に入った。「G」ではなく「g」なのでこの神は所謂「主(しゅ)」ではないなと断定出来る。 …

海柘榴

ぱらぱらとノートを見ていたら海柘榴という単語が目に入った。「海柘榴=山茶」とあって、何のことだろう?と思って記憶を辿っていったら、何にも行き着かなかったので調べてみた。勿論手引きの辞書で、だ。電子辞書を使えば早いんだろうけれど、ページを捲…