読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

甘い対決 和菓子の東西展に行ってきた

美術館・博物館 食文化

 場所は虎屋さん本店2階の虎屋文庫。

 10番出口を出て左に行くと判っていながら、何故か足は右に向いていた。で、十月桜(冬桜?)に出会う。と同時に妙に納得した感があった。つまり、だ。次はここに来いっていうお呼び出しだ。言わばコーリングってやつ。花は挨拶代わりといったところだろうか?近いうちに御朱印帖と例の水晶を持って行くとするか・・・・・・。

 

 今回の展示内容はタイトル通り。

 同じ和菓子でも東西ではこんなに違う。従って実際比べてみよう!というもの。中には雑煮や葬式饅頭なども扱われていました。その他ちょっとした違いというのも比較されていましたね。

 例えばよく言われるエスカレーターの立ち位置、つゆの味、だしの味、鰻の調理法。変わったところでポリタンクの色。東は赤だけど、西は青。なかなか興味深かったですね。

 あ、東は江戸、西は京阪が基本となっている。

 

 覚悟はしていたが、展示室は物凄っく五月蠅かった。展示室自体がとても小さいから響くんだよっ!!

 

 本店は2階が文庫及び商談の部屋。1階が店舗。地下が喫茶室となっている。恐らく尤も違和感を醸し出していたであろう自分は、1階でお買い物をして帰りました。虎屋の店舗に軍服着用のロン毛がいたら、誰だって引くって(笑)。

 んなわけで、本日のお茶は↓。

f:id:runningwater:20141130201929j:plain

 お茶は蒼風(ラスト)。

 お茶請けは虎屋さんの嵯峨野(左)と武蔵野(右)。

 

 途中であんこ大好きっ仔に襲撃されしたましたが、奪回しました。

 犯人コイツね↓

f:id:runningwater:20141130202449j:plain