読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

みそたまり

食材

 旅行に行くと現地のスーパーに行くのが楽しみの一つです。気軽に国内一人旅♪行きたい場所は多々あれど、土曜日に習い事が入っているので滅多に旅行に行けないのが悩み。資金の問題もあるが、まずは日程が確保出来なきゃ話にならん。

 東京都在住なのだが(てか、生まれも育ちも東京都)、都内も色々と行きたいところあるんだよね。

 例えば分倍河原とか、軍畑とか鳩ノ巣とか元に戻るのにどれくらい掛かるか分からないが吉野梅郷も再び行きたい。島嶼も行きたいが、これはかーなり厳しい。母島なんって言ったら、国内旅行で最も難易度高なくないか?南鳥島も東京都だが、あそこは未だ以って軍事拠点だから、まず民間人は無理。

 

 いかん。タイトルと乖離しとる(汗)。

 旅行で調味料の故郷を旅するというの面白そうだなと思っている。タイトルのみそたまりは調味料のことだ。

 味噌を作ったことがある人なら分かると思うが、水分が浮いてきますな。で、その水分は普通練りこんでしまうが、それを集めた調味料がみそたまり。分からない人は、プレーンヨーグルトを思い浮かべてみて下さい。

 パッケージを開けた時に、固形分と水分とに分かれていた事ってありませんか?その水分、ご存知かと思いますが乳清です。勿論栄養分です。それの味噌バージョンがみそたまりです。

 で、ソレ↓がこれ。

f:id:runningwater:20141221213959j:plain

 肉を焼く時に隠し味として使うのに良いです。

 自分が使う方法は、これに砂糖とおろし生姜と清酒を加え、よく撹拌して調味液を作った後、鶏の肩肉か腿肉の角切りをそれに揉み込む。で冷蔵庫で一晩寝かせた後、フライパンで焼く。蓋をして皮の方から焼いて、裏返して焼いて、その後蓋なしで皮の方をもう一度焼く。

 闇料理人の自分だが、これは食べられるレベルとの評価を頂いた。調味液を少し甘めに作ったので、箸休めは菜の花炒め。彩りに人参と白ゴマ。

 肉を焼いた後に残った油で卵を焼いた。これらにレタスとポテトサラダとミニトマトがついて、お弁当となりました。

 

 みそたまりはここで買えます。

 

 本日のお茶。

f:id:runningwater:20141221215219j:plain

 お茶はミルクティー。ミルク多め。

 お茶請けは見たまんま。食べたのは1pだが。あとは林檎の盛り合わせ。サン陸奥と金星とシナノスウィートとシナノゴールド。塩水つけていないので見た目が悪い。