読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

どんなところにも春は来るのだと

風景

 一陽来復とでも申しましょうか。

f:id:runningwater:20150208201114j:plain

 木瓜の蕾。パステル調のオレンジとピンクの中間の色が咲く。如何にも春♪といった愛でたい色。

 

f:id:runningwater:20150208201250j:plain

 こちらは白梅。

 

f:id:runningwater:20150208201309j:plain

 オオヤマレンゲだったか?更に上に見えるのは柿の木。

 

f:id:runningwater:20150208201355j:plain

 多分千両。似たようなもので赤と橙色があったが、今はどこへ行ったやら・・・・・・。

 

f:id:runningwater:20150208201458j:plain

 エビネ

 

f:id:runningwater:20150208201523j:plain

 よく分からない。

 

f:id:runningwater:20150208201539j:plain

 手折ると魚のような生臭い臭いのするやつの、品種違い。

 

 本日のお茶。

f:id:runningwater:20150208201639j:plain

 お茶はミルクティー。

 お茶請けはおとうふのいしかわやさんのきらず揚げ。濃厚キャラメル味。