読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

題名は今んとこ無題。

 気が付いたら撃沈してました。

 

 今回えらく長くなってしまった。詰め込み過ぎだね。

 

 

 

 

焱(はやて)に散らされる仇名(あだな)草
今宵は誰(た)を幻惑に誘(いざな)う?
消ゆる漁(いさり)火 暮るる月
そして 我等はそこに朝(あした)を見ゆる――

 

従うは影(かご)無き者々
鬼雄毅魄(きゆうきはく)
古き戦場(いくさば)から、長夜の室から這い出(い)でて
導くは鬼(き)の巫女(はふりめ)

 

旭日に色盗られるまで
木精で目を潰すが如く
愚直なまでに突き進む
最早失うものなど、何も 何も……ないのだから


過去の栄華を誇っても仕方がない
一体何を恐れることがある?
恐怖が鎖となったのはとうの昔
向き合う創傷(きず)は何を語る?


流れ往きつく先はいずく?
血に刻まれたそれは やがて〝歴史〟へと名を変えてゆく
例えそれが真実であろうとなかろうとも
流転 転々 輾転反側 そうやって正義は謀(たばか)るのさ


勝利を支える悲劇に耐えうるのか
涙が乾く暇なんぞあるのだろうか
憚(はばか)りならず一生(いっき)を斬り捨てる
正義と正義の対立の為に


憶えておけ
正義も愛も自由も信仰も何もかも 免罪符ですらないことを
……無論 死、すらもだ
猜毀(さいき)不能 己(おの)が手をよく見るがいい


微睡(まどろみ)の心地好さに融(と)けてしまえばいいものを
猜忌(さいき)不要 存在そのものが妖厄神
新しいものもいずれは消えゆくもののはず
なら 消えないこの情は一体何なのか……


今まで蔑(さげす)んできた者に頼り
縋(すが)らなければならない心情はどうだ?
今更許しを乞われても
真情に注ぐ憐れみなど 最早持ち合わせてなどいないのだ


滄浪(そうろう)の水清(す)まば以って我が纓(えい)を濯(あら)うべし?
明朗な志しなくば 所詮現実(うつつ)の戯言(ざれごと)よ
さぁ もう香は燃え尽きた――罰を受ける時間は終いだ
残る罪の痕跡は如何にしてくれようか


焱(はやて)に散らされる仇名(あだな)草
今宵は誰(た)を幻惑に誘(いざな)う?
消ゆる漁(いさり)火 暮るる月
そして 我等はそこに朝(あした)を見ゆる――