読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

寒の戻りはこれで最後か?

食材

f:id:runningwater:20150325020608j:plain

 アッサムはドゥームニ茶園の(ゴールデンチップスたっぷり)ミルクティーと頂き物のアーモンドクッキー。

 本日の茶は日本ミツバチが採取した愛媛の夏の百花蜜。とても香りが強く、お茶に溶かし込んでもその香りは消えない。

 あまり色が濃くならなかったが、キャンブリックティーというアレンジ・ティーになってはいる。

 

 ホイップ・ハニーのような滑らかな舌触りで少しばかり甘酸っぱい蜂蜜。そのまま食べても美味しい。

 ここの養蜂農家さんは春、夏、秋と同じ場所で採取した3種類の蜂蜜を出しているのだが、同じ場所で採取されたのにも関わらず、味が全く異なる。いや、もう、これは体験して衝撃を受けて頂く他ない。当然といえば当然なのだが、五感を使って体験するのはやはり違う。

 あと、今回この蜂蜜を使うに当たり、初体験が一つあった。

 

 

非加熱であるのにもかかわらず、開封と同時にビンの中身が突沸した。

 

 ……なんだかのぅ。