読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

闇料理人始動

 先日ペコリーノ・ロマーノというセミハードのチーズを頂きました。ちゃんとしたイタリアンチーズをキラズ如きに下さるとは・・・・・・!!ってなわけで作ってみた。レシピ?んなもんはない。

 

 新じゃがを4つ切りにしてレンジで軽く火を通し、アスパラを食べ易い大きさに切って同様。

 たっぷりのオリーブオイルで豚のモモ薄切りを焼いて、ジャガイモとアスパラと食塩無添加の缶詰の豆を入れた後、ハーブソルトを少ないかな?と思える量を入れる。で、その後コンソメスープを入れる(量は300mlくらいだったか)。

 で、時折ひっくり返しながらスープがなくなる寸前前で煮込む。その間にオーブンを220℃に余熱しておく。

 スープがなくなりかけたら耐熱皿に移し、粗引き黒胡椒を振った後、パン粉をかけてチーズを散らす。

 220℃で10分焼いたのが↓。勿論仕上げには乾燥パセリをたっぷり♪

f:id:runningwater:20150530035944j:plain

 お弁当のおかずです。

 セロリとトマトは口直し。

 もう少しチーズを小さく切ればよかったってーのが一つ。焼く時間を7分にしておけばよかったというのが一つ。家族外の犠牲者は某氏。でも綺麗に食べてくれました。多謝。

 キラズケイ、所詮は闇料理人です。

 帰宅したのが22時で、晩御飯を食べながら作って、後片付けまで終えたら1時15分前でした。

 

 作りながらお茶もしていたぞ。

f:id:runningwater:20150530035707j:plain

 お茶は13年はダージリン1stフラッシュ、タルボ茶園のもの。

 お茶請けは神奈川県秦野市は芳甘菓豆芳さんのお茶どら。白餡の中に大粒落花生(形状は南京豆)の甘露煮が入っている、ちょっと変わった一品。

 生地は蒸したもので、かなりしっとり。