読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

式後の雨は天が泣いてくれたと思うことにするか・・・・・・

 告別式でお別れをして、オーブンで焼かれてお骨となって出てきて納骨して自宅に安置。までは無事終了した。問題はその後。両親の心労が今以上に増えないことを願う。

 

 実際に焼かれていく様を見ていないので、現実感はない。ただ、触った時は本当に冷たくて身体はあるのに、何で動かないんだろうなぁ・・・・・・ずっと思っていた。自分にとって自分以外の死は最早超常現象にしか過ぎない。

 一生涯の間、意識・無意識関係なく、直接・間接関係なく一体どれくらいの死とそれから生の間をくぐり、時には踏みにじり、生きていくんだろうか。と思う。その思考に感情が伴わないのが唯一の救いといったら救いか。

 

 『エンジェル・フライト』でもあったが、喉仏の骨って本当に仏の形をしているんだね。今日現物を見て疑問が解けた。そして焼かれてしまうと物凄く小さくなってしまうんだね。そりゃー、タッパーに入れられて搬送されてしまえるわけだ。

 余談だが、海外の一部地域(一神教の地域)だと骨も残らず高温で焼き尽くし、遺灰としてしまう地域もあるそうだ。

 

 本日のお茶。

f:id:runningwater:20150924182033j:plain

 お茶は15年はダージリン1stフラッシュ、アロバリ茶園のもの。

 お茶請けは母から頂いたスイーツバーガーとやら。