読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

無地は使いやすい

今週のお題「お気に入りの一着」とな。

 

 服装は基本地味めなものが多いですねー。灰色が好きという所為もあるのだろうけれど。

 して、現在お気に入りの一着は、冬だけに絞って書くと、つい最近お下がりで頂いたアタッチメントのパーカー(黒)。号数が1号で腕の部分が細めに作られているため前の保有者にはちょいと厳しかった模様(てか厳しかろうよ)。


 機動性や風通しなど着易さが高い。そして何よりもフードを着用した時の視界がちゃんと確保出来るのが良い。ただ難点はファスナーがうまくかみ合わせられない。特に寒くてが悴(かじか)んでいると厳しい。
 夏はまた別だが、ここでは省く。

 

 あ、あと長年愛用しているという点でもう一つ上げておくと、灰色の無地のマフラーですかね?
 それはDDR(東ドイツ)製なので、もう2度と手に入りません。それに合わせて着用するオーバーコートは確か西なので、東西ドイツ統一スタイルになる。東ドイツ製のオーバーコートも持っているが、それは雪かき用としている。母及び友曰く、降りしきる雪の中で見ると物凄くサマになっていて、ある意味嫌だ。と・・・・・・(哀)。


 してまぁ、本日のお茶。

f:id:runningwater:20160130034441j:plain

 お茶はポルトガルのお茶。
 お茶請けはショコラ・デュ・アッシュさんのショコラタルト。双方美味。