読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

桜流しに花の風、そして桜花飛英

日本文化 日本史

 

 Heavyrain,Sudden gust and Petalstormとまぁ、タイトル(本日の天気)を英語で書いてみたりする。天狗風とはちょっと違う気もするが、それはそれとしておいておく。ついでにスペルに自信はないぞ(笑)。

 

 して、時間がないのにPCはエラーするわ、下書き保存は飛んでいるわで書き直している次第。なのでお茶画像は後付け。

 

 そして今回よーやっと新田義貞視点の詩をアップ。長かったーというよりは、義貞さん好きな人御免さい。どーしてもへたれというか噛ませ犬のイメージが払拭しきれなくて、タイトルからしても微妙な感じになってしまった(滝汗)。
 『平家物語』の世界観なら程好いのだが、『太平記』の世界観だと、もう、なぁ。何だかなぁ。という位置づけ。しかしそーんな彼も、死後は目出度く(!?)怨霊組。

 

 『太平記』に出てくる怨霊達って、日本の怨霊信仰とは逆に感じるんだよね。普通身分が高い人程強い怨念に化するのに、作中で怨霊の権化ですか!?とツッコミたいくらいの存在になっているのが正成さん。……怨霊武将・楠正成。てか、将来誓い合った仲なら(←言い方に語弊があるだろ!)、正季さんがいないのはなんだか寂しいものがあるね。

 

 ついでにどうにかこうにか詩は111篇になった。