読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

罰ゲーム的収穫祭?

 本日枝払いでした。麿さんがガレージの上、んでもって自分が木の上。去年のように写真は撮っていない。時事ネタに冗談を織り交ぜつつ話しながら作業していた為、周辺は相当やかましかったことと思う。
 柿の木は殆ど実が残っていないのにも関わらず、あてが外れた鳥と戦闘モードに突入。


 次の年のことを考えながら徹底して伐採していったら、親父に「考えて切らないと来年実が生らない。」と言われたが、切るのは親父じゃあないだろう?それに自分だっていつまでも木の上で切れるとは限らないんだぞ?
 ついでに枝払いは小学生の時からやっている。高校生まではヒマラヤ杉の伐採までやっていた。柿の木もそうだが、3階くらいの高さで安全帯なしで両手離して作業。まだ出来るが、年考えてくれよ。

 

 時間がなくて伐採までいかなかったが、いい色になってきたのでグレープフルーツを収穫してみた。木はそう高くないものの足場が悪いので高梯子で下を親父に支えてもらいながら手が届く範囲で収穫。ただ、木の内側に身体をねじ込んでから手を伸ばさなければならない状況だったので、悲惨なことになったのは言うまでも無い。


 柑橘類の木って、大小差はあれども棘が生えているんだよね。内側に身体入れるのに当たって頭からねじ込んでも、肌をさらしていたら傷がつくわけで、顔を洗ったら案の定小さな赤い点が顔に広がっていた。その他ちゃんと防護していたのにも関わらず体中に小さいが幾つか傷が生じていた。先日えぐったところの傷は開くわ、秋口に負傷した箇所に過剰負担は掛かるわ散々だった。

 収穫したものは↓

f:id:runningwater:20161218043018j:plain

 一個試しに食べてみたら、に゛ゅっ!という野性味溢れる味だった。悪くは無いが、量は食べられないなーということで、加工しようか?という方向になりました・・・・って、自分がやるんかーい!?
 
 本日のお茶その1。

f:id:runningwater:20161218043048j:plain
 お茶は16年はダージリン1stフラッシュ、タルボ茶園のムーンライト。
 お茶請けはフランスパン。フランス産の小麦で作られたもの。少し温めてバターを付けて頂きました。サンドウィッチを作りたくなるような味でした。そのまま食べても美味♪
 
 お茶その2。

f:id:runningwater:20161218043111j:plain
 お茶は麿さんご所望の、16年はダージリン1stフラッシュ、ムーンダコティー茶園のもの。
 お茶請けは正栄デリシィさんの英国風フルーツケーキ。開けた瞬間眉間にうにゅっと皺が寄った。苦手なスパイスが入っていると分かったから。おすそ分けした麿さんは素直に美味しいと言っていた。