読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

南北朝の怨霊 ~自天王編~

 講座最終日です。行きは天気が良かったものの、帰りはしっかりと俄か雨に降られました。


 自天王、または尊秀(たかひで)王は、南北朝というよりは後南朝の人。南朝最後の指導者的な立場の方です。この方の弟宮・忠義王こと河野宮(こうののみや)は南朝最後の征夷大将軍と言われている。系譜もよく分からず生年もよく分からないが、一説には自天王の享年は18とも。没年は長禄1年(1457年)。赤松氏復興の為に吉野の北山で討死。確か楠正理も共に討死している。ただ、弟宮は急襲された後逃げることが出来たが、別の場所で討死したとも言われている。

 

 教科書なんかに全く出てこないので「?」と思うかと。
 教科書レベルで有名なのは1392年の明徳の和約。これで南北朝が統一。しかしながら北朝側は和約を守ることなどしなかった。1428年に歴史に残る正長の土一揆勃発。1443年にかの有名な嘉吉の乱(足利6代将軍の暗殺)。これに関わっていた赤松氏は家を取り潰された。
 実は嘉吉の変ではなく、嘉吉の乱禁闕の変/きんけつのへんとも)というのが1443年にありまして、南朝方が京都の内裏を襲撃し、三種の神器のうち勾玉と宝剣を強奪している。うち宝剣は奪回されたものの勾玉の保持には成功。


 赤松氏はそこに注目した。凋落したとは雖もブランドを保っていた南朝を徹底して叩き、勾玉を取り返せば罪は許され家の再建がなるだろう。と踏んだ。長徳の変において奪ったり奪い返されたりとしていた模様。南朝方は王二人とも殺害され、勾玉の保持は叶わなかったものの二人の首級を奪回することには成功した。
 
 しかし南朝方もこれが最後というわけではなく、なんとその後の1467年に復活。・・・・そう、あの史上最もぐだぐだにしてなんやよう分からん上に京都をほぼ壊滅に陥らせた11年間の戦いこと、悪名高き応仁の乱において有力守護大名山名宗全に引っ張り出された。ちなみに引っ張り出されたのは、後亀山天皇を始祖とする小倉宮の末裔、信雅王。対抗者は管領細川勝元が擁立した後土御門天皇
 明確な勝者もなく、うだうだ~と続いて崩れて何となく戦国時代へ。
 再び南朝が云々と出てくるのは幕末期。

 

 やはり時間がないのでこの辺で一旦切る。

 

 本日のお茶。

f:id:runningwater:20170309014432j:plain
 お茶というよりはココアですな。
 お茶請けは熊本県天草市はイソップ製菓さんの阿蘇キャラメルあん巻き。小麦は100%熊本産、牛乳は阿蘇産、食塩は天草産です。
 ほんのり柚子っぽいのは使っている蜂蜜の所為なんだろうか?

 

 お茶その2。

f:id:runningwater:20170309014521j:plain
 お茶は加賀棒焙じ茶
 お茶請けは栃木県足利氏は和楽さんの桜餅(関東バージョン)。