昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

通勤電車はサウナ室

 人口密集地帯の公共交通機関を使っている人ならタイトルが理解出来るかと。
 何でこんな思いをしてまで通勤をしなければならないんだ。と思う人がいる一方で、自分のようにさて、今日はどうやって入り込んでやろうか?と思う人もいたり、その胸中は様々かと思う。

 自分は生まれ育ちも東京都心部なので、そんなもんかと思ってはいるものの、近年都下や郊外の沿線にタワーマンションなどが立ち始めてから、シャーペンが折れるほどの圧力を毎日受けている。折れるほどっつーか、既に3本臨終してんだよね。

 

 線路は続くよどこまでもというよりは、戦路は続くよどこまでもという気分。
 本日はオトガイというかアギトから汗が滴(したた)ってくるくらい車内が暑かった。車両に搭載されている空気清浄機でそう不快感はないものの、改定期と思う傍ら、人としての本能が益々弱っていくなぁ。などと考えていたりする。

 

 明日は台風の置き土産でもっと暑くなるそうだ。
 して、まぁ、本日のお茶。

f:id:runningwater:20170809014740j:plain
 お茶は15年?はダージリン1stフラッシュ、タルボ茶園のムーンライト(薄味)。最後に少量残っているのを全量使っても目安量の半分にもならなかったが、これはこれで悪くなかった。
 お茶請けは福岡県久留米市はクロボ-製菓さんのホワイトブッセ。