昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

気が付いたら

 10時過ぎとったね・・・・。うん、大いに遅刻さ。ただでさえ逼迫しているのにコレかよ!!とセルフツッコミをしつつ出勤。

 本日宣言分の試験を終えたからまだ救いようはあるだろうかねぇ?

 

 気圧と温度変化とその他瑣末な体調の不調とが重なってダウンしたと思うが、週末休みもせずに遊びに行こうとしているのはこのバカです。そういった点では救いようは無いですね(←期限ぎりぎりに行動するからだろ)。

 

 気が付いたらといえば、先日イラクで未盗掘の集団墓が見つかったそうだな。

 場所はザクロス山脈の少し西側なので、イランとの国境近く。装飾品などの副葬品からみて高位の人達とのこと。

 

 詳しいことは控えていない上に覚えていないのだが、その墓が作られた当世からすると、場所は地方に当たるとのこと。

 つまり中央の支配や様式が隅にまで届いていたという証拠として扱える(⇒政治的基盤は強固と判断出来る)。

 

 古代文明は未だ分からないところが多く、面白いところが多いのだが、如何せんその場所がねー。  

 古代文明というとエジプトやローマ帝国などに偏りがちだが、ヒッタイトとかアッカドとかペルシアとか面白いのも多いのだが、どうもねぇ・・・・。

 

  パキスタンにも興味深い仏教遺跡あるけど、「理解のない」のが多くダム建設のためにろくに調査もされずに破壊されまくっている。

 中国資本で銅山開発しているアフガニスタンは開発過程で仏教遺跡が見つかったが、こちらは保存活動に励んでいる。

 

 日本もバブル期は凄かったらしい。バブル期の建設ラッシュでどれだけのものがぶっ潰されたかという話は聞く。

 それに懲りず、東の吉野ヶ里遺跡とも言われている遺跡(確か静岡県)や兵庫県だったかな?にあるイワクラを爆破・破壊して高速道路を作ろうとしている。若しくは既に済んだかも知らんな。

 

 自分等の飯の種にならなきゃどうでもいいのはどこの國も同じってことだね。

 

 して、気が付いたら2月半ばにして旧暦正月ですな。雨水と二の午も近い。

 北陸地方中国地方では春一番と言っていたから、そろそろこちらも強い東風(こち/あゆ)が吹き始める頃だろうかな。

 

 ・・・・・・はっ!!春の迷惑風物詩もくる!⇒黄砂と花粉。洗濯物が外に干せないじゃん。

 アレラ真面目に対策するつもりあるのかね?今どんどんIT革新進めてより便利に、より管理という名の監視を強化しているようだけれど。

 

 簡単、便利、スマート、時短、ペーパーレスとかいい言葉吐いているが、アナログなヤカラからすると、確かに利点はあるが随分と薄気味悪い世界になったなとも感じる。

 さて、人としてどこまで退化してゆくかな?っと。

 

 本日のお茶。

f:id:runningwater:20180217042027j:plain

 お茶は山壽(やます)杉本商店さんの黒胡麻焙煎香ばし焙じ茶。だったかな?の使いきりパケ。

 浅炒りの棒焙じ茶と同焙じ茶と深炒りの焙じ茶と焙煎した黒胡麻がブレンドされている。美味也。

 

 お茶請けは高知県高岡郡は渋谷食品さんの芋ちっぷ。個人的にはここのはけんぴの方が好みである。  

 あとは今年に入ってから一度も逢っていないオイラが愛(は)しき御方から送られてきた鳩サブレ。言わずと知れた鎌倉銘菓。

 

鳩サブレは、安心して自分の子供に食べさせたいと思える一品 (自分は単品だが)。