昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

いつもと変わらない休日

 起きてお茶飲んで部屋の掃除してご飯作ってお弁当作って・・・・と、出掛けない時の休日と変わらない日を過ごしていた。  本日は紙資料の整理をしていた。  ダンボールにどこどこどこっとまとめて入れてスペースを作った後に、要るものと要らないものと保留のものとに分けて整理。  他には頂き物の装身具が幾点か出てきた。  ・・・・つかね、どうしてこうカワイイモノ系が多いんだ!?何か皆さんキラズに対するイメージ間違ってね?色が白くて線が細いからか?  鉱物に例えられたことあるが、ムーンストーンやらブラドライト、イリュージョンサンストーン、ブルーオパールと何やらほにゃんとしているというか掴み所が無いものが多い。何故だ?好きな色が灰色だからか?  貴方の雰囲気にぴったりだからといって造花を頂いたこともあったが、それはパステルオレンジの薔薇だった(真珠ビーズ付き)。    麿さんがよく言われるが、自分も見た目と中身の違いが予想以上にでかいのか?  こういった場合、・・・・・・誤解させておいた方がいいのだろうかね。  本日のお茶。  お茶は18年ニルギリはカイルベッタ茶園のウィンターフロスト。  お茶請けは榮太樓總本舗さんの生どら。近所のスーパーに出張販売していたもの。試食して美味しかったので家族分購入。  試食販売は好みに合ったら買うことが多い。そういった予定がないとか持ち合わせがという時は近寄らない。  好みに合わなかったら仕方が無いが、買う気も無いのに試食だけしていく・(子供に)させていくようなのって、見ていて賎しく見える。推奨販売の人を置いて売り上げが変わらなかったら、その販売員にクレームが行くということを理解していないんだろうか?  また、推奨販売する商品はその販売員が事前に購入するケースが多い(後で返ってはくるが、試食用購入数だけ減っていって在庫そのものがはけないって、精神的にしんどいぞ)。    商品を商品とも思わないようなぞんざいな扱いをする客も増えてきたし、何考えてんだろうか?と思ってしまうことが多い。年食った証拠かね?  あ、あと、今朝は15年はダージリンオータムナル、シンジェル茶園の水出し紅茶(ラスト)を飲んでおりました。