読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

今日は自分が逝った

 気が付いたら眠っていた。しかも他人(ひと)のところで。元々の所有者は殺意が湧いたとか……。すまーん、故意も悪意もないんだ!!(←オマエはな)

 

 久々に早い時間にたっぷりと寝ただろうからさぞかし気分が良かろうかと思いきや、ぐでんぐでんなのは、きっと寝過ぎなのと気圧が低いからだろう。

 最近やらなきゃならないことがたまっていて、整理してチェック表を作ってみたら、まるで宿題に何も手をつけていない小学生の気分になった(乾いた笑い)。中高は宿題でなかったに等しいので、宿題に追われてた記憶がない。

 

 ついでに自分が覚えている中で人生初の徹夜は11歳の時でした♪どれだけやる気なかったんだかなぁ。星座観察などで夜更かしには慣れていたとはいえ、帰る前の集会の時に睡魔と物凄く闘っていた記憶だけは残っている。その後どうやって帰ったのかは、全く記憶にない。帰巣本能っていうヤツなんですかね?