昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

風物詩

水無月

予定期日までに仕事が上がらんかったー!初めから相当厳しいとは分かり切っていたことだが、厳守ではないので来週即仕上げに入るとする(基剤がないので今以上は進められない)。 ここのところ梅雨前線も北上して、梅雨だくになってきているのでそろそろ南の…

寸止め解消

関東がようやく梅雨入り。残るは北陸か? 東海まで一気に早期梅雨入りして、関東甲信越もすぐ入るか⁉と取り沙汰されていたが、暦の上の入梅を過ぎても梅雨入りせず。で、本日寸止めが解消されたわけだが、これ、長引くんだろうかなぁ…? 懸念はそこだ。 最近…

ひねた方が美味しい

今週のお題「そうめん」。 以前お弁当用そうめんなるものを見つけたが、そうまでして食べたいものなのか?? 麺類ゆえに湿気が天敵だが、冬⇒春に製造され梅雨を越して新物になる。次の年になると1年前のもの、つまり古物(ひねもの)となる。さらに1年経過…

いっちご~♪

…そーいや太刀で一期一振、脇差で一期一腰ってありますわな。前者は短刀の名手でバラエティー豊かな粟田口吉光の最高傑作。後者が新々刀の祖にして四ツ谷正宗こと源清磨の最高傑作(これを超えるものが作れなくて酒に溺れ、挙句絶望して自刃したという説があ…

のの字違いで大違い

チンゲン菜はアブラナ科なのか?それとも十字花植物なのか? 知識の下地がないと〝くえすちょん〟がいっぱいだ~( ̄▽ ̄)

いちごっ!

…そういや刀剣で一期一腰ってのがあったっけな?源清磨の作刀だったっけか? は、いいとして、↓ 苺大福食べ比べセット。 和菓子七里香さんの。味の違いは分からんと言いつつ、母好きだよな、こういったの。 これらは母と半分こしました。それぞれの苺の特徴…

久々にインクの瓶開けたよ

例年通りです。 タイトル通り、久し振りにインクの瓶開けたよ。でもって、物凄ぉ~く久し振りに雲形定規使ったよ。 やはり定期的に描いてないとひどいね。( ̄▽ ̄;)ハハハ 去年は個人的にも色々ありました。良いことも悪いことも。 敢えてここでは言及いたさぬが…

月の綺麗な晩だから 十日月編

ここのところ、先日兄に贈ったラピスのような色の夜空が広がっている。ついでに兄はそれを気に入ってくれた。善哉(読みはどちらでも可⇒ぜんざいなるかな or よきかな)。 今年最後の満月は30日だ。 そしてそろそろ毎年恒例リーディングでもアップしてみよ…

新嘗祭の「嘗」って、ナニ?

「嘗」という漢字を使うのは、後は臥薪嘗胆くらいだろうか? 同じ字を使ってもイメージが結びつかないので、意味を調べてみた。何だか久し振りに漢和辞典を引いた気がする。 して、下記の意味があるそうだ。 ①舐める。味わう。 ②試みる。試す。 ③かつて。 ④…

イタリアも忘れんなよ

ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日ですねぇ。 あんま知られていないようだが、10月30日午前0時1分にも新酒解禁があるんだよね⇒ヴィーノ(vino)・ノヴェッロ(novello)、新しいワインと訳す。つまり新酒。場所はイタリア。 日本でもごく一部ではイベント化し…

桜が満開の時もだが

窓を開けてどこからともなく千里香の香りが舞い込んでくると、あぁ10月だなぁと感じる。 ついでにお節やクリスマスケーキ、年賀ハガキや喪中ハガキなどの予約などを目にする機会がぐっと増える。 して、金木犀や銀木犀が満開の時、必ずと言っていいほど大…

日本的として捉えるか、中国的と捉えるか

七夕(しちせき)ですが、曇り時々雨。それにしても昨日はえっらい洗車雨だったな。報われなくて残念だったな。 日本的な七夕だと、農業暦と結びついているので雨の方が良いとされている。中国的だと、所謂雨降ったら会えないってやつ。 本来なら日本的に捉…

夜気に薫る

具体的に何だか分かっているので、香るの方が相応しいのだが、敢えて薫るとする。 湿度が高くなるにつれて、匂いの存在感は増す一方だ。 夜帰宅時に、夜気と雨の匂いに紛れて自己主張する花がいる。6月の花は数あれど、誰しもが知っていてそう珍しくもない花…

新緑が綺麗な時期だが

立夏だねぇ。GWも終わりだねぇ。7日に出勤だが、自分の首は繋がるだろうかな?アハ…( ̄▽ ̄;) 先程尚武湯に入ったのだが、一緒に入れる蓬が売っておらず、ヨモギ湯の素で妥協した。生えているとこあるんだが、それを黙って刈るのは公共の場であっても窃盗に当た…

今年は自分の好みじゃあないな

本日のお茶。 お茶は今年の静岡県産一番茶。 お茶請けは母提供。 毎年この時期は1回こっきりの新茶を購入する。 正直今年は自分の好みではない。 ただ、味が濃くしっかり(どっしり?)とした新茶の味を好むのなら、うってつけかと。 何か、ちょっと口惜しい…

巻き巻き

今頃の過去の記事を見ると、藤を見に行っている。今年も自粛がなければ行っている事だろう。 藤の名所といえば、埼玉県春日部市は藤の牛島、同県加須市は玉敷公園、栃木県足利市はあしかがフラワーパーク、埼玉県本庄市は長泉寺(骨波田/こっぱだの藤)、東…

八十八夜が近い

八十八夜よりも先に出るものを走り、それよりも早く出るものを大走りと云ふ。 全国気候が同じわけではないので誤差は生じるが、桜が咲く頃は農業準備、八十八夜は田植えの準備と、まぁよく出来ているなと思う。 「さ」は田畑の神、「くら」は磐座(いわくら…

闇料理人の腕が疼く

散歩がてらというわけではないが、毎日お買い物。チラシが入ってこない故というのもあるが、季節のものが魅惑的だからだ。 そんな中、結局買うには至らなかったが「うわ~。あれ作りてぇーっ!!」と胸中絶叫した素材があった。 その素材が何かというと、フキ…

穀雨だからか?

最近雨多いね。しかも雷付き。 寒の戻り最後の抵抗とも言える季節だから、仕方ないっちゃあ仕方ないな。最終仕上げとして雹が降らないことを祈るのみ。 では農業繋がりで、春の味覚~♪(←分かるネタを振れ) ホワイトアスパラ! 今年はまだ国産は見ていない…

春の味覚

春の味覚は冬の間に蓄積された悪いものを排出させたり、身体を覚醒させる働きを持つようで、苦みのあるものが多い。苦手な人もいるかと思う。味覚の問題もあるかと思うが、あまり必要性がない身体がそれを摂取すると、却って毒となり兼ねないとか? お子ちゃ…

色々と字はあるけどね

七草がゆ~♪と呑気に書いているが、おかゆ嫌いなんだよね。糜(び)か粥(しゅく)で選ぶなら糜(濃いおかゆ)を選びたい(粥は薄いおかゆのこと)。 「せんじゅく」というのもばらすと濃いおかゆと薄いおかゆのことなんだが、「せん」という字が我が脳内か…

本格的な冬到来!のハズなんだが…

真冬。それは小寒から立春までの期間の事。 明後日の予想最高気温:17℃ ツッコム気すらも失せる。 本日令和2年初の大安にして小寒にして、エピファニー(現公祭)ということで、本日のお茶。 王様のお菓子♪ 飲み物は霊水もとい冷水。 キラズにしちゃあえ…

秋と言えば葡萄

冷えますなぁ。 現在外は快晴の為、放射冷却で冷え込みそうだ。ようやく秋らしくなってきた。これで最高と最低の気温差がなくなってきたら本格的な冬到来だね。そしたら自分も少し衣を厚くするか(てんぷら?) 今はまだ薄手の長袖。少し歩くだけで体温が上…

こんな誰もいない世界で迷子になりたくなーいっ!

タイトルは麿さん(キラズが妹)の魂の叫び(大笑)。 世間では三連休のところ、その前日に休みを取りまして、麿さんに呪縛符をぺったこと貼られましてお墓参りに行ってきました。呪縛符を貼られた理由は、「いつどこでどう消えるか分からないからね-、Qち…

洗車雨?

0時を少し回っているので、正確には今は6日。 7月6日に振る雨は洗車雨と云ふ。ただ、現在はかなりの大雨なので千射雨では?と思っている。 逢瀬の前に牛車を綺麗に洗っているから洗車雨。 日本独特の七夕は、農業を深く結びついている伝承バージョンだと…

さてどうしたものか

今週末に梅雨入り。「ばいう」は「黴雨(ばいう)」とも書けるので、そろそろお弁当の味付けを少し濃くすべきだな。 6月といえば紫陽花を連想する人が多いが、6月に存在感を増す花といえば梔子(クチナシ)。 どこで花が咲いていると分からなくても、その…

まだ飲んでいない

バタバタというじたばたというか、何かと落ち着かないせいで、未だ今年の新茶(日本茶)が飲めていない。1回こっきりのパケを既に買ってきてあるのに…。 新茶と言えば、今年ダージリンの1stはあまり出来が良くなかったとの話だ。茶摘みの前半戦は天候に恵ま…

苺大量消費の時期ですなぁ

天然ものの苺はそろそろ時期だが、ハウスものはそろそろ終わりだろうか?最近夏イチゴや秋イチゴまで出回っているので、旬がいつだかよう分からん。 しかしまぁ、夏や秋に旬を迎える苺の誕生によって、フレッシュな国産苺を使った商品が食べられるのは嬉しい…

さて今年はどうしようか

去年の今頃、仕事終わってから千鳥ヶ淵に行っている。今年は行こうかどうしようか目下悩み中。確かに綺麗なんだよ。けど、人がなぁー。ついでに今年は月とのコラボは望めないよ。で、清明節が丁度朔日に当たる。 今年は何だか節句とぶつかる満月や朔日が多い…

アギアギするの好きだねぇ…

まぁ、例の如く強制連行されまして(オヤツ付き)、母方の祖母が居る施設に行ってきた。 珍しく足のむくみもなく、なんとなくご機嫌だったので、なんか嬉しかった。 あと、道行きで梅や桃、花桃などが咲いていてほにゃへ~っとしていました。梅花香好きなん…