昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

食材

生絞り

それを高いと見るか安いと見るかは人それぞれだが、裏方事情なども含めて考えたら安い方か。と思うものを発見。ちなみにベレ氏がいる時に氏がジュースを購入したので自分は観察させてもらった。 フレッシュオレンジジュースの自販機。1杯500円である。 …

玉子掛けご飯ってある意味日本食だよね?

玉子掛けご飯を食べながらそんなことを思っていた。 ↓が残っていたので玉子掛けご飯にしてみた次第だ。 以前これをかぱちょっと開けた時、寝ていたはずの桜がすっくと立ち上がり、自分に向かって大絶叫した後、足元にすっ飛んできた為、共につまみ食いをした…

旬の魚

野菜や魚は旬を意識することって多いが、肉ってあまり意識しないんだよね。絶対旬ってあると思うんだけれどなぁ。 今日はちょっと足を延ばして自転車で20分以上掛かるスーパーに行ってみた。そこのスーパー、生鮮系強いんだよね♪特に鮮魚。 美味しそうなア…

おや?穴がない

だいぶ前からこちらでも手に入り易くなっている食材で、栃尾の油揚げというのがある。 でかくて厚い油揚げで、一般的には穴が開いているのだとか? 先日某所に行った折、3種類も栃尾の油揚げを扱っているところで、うちの近辺では手に入らないタイプのものを…

生物兵器ともいえるよね

バイオセーフティーレベルは1なので、“通常であれば„無害である。色んな意味で粘り強い菌だよね。 というわけで、本日は群馬県前橋市は上州農産さんの逢わせ納豆をアップしてみた。 フェア商品で、通常こちらでは取り扱っておりません。 梅香り立つってこと…

ぐりぃ~んふぇすた

春と言えば菜の花。菜の花と菜花は広義か狭義の違いらしい。例えていうなら、コランダムでサファイアというのが菜の花で、ルビーが菜花といったところか? 机の向こう側に親父がいるのでとっ散らかっているが、本日購入した野菜。 キュウリ、ブロッコリー、…

さぁ、その真価を発揮してもらおうではないか

とまぁ、仰々しいタイトルだが、中身はなんてこたぁない。 今回は山形県と大分県のコラボじゃ! 山形県からは秘伝豆。ひたし豆とも言う。所謂白目の青大豆。 白目とは、大豆のへそのようなところに当たる箇所が白いもののこと。黒いものもあり、そちらは黒目…

花標津

タイトルの読みは「はなしべつ」です。 何かというと、じゃが芋のこと。 花数が多く、開花時期も長いので、鑑賞にも使えるじゃが芋なんだとか? 恐らく生まれは北海道の標津町かと。 標津町と言ったら、サーモン科学館があるとこ!行ってみたいところでもあ…

温かいので

外に出していた野菜や果物をお腹に収めたり、冷蔵庫へ移行したりしている。 で、多少芽吹いてきたじゃが芋があったので、料理に使ってみることにした。気にする人はソラニンを気にするんだろうけれど、このレベルですら料理してしまう(リアル闇鍋料理?)の…

甘蕉は好まないが、好奇心に負けた partⅢ

懲りねぇな…(-_-;) というわけで、第三弾。 北蕉種は、日本人が思う台湾バナナ。 バナナの品種が如何程あるか知らんが、個人的にはモラードといったような甘味が強くないのが好ましい。そもそも好んで口にはしないが、好奇心に負けることはある。 見た目こん…

食べるのなら塩だけで

舌が焼けるので一般的なポテトチップスは食べないのですが、興味があったので買ってみました。 それが本日のお茶請け。 ではその1。 お茶は中国緑茶の廬山雲霧。 そしてその2。 食べ比べてみました。 見た目はこんな。 左がきたかむい。 きたかむいはよう…

お久し振りと初めまして

ちょいと見辛いが、久し振りに見た。 太い根のほうれん草。 写真だと色飛んでいるけど、実物はもっと根の色が赤い。 品種違いなのか何なのか実態は知らないが、根が太いやつとか赤いほうれん草って最近見ない。茎が赤いサラダほうれん草なら最近見ること増え…

さて、山形県の実力派っと

今回白羽の矢が当たったのは山形県。 これ、名称は油菓子なんだよね。 色からしてほうれん草か縮み小松菜(縮みほうれん草の小松菜バージョン。甘くて食べ易い)を茹でたものに絡めるのもいいか?と思ったのだが、野菜室を漁ったらレタスとトマトが目に入っ…

シチューのようなものを作ってみた

シチューのルゥだと思って買ったものが、実はシチューのルゥではなかったというオチが待っとった。 だが、最後に牛乳を入れてとろみをつける、クリーム系の煮込み料理(チーズ味)なら、シチュー代わりにしてもいいんじゃね?ということで、闇料理人始動♪(←…

闇料理人が往く 準備編

蕪を手に入れたヘ(゚∀゚ヘ)ウヒ♪ 右は日野菜。滋賀県の伝統野菜だそうで、室町時代から食べられているそうです。漬物にして食べるのだが、上の部分から色が流出し、全体的に桜色になる為さくら漬けと言われるようです。 左は黄金カブ。スウェーデンカブ(ルタバガ…

闇料理なんか発動しちゃったり

…ま、いつもの通りです。 下に全貌をアップするが、画像はあまり良くない。…これもやっぱりいつものこと(←マテ)。 で、何をしでかしたかというと、シチューに火焔菜なんて入れてみたりしてみた。 …どうしてこうなった( ̄▽ ̄;)⁉ というツッコミはなしの方向…

ほぅ。これが原木とやらの能力(ちから)か…併せて本日厄日

いい加減シリーズが増えてきたので、カテゴリー新設しました。『闇鍋料理人が往く』という、身も蓋もないもの( ̄▽ ̄) 往くには通り過ぎるの意味もあるので、岡山のパターンはこれに該当。 使い方が分からない食材(使い方が分かっていてもだが)は、「基本加…

所謂蜜柑というヤツですな

ジャムや蜂蜜のストックをガサゴソしていたら、シロップ漬けが出てきちゃいましたねぇー…(´-∀-`;) 中身はタイトル通り。フランスの小さな村落で作られたものらしく、現地名だとクレモンティーヌ(←まんまじゃねーか)。英語だとクレメンタインでいいのだろ…

ガゴメもネコブもネコアシもアツバも以下略みんな好き

今年最後の朔日も終え、次の新年の朔日は1月3日となりますな。ついでに満月は今月は19日。来月は18日。…あぁ、そういえば明日は大雪ですのぅ。 南関東にはとんと雪が降らない。降ったら降ったで大騒ぎになる。流石にこの歳になったら雪上ダッシュは控…

大きな鍋が必要だな

年末ということもあり、ちーまちーまちーまちま整理を進めているキラズです。親父いても何もやってくれないしね。自分は相変わらず就職難民やっているし、年内に決まりそうもないから、今年はちゃんと窓ガラスの掃除もやろうと思う。 それはさておき、整理を…

よりおいしく食べる為か食べやすくする為か

ソース、ドレッシング、たれ。どれも似たようなものだが、タイトルのようなことを考えたことがある。 サラダにゃ塩をだけでも十分じゃね?と思う方だが、自宅には様々なドレッシングがストックしてある。それに売り場に行くと眩暈がするほど種類が沢山ある。…

読みはしげつ?

紫月と書いて「しげつ」と読むのだろうか?それとも「むらさきづき」なんだろうか?まさか「ゆかりづき」か?? しかし何故にそんな名前なんだろうか? だってさ、物は↓だぞ? じゃがいも。 剥いたら↓ しっかりとした肉質で崩れないので、シンプルにポテトス…

味はまとまるのか⁉

調味料を整理していたら、↓かようなものが見つかった。果たして味はまとまるのか⁉ 色んな意味で頭を抱えた。 使ってみようかと思ってはいるのだが、一体何に合うのだろうか?やはり和食か?いっその事だし汁だけ作ってみて飲んでみるというのも手かな…。 何…

再びお野菜ザックザク~

机の上がごっちゃくちゃなのは親父が作業中だから。 んーで、母にお使いを頼まれて、大根2,3本と蒟蒻を買いに行ったわけだ。 …どうしてこうなった(;・∀・)? 大根3本、蒟蒻3種類、縮みほうれん草1把、小松菜2把、ほうれん草2把、レタス、青パパイヤ。…

暗躍してみた

昨日の粉砕されたクッキーの残骸はというと、本日のお茶請けになった。 こちらは昨日の余りと、スリランカはラトナプラ、ギャラクシー茶園のミルクティー。 破細したものは加工した↓ お茶はダージリンはムーンライトのオータムナル。茶園はどこだったかなぁ……

さて、その駿河の味とやらを顕現してもらおうか

ってなわけで、新潟、東京、岡山と続くは静岡♪甲殻類ダメなのに、オキアミなんか入っていて問題起きないかねぇ?と思ったが、取り敢えずは問題ない。体表面が何とな~く、もしゃっとするけどな。 んで、今回白羽の矢が立ったのは↓ こいつだ! 画像はないが、…

さぁ、どう料理してくれようか…

闇鍋料理人から一歩離脱した程度の闇料理人なので、調理なんて言葉は使えない~♪調理と料理は似て非なるものだ。だって調理師とは言うが料理師とは言わぬだろ? それはそうと、家族にはタイトルのような科白回しはするなと言われている。普段でも何を作るの…

お野菜ザクザク~

玉ねぎはたっぷりとあったのだが、他の野菜も見繕わなくては…。ってなわけで野菜は買いに行ってきた。 成果は画像の通り。 人参×2、長葱×3、胡瓜×3、茄子×5、枝付き枝豆、ブロッコリー、ほうれん草、青梗菜。たまたまタイムセールに当たった為、1千円で…

立冬といったら聖護院かぶら!

※内容がどんどん乖離していくことを先に断っておく。 京都の冬の風物詩、千枚漬け。この漬けの作業が本格化するのが立冬。 盆地で作られる漬物は旨い♪…いや、盆地でなくとも美味しい漬物はあるが。最近は和歌山県御坊市は樽の味さんのいなか漬け(乳酸菌醗酵…

大きな蕪

大きな蕪と言っても聖護院かぶのことではない。好きだけど(漬物サイコー♪)。 先日も白菜と大根をリュックから覗かせて帰宅したが、今回は蕪を覗かせて帰宅。ついでに電車。 おとぎ話に出てくる『大きなかぶ』って、滅茶苦茶巨大なかぶだったと思うが、一体…