昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

パキスタン、思ったよりもいい粉使ってんな

 …パキスタンって、聖なる国っつー意味だったかね?ウルドゥー語ではなくヒンドゥスターニ?語でだが。

 

 んで、パキスタンがどうしたのかというと、コレ↓

 ベレ氏から頂いた、パキスタンのいちごジャムの乗ったクッキー。

 公用語ウルドゥー語ではなく、英語で書かれているのは、英語も通じるお国だからなんだろうか?それとも輸出向けパッケージ?だからなんだろうか?

 

 パックの仕方は欧州と同じで1つの包装が入っている。つまり個包装ではない。乾燥しているからかな?

 使っている油脂はバターではなくマーガリン。使っている小麦粉はグルテンが少なめでさらりとしている。味もなかなか。そしてその感想がタイトル。

 ドライフルーツやハーブなどは良質なものがあるとは知っていたし、実際口にしたこともあるが、あまり期待していなかった。すまんなベレよ。あと、おかわり♪(←マテよ)

 

 こういったお菓子の他に代表的なお菓子といったら、ハルワーとかバルフィだが、インドにも同じものがあった記憶がある。

 国の名と歴史からして、現在の国境線が引かれる前はまるごとインダス文明の影響下にあった地域だからなんだろうけれど、味はどうなんだろう?同じ食べ物でも地域によって全然味付けが違ったりするからね…。

 それはターメイヤ(そら豆のコロッケ)でこりた。何かのフェスタで食べた時、レバノンのは美味しかったけど、エジプトのは辛くて食べられんかった(TヘT)

 で、真相はどうなのだろうか?エスニック料理はどちらかというと苦手で、前述の例もあるから食べ比べる気にはならない。物理的に空き容量あるのに食べ残すのって、恥ずかしいじゃん(←劇的にマズイものに当たったことないヒト)。

 

 では本日のお茶。

 お茶はダージリンオータムナル、キャッスルトン茶園のアイスティー

 容赦ないお茶請け…そんなんだから悪玉コレステロールの数値が悪いんだろうがっ!

 

 カヌレは東京都世田谷区はウルトラキッチンさんの。シナモンか何か使っているんですかね?痛かった。

 若鮎は東京都練馬区は仙太郎さんの。中は求肥のみ。内容量に「一疋」と書かれている。匹ではなくこちらの字を使っているのを見るのは久し振りである。

 あとはパキスタンのクッキー。

 

 クッキーが一番相性が良かった。お茶を飲むと生地がほどけて苺の味がふわっと広がる。カヌレは痛くなければいいと思う。若鮎も悪くはないが、緑茶の方が好相性だと思う。

酒は飲めないけど

 ウィスキー戦争が終結したというニュースを目にして、酒は飲めないが興味が湧いた。

 

 ニュースから一部抜粋↓

 

 カナダとデンマークの両政府はこのほど、半世紀近く互いに領有権を主張してきた北極圏の無人島「ハンス島」を、島の岩場に自然発生している裂け目に沿って4対6の割合で分割領有することに合意した。

 

 ハンス島はカナダのエルズミア島とデンマーク自治グリーンランドから18キロ離れた海峡に浮かぶ約1・2平方キロメートルの小島。

 1973年の国境線画定時に双方が領有権を主張し、未解決のままとなっていた。80年代以降、双方の軍人や政治家が国旗と自国産の酒を交互に島に置いて領有権を誇示する習慣ができ、「ウィスキー戦争」などと呼ばれてきた。

 

 こういった流れだったから、かような解決に帰趨を得たのだな。と思う。

 日本の場合は相当難しい状況に、外務省が追い込んでくれていっているから、解決は難しいどころか出来ないだろうな。だってさー、国益に叶うことや早急解決をすると左遷されるような組織だから。

 池の水抜いてみましたじゃないけどさ、国会共々水を抜いて浚渫して干して、水そのものを入れ替えた方がいいんじゃないかな?蠧賊のトモガラあふれる巣窟はいらんっしょ?

 学歴や肩書きのある、“頭の良い集団”なのだから、そんなくらい朝飯前だよね~?

 

 して、タイトルの回収。

 酒は飲めないが、双方が置いて行ったウィスキーに興味がある。特にデンマーク。疎いから知らんだけかもしれないが、ぱっと銘柄が思い浮かばない。カナダは確かウィスキーの5大産地の1ヶ所だから、一応ブラックラベルとかクラウンローヤルくらいなら名前は言える。

 日本がウィスキーで台頭してきたように、デンマークもまだ若い市場なんだろうかねぇ? 

 

 して、かなり強引だが、酒ではなく、本日のお茶。

 母が牛乳を飲んでいたので、触発されて自分も牛乳を選んでみた。

 お茶請けは母が頂いてきたシュークリーム。

 少し塩味のある生地で、ちゃんと玉子の味がするカスタードが美味。バニラビーンズもケチっていないが、そこまで香り強くなくても…と個人的には思った。ただ、その濃香さは牛乳と相性好かった。

 

 Oさん御馳走様でした<(_ _)>

あまり記憶に残っていないのだが…

 お題は「好きだった給食メニュー」。

 

 給食は幼稚園時代(お弁当と給食の併用)と小学校だけ。

 従って、小学校の給食で好きなメニュー。

 

 鶏肉とセロリとチーズのホイル焼き

 ヒジキの目玉とじ

 フレンチトースト(低学年向け)

 スープパスタ

 

 鶏肉とセロリとチーズのホイル焼きは、スティック状のチーズとセロリが鶏のモモ肉(薄切りにされていて?)に抱っこされている状態のもので、柔らかめのアルミホイルの包まれていたもの。

 ヒジキの目玉とじは、固めのアルミカップに野菜や竹輪、ひじきなどが入っており、その上に玉子が落とされていて、そのまま蒸し焼き?にされていたもの。

 残る二つは特に説明は要らないかと…。

 フレンチトーストの低学年向けは、厚さが薄いので、卵液が中までしみていて美味しいのですよ。中学年、高学年となるにつれて厚くなっていく哀しさ( ;∀;)

 

 夏にはアイスや冷たい冷麦が出ることもあり、3月の給食は対6年生向けか、メニューが豪勢だった記憶がありますね。例えばプリンアラモードとか、ミニケーキとか…。

 あと、メニューがごはんの時は胚芽米が多かった。で、必ずヨーグルトだった。

 牛乳とヨーグルトの他に出たのは、コーヒー牛乳(ビン)やオレンジジュース(パック)。

 関東では一般的に使われていると言われている、ソフト麵はつい近年まで存在を知りもしなかった。それから、一部地域で使われている?ミルメーク?も以下略。

 

 給食の話になると、自分が行っていた小学校のメニューは、同じ区立でも豪華な方だったらしい。やはり給食室があると違うんですかね?それとも給食費を未払いするようなトモガラが存在しなかったせいか?

 

 ついでに嫌いなメニューも同じ数上げておくと、以下になる。

 

 カレーライス

 メンチカツ

 揚げパン

 スパゲティ

 

 基本的に子供が好きなメニューばかりだな…。

 子供の頃はこれに加えてハンバーグやステーキも好きじゃあなかった。つか、肉も魚も好きじゃあなかったし、肉は今もそう好きではない。食べますけどね。

 

 最後に印象的だったメニューを2つ。

 

 ワインゼリー

 きぬかつぎ

 

 子供にワインの味なんて…。と思った。

 きぬかつぎはそれぞれの家庭環境が分かって面白かった。

 

 と、お題は以上ですかね。

 こういった地域性のあるお題って、他の方のも読んでいると面白いのが好い♪

 して、本日お茶はしていない。

Oisix特別お題キャンペーン「好きだった給食メニュー」

Oisix(オイシックス)×はてなブログ 特別お題キャンペーン
by Oisix(オイシックス)

今日のは読むのをオススメしない

 腹はイチゴミルクゼリー、背はイチゴゼリー、足はカスタードかレモンゼリー。と書くと、何だか美味しそうなイメージがあるのだが、実際はとんでもないものだ。

 

 自然が豊かとも言えるのだが、職場に虫が入ってくることが多いらしい。つか、場所柄それはどうよ?とも思うのだが、内外が二重扉などで仕切られているわけではないので仕方のないことかもしれない。

 

 で、既述のモノは何なのか?

 掃除の時に職場で発見された、15cm近いムカデの見た目(-_-;)

 ユニパックに入れられてほぼ見世物状態でした。

 見た目は1行目の通り。色が綺麗は綺麗だったのだが、なにぶんムカデだからねぇ…。てか、よく噛まれもせずに捕まえましたな。ちなみに捕獲された後はどうなったか知りません。

 「これ、どうするんですか?殺害するんですか?」と聞いたオオタワケモノは自分デス。…せめて駆除と言うべきだったね。どちらを選んでも結果は変わらないが、心理的負担が違うだろうから。

 

 これから先夏になるから、こんなこと増えるんだろうかなぁ?だとしたら嫌だなぁ。

 

 今日もお茶は出来ず;つД`)

 

今年ホワイトアスパラを食べていないや…

 ドイツだと夏至までしか食べることが出来ないホワイトアスパラ。今年自分は食べていない…!仕方ないかね。こういったご時世だし…。ついでに塩とレモンで茹でるのが好きだ。

 こんな本を読んでいるが、無類のアスパラ好きというわけではない。

 

 ところで、アスパラガスって英語なんだろうかね?和名だとオランダキジカクシなんですが。名前からして江戸時代に入ってきたものか??

 

 食材は旬のものを食べるといいというが、最近ホント旬のものというのが分からない。そもそも輸入物は旬のものと言えるのか?

 基準を所在地にすると、旬にして旬に非(あら)ずとも言えるが、日本で作っておらず他国では旬のものの場合はどう考えればいい?

 

 海産物と農産物は旬を意識するが、畜産物は意識することは殆どないな。それだけ生産管理されているってことなんだろうけれど、齢ではなく季節的な考えでの食べ頃っていつなんだろうな。

 ついでに、ふと物を食べることに当たって痛みと流血は必ず強いるものだが、合成物が増えていくことが確定した未来は、食材に感謝することが稀有なこととなったりするんだろうかねぇ?などと思ったりしている。

 思うところは多いが、キリがないのでここでやめておく。

 

 それにしてもお茶が出来ないのはしんどいのぅ…。

空梅雨開始ですかね?

 本日は病院に行かにゃならんということで早退した。したのはいい。

 駅まで日陰なし3.3kmの道のりを38分で歩破。途中でもけもけのもっふもふなトラップに引っかかりはしたものの、まぁ程好い?タイムと言えましょう。

 風があったとはいえど、夏日でこの行程はちょっときつかった。

 それにしても、梅雨入っているのだよね?こんなに天気がいいということは、空梅雨発動ですか??

 

 以下余談。

 

 健診の結果が返ってきたのだが、運動不足というコメントが返ってきた。ついでにD2判定(要精密検査)を2つ食らう。…あ、前述の病院は睡眠障害改善の為で、健診結果を送ってきたところとは関係ない。

 

 んーで、週1で水泳、たまに登山、基本早歩き。なのだが、健康診断で出された結果は運動不足。っと。この運動量で全く足りないのなら、一体後どれ程運動量増やせばいいんだ?して、そう下されたのは肺活量が1800mlしかない+脈拍51回という数字のせいか?

 それからD2が2つ来たことに驚きはない。引っかかったのは案の定、聴力と肺。

 聴力は先天的に駄目なので仕方ない。肺が引っ掛かったのは人生2度目。で、前回同様以前罹った肺炎の後遺症が引っ掛かったのだろうか?などと思っている。

 

 今日は夏日で暑かったのと少しばかり時間が出来たので、6月限定イベントでもやるか~という思考経路の下、神社で茅の輪潜りをやってまいりました。今月末、夏越の祓だしね。

 とくれば、本日のお茶請けは想像ついたかと思います。

 

 本日のお茶。

 特選深蒸し煎茶(冷茶)と、東京都練馬区は仙太郎さんの水無月°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 やっぱり季節限定は抑えておくべきだよなーという、何だかよう分らん勢いで家族分購入。とかいいつつ、今年もまた嘉承菓子は逃した…。

 

 お茶とお茶請けの相性は、勿論好かったよ♪

白い薔薇って人気ない?

 母の日には赤いカーネーションを、父の日には白い薔薇を…なのだが、白い薔薇は売っていなかったな。一般的な認識度が低いのだろうか?

 なんだか、母の日に白いカーネーションを入手したくとも出来なかった心情と似たような感覚を味わった。ちなみに我が実母は存命である。

 

 白い花って花屋であまり見ないような気もするが、人気ないんだろうかねぇ?

 

 して、本日父方のじぃ様の命日が近いので、母に鎖を括りつけられて買い物に強制連行されました。じぃ様の好物だった西瓜が欠かせないので荷物持ちが必要とのこと。

 最近の西瓜のサイズは小さくなっているとはいえども、その他購入するおごりもの(御供物)が多い為、結局は人手が必要となる。…兄貴いるんだけど⁉

 

 そして、うちは夏至を過ぎると西瓜が解禁になるという、暗黙の了解が存在する。物心つく前から(らしい)、じぃ様(最年長者)より先に季節のものを食べてはならないという、子供心に納得のいかない言いつけがあった。

 当時じぃ様は既に亡く、ばばあが最年長だった為、ロクなところが回ってこなかった記憶がある。ちなみに母方はそれとは逆だった。だから納得いっていなかった。折り合いをつける前は、人(子供)ってのは利己主義が基本だから。

 

 本日暑くてのへぇっとしていた為、塩味付きの煎りナッツと水を取っていたので、お茶はしていない。

 …そろそろ水出しの出番ですかね?

蒸し暑い

 本日ごちゃくちゃと独りごちりしています。

 

 3ヶ月予報を見た母が、今年の梅雨明けは早く、暑い日が続くとのことを自分に言ってきた。

 冷夏でも困るが酷暑レベルとなると所持しているチョコレートが心配だ(←そっちかよ⁉)

 冷蔵庫に入れればいいだろう?とお思いの方いらっしゃるかと思いますが、砂糖の花が咲く(シュガーブルームが起きる)恐れがある。

 

 温度が高いとチョコレートが溶ける。再度固まると油脂分がチョコレートから分離してしまう現象がある。これをファットブルームという。

 湿度が高いと糖分がしみ出してチョコレートの表面に浮いて固まってしまう現象がある。これをシュガーブルームという。

 

 簡素に言うと、どちらも急激な変化によって引き起こされる、好ましくない現象。折角混ざっていたものが分離して風味や食感が悪くなる。

 食べられなくはないが、オススメしない。そうなってしまった場合、当方は寒くなるまで冷蔵庫保存をして、寒くなったらショコラ・ショーとして飲んでしまう。

 あと、自宅ではブルーミング現象の他、食品にカビが発生した場合も「花が咲く」と表現している。

 

 話を暑い夏に戻して、冷房代が大変なことになりそうだなというのもあるのだが、去年と違い、今年は桜が亡くなってしまったので、日中ずっと冷房をつけておく必要はなくなりました。

 それから暑くなるということは、水難事故が増えそうです。そうでなくとも今年は春先から子供の水難事故が多いので、そういったニュースを目にする度にいたたまれなくなる。

 

 自分がまだ生徒だった時代、既にプールの時間では着衣泳や水に入らない水難救助とか必ず行っていましたが、今はどうなんでしょうかね?

 ただ、プールの水は死に水(動かない水)に対し、自然の水環境は生き水(動く水)なので、実際その授業が役に立つのかというと、疑問でもある。着衣泳も下に水着を着用するわけだしね。だが、授業時間も限られているし、知識としては入れておいた方がいいに越したことはないか。

 当事者になった時に冷静に対処できるかは別問題だが、溺者も救助者も無事に助かれば、過程がどうあれOKかな?但し、自分(←元ライフセーバー。資格は失効している)がソレだったらダメだけどな。

 

 本日のお茶。

 お茶はりんごだけでつくったりんご茶。

 お茶請けはデニッシュトーストに夏みかんマーマレードを塗ったものと、頂き物。六花亭の、いつか来た道とバターサンド。ご馳走様でした<(_ _)>

 

 お茶その2。

 お茶は市販の冷たい玉露入り緑茶。

 お茶請けは先日の鉱物ショーで2人の業者さんから頂いたおやつ。ご馳走様でした<(_ _)>

 

 ついでに夏みかんマーマレードは、こんなの↓

 原材料が夏みかんとレモンと砂糖のみ。

 ウィリアム・モリス絡みの展示で入手したものだと思う。

 製造者はSwan&Lionさん。

 

鉛玉でお支払いOK?

 と、思わず言いたくもなるのだが、シカタナイね。税金がきちんと有効利用されてくれればいいのだが、はてさてどうなることやら…。

 この先同じATMでもAntiの方を使う機会が来ないことを願う(←選択肢はRPGかね?)

 

 と、まぁ思考経路はいつもの通りですが、中旬に納付書が来て下旬に払えってのも、慣れたとはいえ心証は好ましくないな。

 今回は非対面・キャッシュレスの納税方法を積極的に利用しろとのことだが、払った感が欲しいのでいつものようにコンビニを利用させてもらう。

 

 日本のキャッシュレスが進まないと嘆かれているが、そんなもん別に良くね?と思っているタイプ。あと、欧州ではドイツのキャッシュレス化が日本よりも少し低いそうだが、やはりこれは国民性によるもんなのかねぇ?それとも現金に対する信頼度が高いのか。

 …謎である。

 

 さて、この先どうやって1ヶ月過ごそうかな?(←マテ、オマエの懐具合は今どうなってんだ⁉)

今は本棚はない

今週のお題「本棚の中身」。

 

 家を建て替えてから、自分の部屋は南東の2階から北西の1階になりました。以前は北の壁一面、正に床から天井まで本棚だったのだが、今は本棚すらも置いていない。物理的な空間容量そのものがかなり小さくなったというのがその理由。

 本棚に入っていた本で、ブログで紹介したのはこれらだが、比較的歴史モノ(日本史)が多い。

 しかしトランクルームに突っ込んでいる書籍のジャンルを含めると、ホントジャンルがすっちゃかめっちゃか。聖なる書(耶蘇敎、回教)の隣に軍事書置いてあったりね(;^ω^)

 

 もし現在の部屋に小さな本棚を置くとしたら、佐々涼子さんの『エンジェルフライト』は置きたい。

 内容は国際霊柩送還士についての話。読んで思ったことが、麻痺状態にある『死に対しての感覚(というか手触り)』が引き起こされる。というもの。

 あともう1冊、オマル・ハイヤームの『ルバーイヤート(四行詩)』は置いておきたい。

 これは自分が現在も気まぐれに書いている、詩のスタイルを確立するに当たって大いに影響を受けた本でもあるから。

 

 眺める本棚はないものの、それを作っていくのは愉しそうだと思う。反面、実用性と装飾性(眺めるのが楽しい)本棚を作ることは、自分にとっては難しい話だなとも感じている。

 あと、自分の本棚の中に漫画本は1冊もない。漫画が嫌いなわけではなく、漫画本は全て兄貴が貸してくれたものだったからだ。借りていたのではなく、貸してくれていたのは、兄曰く、共通の話題が欲しかったから。とのことらしい。

 

 本ジャンルと同じで話がすっちゃかめっちゃかしているが、お題は以上。だな。

 

 あと、本日お茶は出来ず。