昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

ぐったり

 特に何かしていたわけでもないのだが、ぐったりしている。いやね、もうここ(18時半)で寝てしまってもいいかな?と思っているのだが、お弁当を作らないと安心して寝られない。しかもやる気なくて夕飯の支度をする気もない(親父か兄貴、暇してんなら動けよ!)。

 先日中に寒波に備えての買い出しを終えていますが、水の確保は完璧にはしていないので水道管が凍結しないことを祈るばかりです。

 それよりも、来週の職場の予想気温が7℃/-14℃とかになっていて、Σ(゚д゚lll)!?という状態です。

 

 先日定期診察に往ったら、「もしかしたら少し鬱入っているかもしれないねー。」と言われたので、取り敢えずお茶をしてみた。…うん、淹れる気力があるからまだ大事無い。昨日当たり前のように淹れていても、今日も同じように出来るとは限らんからね。

 てなわけで本日のお茶。

 お茶はルフナはナワラカンダ茶園のミルクティー。砂糖なし。

 お茶請けは、レーズンのスコーン、苺のスコーン、オレンジとデーツのスコーン。少し小さめの、所謂貴族向けサイズ(特にレーズン)。

 いずれも美味しかったのだが、どうもお茶がドライフルーツと相性が好くないようで、少し違和感を感じた。

 

 平日はお茶が出来ないので、次の週末に予定が無かったらどんなお茶にしようかのぅ?☆ ٩(๑º╰╯º๑)۶

SDCとCha×茶×ちゃに往ってきた

 SDCことサロン・デュ・ショコラに往ってきた。partⅠは本日2戦目にして最後のアタックである。して、目的は達成。

 目的は明治さんの紅白カカオドリンクと水ガナッシュのメキシコホワイトカカオ×ジャンドゥーヤ。その他まぁ、自爆したのも幾つかあるがCACAO HUNTERSさんのエリザベスを購入出来たのでよしとする♪

 

 紅白ドリンクは見ての通りです。

 紅は河内晩柑に似ている。カカオってフルーツだったんだ~。と認識させてくれる一品。白は高級豆乳に似ている。が、後味はほんのり優しいチョコレート味。

 まだそんなに忙しくなかったこともあり、店員さんに感想を求められましたので、拙いながら感想をお伝えしました。一言で述べると「流石はメイジ(魔術師)。」といったところです。

 

 初日とは異なり比較的空いている店舗もあったので、商品の説明を受けながら情報交換し、お店の方がタブレットチョコレートを模した指輪とペンダントをつけていたので、そこの話からちょっとだけアクセサリー談議へと移行。

 ちなみに自分は本日2種類のガーネットブレスとルチルのローズクォーツ?かアメシスト?のペンダントをつけておりました。あとスターリングシルバーの指輪を装着。上に来ていた服が赤紫だったので、センスがないと分かっていながら組み合わせに挑戦してみた次第です。
 

 でー、次に移動せしは《Cha×茶×ちゃ》。SDCは新宿伊勢丹さんで行なわれていますが、《Cha×茶×ちゃ》は新宿小田急さんで開催されているので、移動は楽。

 会場に余り人が居なかったので買い物はし易かったのだが、ちょっと心配になった(←何の?)。あと、店舗の揃えを見てバイヤーさんのバランスセンスに脱帽。

 

 …うん、ここまで書いて分かった人には分かったかと。

 

  悪癖発動。

 

 行く先々でマシンガントークをぶちかます…( ̄▽ ̄;)

 内容は商品の説明からお茶のこともさることながら、歴史や政治、お菓子作りや店舗、イベント情報等々。大体2時間半位。いつものように(?)何者ですか?扱いもされましたが、ただのお茶好きです。

 

 お茶も、「やや?これはっ!」というものも購入。あくまで独り言ですが、サンライズとサンセット(師)、師弟対決で勝つのはどっちかな?といったところです。

 

 八つ時少し過ぎに帰宅し、家のことを少し済ませましたら、れっつティーターイム♪

 お茶はサバラガムワはエデラポーラ茶園のミルクティー。砂糖なし。

 お茶請けの右は農夫のスコーン。製造は京都府京都市OPERA MUFFINS kyotoさん。リベイクしなくても美味しく頂けるとのことで、そのまま頂きました。美味°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 で、左はSDCで自爆したもの。

 大阪府枚方市は呼人堂さん製造、大阪府大阪市はトモエサヴールさん販売の、どら焼き・カカオ暁。

 あんこの中に粒?チョコレートが入っているもので、当日に食べるとチョコレートのパリパリ食感が味わえ、賞味期限ぎりぎりに食べるとあんこにチョコレートが馴染んでいるとのこと。

 カステラをすぐに食べるか置いてから食べるかのようですな。ついでに自分はデメララ(ザラメのことね)ザクザク系が好きだ。

 

 双方共にお茶との相性は好かった。

 正直どらやきとの相性は期待していなかったが、思った以上に相性が好かったので何か嬉しかった。

 

 来週PartⅡが始まりますが、無事資金確保出来るかな?(←相当厳しいぞ?)

初日参戦

 あっと さろしょ(At SDC)。

 10時10分に入場整理券頂いて、入場時間が正午・・・( ̄▽ ̄;)でしたが、実際には11時半には入れた。うーん、平日だよな?

 

 ん~、まぁ、チョコレート好きって多いんねぇ(←キサマもな)。

 カタログを見て一応予習なるものはしてきたが、怖いのがカタログに掲載されていない商品と出遭ってしまうことだ(←字はそっちかよ)。

 

 それにしても今回のpartⅠのイートインは攻めていますな。

 懐石、和食、メキシカンやタイなどの料理とカカオの組み合わせたものが登場。広がる可能性の世界が愉し過ぎる。自分としては色々と食べてみたいというのはあったが、資金難とアレルギーなど体内に入れられないものも多くて断念。

 食材としてのチョコレート・カカオと料理の組み合わせって、日本人からするとまだまだ異様に感じられるらしい。食に関する好奇心は強い民族ではあるが、これは定着するか否かは微妙なところだね。

 

 会場を巡り、幾点かピックアップした後、熱気に当てられた身体を冷ますかってんで、台湾のフーワンチョコレートさんが出していた可可コーラなるものにチャレンジ。

 可可はカカオの事で、カカオの実を煮出して作ったシロップを炭酸で割ったもの。味は優しい味わいのクラフトコーラ。

 画像だとグラデーションになっていますが、飲む時にはよくよく混ぜます。…そう、下の色濃い部分はシロップ原液のままなので、混ぜないで飲むと当然物凄ぉく甘い。

 

 フーワンチョコレートさんのチョコレートはサクラエビを使ったものや山山椒(だったかな?)を使ったもの、目にも鮮やかな紫色のチョコレート(味はライチ&ローズ)を出していたりします。

 ショコラティエさんはBean to Barではなく、Tree to Barを国内外に向けて発信している方で、台湾原産のカカオの力を魅せつけてくれます。

 ちなみにこの時のとは別のメーカーさんです。

 

 クールダウン後、クプアスという南米原産の謎のフルーツが使われたタブレットを購入して戦線離脱。

 その後はタワレコで新譜(CD)を購入して帰宅。暫く購入していなかった海外のも見たけど、聞いていないのが結構あって頭抱えたよ…。

 

 で、帰宅後家事を開始するのに時間があったので、ティータイム血行←(。´・ω・)ン?

 お茶はダージリン1stフラッシュ、バタンダン茶園のもの。

 お茶請けは乃し梅といえば!の山形県山形市は佐藤松兵衛商店さんの羊羹、賢者の贈り物。銘はO・ヘンリーの短編小説に因んでいるそうです。今1月ですが、実はこれクリスマス菓子なんですよ(;^ω^)

 

 拡大。

 ココナッツリキュールとストロベリーリキュールが使われていますが、利かせ方が巧み。

 

 全形はこちら。

 

 8等分にしたので、少しお茶請けなんぞ追加してみた。

 正直、追加しなければ良かったと後悔。

 理由?満足状態で食事の支度、したくはない。それだけだ。だが重要だ。

 

 帰宅して暫くしてから、SDCで買う予定だった筈のものを買っていなかったことに気が付いた(-_-;)もうダメダメですな。

夜明け前のご褒美

 土用入りしましたねぇ。となると、暦上での春は目前。自宅付近では蝋梅が満開になりかけているし、職場の近くでは早咲きの梅が咲き始めている。

 しかしまぁ、土用入りしたってことは荒れる。そのせいか、最後のあがきで歓喜団・・・は神饌だ。ではなく、寒気団がやってくるようで、大寒らしい気候になるとのこと。来週の職場の予想最低気温、-11℃とか出ていたんですけど?そりゃ北の大地に比べりゃマシですがー、マシですがぁ…‼

 

 気を取り直して、夜明け前のご褒美とは一体何ぞや?⇒朝未だ暗いうちに中天に懸かる月。

 本日は二十六夜月なので、中天より少し東側に在りましたが、夜明け前の月はとても綺麗です。

 冬寒く、夜が明け始めくる時間にすっきりと晴れていて、早くて十七夜以降ではないと見ることが出来ない現象なのだが、朝自宅を出て視界にそれが飛び込んでくると何だか嬉しくなる。

 徐々に夜が明けてきて、朝陽の光の中に解(ほど)けてゆく月影(げつえい)って、綺麗だなと思う。東雲(しののめ)色に染まる空に浮く月も捨て難し。贅沢言うなら曙色の空を望みたいところだが、こちらの色は滅多にないので妥協。

 

 何で寝起きが悪く、毎朝駅まで走っているヤカラがこんなことを書いているかというと、夜更かししているからではなく、出勤時間が夜明け前だからだ(冬限定)。

 

 見ることが出来ない現象といえば、時間が合わなくて見られない現象というのもある。

 自宅から見て東の方にビル群があるのだが、朝は朝日が反射してビルの一角の輪郭が光で消えて、とてもカッコよく見える。夕方は夕日がビル群の窓に反射して綺麗なグラデーションを作り上げる。

 いずれも今の出勤時間では臨むことも出来ないが、人工物と自然物理のコラボってのもいいものだなと思っている。

 時間が合わせられれば見ることも出来るが、ベストショットが撮れる場所というのが丁度車道の真ん中なので写真を撮ることは出来ない。やろうと思えばその場所は他の場所でも出来るんだろうけれど、流石に不審者感満載だし、すぐ近くに女子校や小中学校もあるので朝っぱらから国家権力のお世話にはなりたくはない。

 

 ちなみにこのご褒美は12月~2月の期間限定である。今なら蝋梅の香付き(⌒∇⌒)

まったりと

 行こうかどうしよか迷った挙句、中途半端な時間に歯医者があるってことでSCONE PARTYのPart2には行かなかった。この調子だと美術館も行かなさそうだな・・・。

 

 予想以上にたっぷりと脂汗をかき、想定していた以上に早く終わったのでどうしようかと考えあぐねていたところ、「野菜を買いに行こう♪」というわけで、↓になりました。

 …今回自転車じゃあないんだよね(←再確認せんでもオマエ莫迦だろ?)

 ミニトマト2パック、ほうれん草2把、人参7本、長葱8本、キャベツ1玉。〆て1100円程。

 抱えて帰りました。そして長葱は母と被りました(←またかよ⁉)

 

 鈍く痛む治療個所を気にしつつ、本日のお茶と参りましょー。ってなわけで、本日のお茶です。

 お茶はケニアのお茶。砂糖なしのミルクティーです。

 上は左からお茶、英国のライム&レモンのママレード、イタリアのスミノミザクラのジャム、ハフキンスさんのクローテッドクリーム。

 手前が先日手に入れたプレーンスコーン。リベイクしたので焼きたて同様。

 

 いずれも優劣つけがたく、お茶との相性は好く全て美味しく頂けました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°強いて言うなら一番上のツヤツヤしているのが自分の好みではあるかな。

 ちなみにクローテッドクリームを全量使ったので、結局ジャム類はいらなかった。

 

 まだ鈍痛は続いているが、耐えられない痛みでもないので習い事に行ってきます。

その名はタフ〇ン

 何だかあまり伏字になっていないような気もするのだが、景品として頂いたスポンジに、かような文言が見受けられました。

 

 何故招き猫?ではなく、何故に食器用スポンジにかような文言が?そしてすんなりそれが出来たら苦労せんわい(←物凄ぉ~く引きずるタイプ)

 

 そしてそのスポンジの名はタイトル通りである。

SCONE PARTY with TEAに往ってきたよ

 なんとか逝ってきたにならずに済んだが、今回ってPart1なんだよね…(;^ω^)Part2は殆どの店舗が入れ替えになるのだが、往こうかどうしようか迷い中。往きたい美術展(複数)の最終日とぶつかるから。

 

 して、このSCONE PARTY with TEAとは何ぞや?⇒スコーンやそれに関わる食品などの販売会。場所は銀座三越の催事場。

 久々に往ったらえっらい遠くに感じた(←丸の内線を使ったからだろ?)

 デパートに入ったのは10時半過ぎだったが、渡された整理券はその時点で559番だった…。しかもその時点で売切れ店舗が出ていた。確かそれはランゲージファームさんのクローテッドクリームだったかな?

 まー、本社がデボン州(英国)にあると聞いただけで、絶対不味いわけがないだろうてと強く確信。

 

 気落ちしても仕方がないので、気を取り直して買い物へ。

 殆どの袋に店舗名や商品名が書かれていなかったので、買い物した店舗のみ記載してみた。

 トムズスコーン ジャパネスク、スリーティアーズ、ラブココア、菓子屋ヒトハコ、レイジーデイジーベーカリー、ベイカーズ ゴナ ベイク、ハフキンス、クッペとスコーン、ザ・グローヴの9店。

 購入したのはプレーンかドライフルーツ系。端(はな)から冷凍すること前提で購入していました。日持ちしないし、たくさん買っても消費期限中には食べ切れないだろうから。しかしながら進化形スコーンも購入しましたよ?

 

 進化形スコーンとは!?

 ↓一般的なスコーン。

 店舗によって個性はあるかもしれませんが、大体こんな感じですな。

 

 んで、進化形↓

 あんバタースコーン。

 この他にも進化系(形ではなく系)スコーンと言えるようなものもあったのだが、自分が購入したのはこやつら。左が一般的なあんバター、右は栗あんで、生地に黒蜜が練り込んであるあんバター。あと、バターはフランス産。

 かろりぃ?…何のことかな(・◇・)?

 

 てなわけで、本日のお茶!

 お茶請けは上に同じ。お茶は飛騨紅茶(ラスト)。

 無論相性は好かった、

 

 しかしこれで終わらないんだな~。

 

 おかわり♪

 こちらはヴィーガンの人でも安心して食べられるスコーン。

 お茶はこのスコーンを購入した時に、「合うお茶」としておまけに頂いたもの。

 

 勿論お茶と相性は好かった。スコーンは濃い味やがっつり系が好きな人には薦めない。

 ヴィーガンが動物性の一切のものを口にせず、乳製品や蜂蜜、玉子なども口にしないことを考えたら、自ずと味は想像出来るかと。ちなみにダイエット中だけれども食べたいという人にはいいと思う。

 

 それにしてもスコーンて結構お腹にたまりますな。

 夕飯作る気喪失した。メニューは決まっているからテキトーにやるけど、闇風味にならないように気をつけんとね。

1月の誕生石

 ナショナルストーン(国石)がガーネットとなっている国・地域は意外と少ない。アラスカ、チェコボヘミア帝政ロシアくらいだ。自分がまとめたもので良ければここ参照。

 それから、古代から各地域や国別に誕生石を調べてみたこともあるのだが、1月はガーネット以外に見当たらなかった。2月のアメシストも不動。それについても以下同文こちら

 

 ガーネットといっても色々あるじゃん!という個人的なツッコミは控えるとして、アメリカはアリゾナ産のパイロープガーネットをどぞ(^^♪

 …黒いっすね。

 つか、融(と)けたガラス?

 下にくっついている白いのは粘土。ものが小さいから、流石にこれを指先で持つ気にはなれない。

 

 哀愁漂ってますねぇ。

 

 強い光源に当てると確かに紅い。

 ちなみにパイロープはギリシア語で「炎のような」という意味だそうです。

 しかしこの(静脈から出た)血のような赤だと、何か恨み買ってそうで恐いな。心当たりはないけどね。

 

 して、同じくこちらはアメリカはアラスカのガーネット。

 こちらはアルマンディンガーネット。

 アルマンディンは、古来(から?)この石を多く取り扱っていた都市の名だそうです。言ってしまえば、大森海岸産の海苔が浅草海苔として売られているようなものですな。

 鉱物の世界でいえば、トルコでは産出しないけどトルコ石てな感じですかねぇ…?

 

 少しオレンジがかっているが、これはこれで綺麗だと思う。

 ついでにこれは、母岩の両端にガーネットがついているのだが、写真を撮るとなんかしっくりとこなかったので個別に撮っている。

 

 こちらが対極にあるガーネット。

 こちらはやや紫がかっている。

 

 ちゃんと光を当てれば綺麗な赤。

 色味が似ている所為か、ルビーよりも低評価をつけられることが多いらしい。個人的には、特に石についてのこだわりがなく、赤い石が好きならルビーよりもガーネットの方がオススメできる。硬度的にも、金額的にも。

 もしそれでガーネットに興味が湧いたという方いらっしゃったら、専門店がありますので、そこを覗いてみて下さい。愛が凄いです。

 

 …さて、これよりお茶をしてきます。

 

 本日のお茶。

 ショコラ・ショーとカマンベールクッキー。

 この飲み物には塩気のあるお茶請けがよく合います。

 

 原材料は

 牛乳300㎖

 

 生クリーム100㎖

 

 チョコレート50g

 

 今回選んだのはベトナム産カカオを使ったベトナムのミルクチョコレート。

 

 分量は2人分(兄上と自分)。

 ちょっと甘かったのでチョコレートは30gでも良かったかもしれない。

壱富士、弐鷹、参茄子。ではその先は?

今週のお題「初夢」。

 

 タイトルの続きは陸(ろく)までありますよ。答えは後ろの方に乗っけておきます。

 

 して、2日にも書いたが、初夢は東京国立博物館(通称トーハク)の大階段を眺めて、その後視線を上(時計)の方に移す。

 

 隙間のページやら所々で目にした今年の運勢や、自分で占ってみた今年の運勢やら、そして夢占いやらを併合させてみたところ、全てが似たような傾向を指し示していて「ん!?」となった。

  結論としてはステップアップを狙えるし狙っているが、今一歩躊躇っている状態。で、実際その通りなので踏み込んでみようか、なー?と思っているだけ。…そう、思っているだけ。失敗したらまた引きこもりになるだろうからね。

 …まぁその話はいいや。

 

 ではタイトルの答え♪

 肆扇、伍煙草、陸座頭(よんせん、ごたばこ、ろくざとう)。

 

 何故かというと、扇子⇒広がるから。末広がり。煙草⇒煙は上にしか行かないから。座頭⇒毛が無い。即ち怪我無い。というのが理由。口上してみると分かるが、音感もよい。

 

 お題は以上。

 そしてここから先はいつものように本日のお茶。

 お茶は天竜茶。

 お茶請けはσ( ̄▽ ̄;)

 茶色いのは母から頂いたガトーショコラ(メーカー不明)。

 まんじゅうは静岡県熱海市は安田製菓さん製造、大阪府大阪市はやぶ屋さん販売の毒まんじゅう

 右のふん和り(こしあん)は母から頂いた神奈川県横浜市亀屋万年堂製菓さん製造、東京都目黒区は亀屋万年堂さん販売のもの。

 後ろは京都府福知山市は元伊勢製菓さん製造、京都府京都市は京醍醐やまもとさん販売の苺どらやき

 

 いずれも相性は好かった。

 チョコレートは煎茶と相性が好いし、ふん和りは宮古島雪塩が使われていて、塩味の利きがよかった。水は白州(山梨県北杜市)の水を使用とのこと。苺どらやきはあんこが思った以上に苺で甘酸っぱさがよかった。中には羽二重餅も入っている。

 そして毒まんじゅう・・・。

 これは先日往った毒展で購入したもの。紫芋餡の薯蕷饅頭。勿論毒は入っていない。

 こんなパッケージ↓

 毒の烙印が押してあるが、一瞬「嘉」に見えた自分は相当目が悪くなったようだ。

 

 中。

 …つか、爪切れや。

 

 お題よりもお茶項目の方が長くなっているが、まぁ、いいか(;^ω^)
 

祝福者の仲間を虐殺するのがお礼?

 本日公現祭です。横文字にするとエピファニー。所謂キリストの元に東方から3人の博士(賢人)が訪ねてきて贈り物をした。とされる日。

 

 んーで、これを題材にした絵画って多いのだが、彼等3人のことは”Magi”と書かれるんだよね。

 Magiって、古代の多神教の意味合いで取れば司祭とも訳せるんだが、魔術師や魔女の語源でもあるんだよね。てことは、生誕を祝福した者達の仲間やその子孫を虐殺することがキリスト敎式お礼参りの仕方なのか?

 魔女狩りが無ければそうは考えなかったかもしれないが、なんかそんなことを思ってしまった。

 

 日本人って宗教と聞くと「胡散臭い」と感じる人が多いと思うが、宗教のごった煮が当たり前の世界観なだけで、無関係ってわけでもないんだよな。恐らく「宗教=特定の信仰」という先行イメージがあるせいなんだろうけれど。

 妖怪だって掘り下げたら元々は神様だったり、付喪神や元人間が神様になったり、つくづく自由だなぁ(無節操とも云ふ)と思うが、宗教が原因で無駄な争いが起こるくらいなら、いっその事これくらい緩くってもいいんじゃね?とも思う。

 

 さて、明日は七草だな(これも宗教行事ではある)。