昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

そもそも書き込む予定がない

今週のお題はてな手帳出し」。

 

 10月始まり、1月始まり、4月始まり。

 と、まぁ手帳の始まりは大体この三月(みつき)になりますわな(余剰についてくる分は除く)。

 

 タイトル通りそもそも書き込む予定が殆どないので、100均か書店で見開きのマンスリータイプのものを購入します。

 特に自分仕様に仕上げたりもしない。持ち歩きもしないので名前すらも書かない。

 

 して、殆ど書かないヤカラが何で手帳を買うのか?⇒イベントの期間を書き込むためである。

 

 美術館や博物館の企画展の情報や支払いの締切り及び金額、その他のイベントの期間などを書いている。特に最近とみに増えてきた鉱物関係のイベントは、絞らないと真面目な話破滅する(池袋だけは外さんけど)。

 

 教養の研鑽と称して美術館や博物館には行くが、興味の対象が幅広いので、これも絞らないと破滅する。今よりも色々と融通が利いていた時は年間90展示近く行っていた時もあった。今は惜しむらくはそんなことはない。

 余談だが、これだけ押さえておけば最低限の教養は身につくといった本の範囲にいる状態はまだいい。問題はそこから先だ。

 大したなんぞ言えぬが、教養の研鑽ってお金と時間がとてもかかる。それでも品格の格上げよりは楽なんだろうけど…。

 

 話が乖離してきたので、最後に子供の時の手帳の話で締めくくろうかと思います。

 

 手帳を使い始めたのは小学生の時5年生くらいの時でしたかね?

 中高は緑と青ペンでかなりぎちぎちに書き込んでいた記憶あり。ついでにお気に入りはぺんてるのボールペン。今でも愛用中だが、まだ生産しているのだろうか…。

 

 そして年を経るに連れて中身はスカスカに…( ̄▽ ̄;)

 恐らくこの先手帳すらもいらなくなるんじゃないかと思っている。

 

 ということで、お題は以上!

 休日だったのにも関わらず、お茶は出来なかった_| ̄|○

ちゅうにち?なかび?

 お彼岸の真ん中、本日秋分の日です。

 一定期間の真ん中の日を「なかび」と読むのも間違いではないが、お彼岸の真ん中の日は「ちゅうにち」と読むのが正しいとな。「なかび」はどちらかというと期間のある興行の真ん中の日を指す言葉だそうだ。

 

 秋分春分、昼と夜の時間が大体半分になる日だと思っていたのだが、秋は故人を偲ぶ日、春は生命を称える日と違いはあるとのこと。まるで社日(しゃにち)のようですな。ついでに今年は22日。

 ん?そんなものの存在は知らないと?(知っていたら御免なさい)

 

 社日⇒お彼岸の中日に最も近い戊(つちのえ)の日ので、土地神様に五穀豊作を祈る。春は種子を、秋は初穂をお供えする。

 

 何で戊に祈るかは知らんけど、土地そのものを神様から借りたという認識だからなんだろうな。手元にある本によると

 戊→つちのえ→土の兄(え)→山・丘の土

 己→つちのと→土の弟(と)→田・畑の土

 とのことで、字そのものは戊は繁茂の意で、己が繁茂が条理整然となった状態のこと。

 神様の領分と人の領分を分けて考えているとも思える。

 

 こう考えると農耕民族が持つ日本人の宗教観が垣間見える気がする。

 お彼岸も仏教から来ているものとはいえ、「お彼岸」という風習があるのは日本だけだし、そこにはやはり日本独特の怨霊信仰もプラスされているような気もするな。(いつ偲んだっていいが)行事化された故人を偲ぶ日が多いと感じる。

 

 本日秋分の日に加えて一粒万倍日+大安吉日。十二直は外れるが宿星、暦下段も吉日ってことで、微妙なテンションの上がり方をしている(但し体調は悪い)。

 農業従事者ではないが、五穀豊穣を祈りましょーという謎のテンションで、勢い白玉なんぞ作ってみた。40個ほど。余ったら醬油をつけて焼けばヨシ!

 

 本日のお茶。

 温かい麦茶と、黒蜜で食べるあんみつ うぃず 手作り白玉団子。原材料は佐賀県産のひよくもち。

 抹茶タイプと八女茶を提供した親父が、物凄い勢いで食べていたので何事⁉と思ったが、どうやら美味しかったらしい。
 実際自分も食べてみて、あまりにするっと入ってきたもんで、お茶請け追加。

 

 小豆の次は大豆じゃーってことで、北海道千歳市は北のアトリエさん製造、ホクレン農業協同組合連合会さんの光黒大豆のどら焼き。

 

 既に口にしているのにも関わらず、じゃあ勢いで(小)麦もってんで

 これを追加。

 

 粟と稗は雑穀米で補うべーし。

 ではごはんの支度に行ってまいり候。
 

横浜で2連かっ!

 今週ワールドポーターズでかな?鉱物ショーあり。来週パシフィコ横浜で鉱物ショーあり・・・。

 

 選択肢が増えるのはいいことなんだろうけれど、人って選択肢が多過ぎると結局何も選ばないという選択肢を取るんだよね。

 

 例に漏れず今回も見送りです。

 12月の池袋に行ければいいです、はい。

一生涯厄日だけどな

 厄日っつーか、忌日なんだが、当初に比べると大分どころかかなり落ち着いてきてはいる。

 が、やはり日付を書く手が止まるし、この日の存在そのもの自体を消そうとしている自分がいることは否定出来ないな。

 

 そしてやはり今でも無性に逢いたくなる。…当然、何だろうかねぇ?

ようこそ大和の諸君? その4

 ※ヤマトじゃあないよ。大和だよ。

 

 これで最後だよ。

 して、イベント購入で点数制だったで、価格は省略する。重量も省略。

 

 名称 手摘み 大和 蜜香紅茶『玄武』

 産地 奈良県山添村桐山区大君

 時期 2017年7月20日~8月1日

 等級 special

 品種 やぶきた実生のウンカ芽、樹齢60年以上

 抽出 5g/150ml、85~90℃、30秒蒸らし(煎じ+1に対して+5秒)、4煎(4は蒸らし時間は90秒)

 備考 無農薬、無施肥栽培、標高300~350mの花崗岩礫質の畝仕立て園、年2回の手摘み 

 

 茶葉 海苔とほんのり甘い香りがする。アッサムのような大きめの葉。温めたポットに入れたら鳳梨酥とミントのような香りがした。

 水色 濃紅色(写真はそうは見えないけどね)

   2煎目以降の茶葉の香りは不可思議な香り。緑の匂いが無くなった秋の、山の熟成された匂いに似ている。尤も味はそう感じさせない。

 これも和紅茶は和紅茶なのだが、飲むと後味がやぶ、キタ(あぁ、やぶきただねぇ)といった感じだ。

 しっかりとした味を好む人向け。個人的にこのお茶が玄武と名付けられた理由に納得いった(玄武は落ち着いた年配の男性を司る)。

 茶請 濃い目のもの。生クリーム系やカスタード、和物やチョコレートなど。フレッシュフルーツは多分口内で喧嘩すると思しい。

 

 購入先は

shinjuan.shop-pro.jp

 

 参考

 

天候不順

 本日は御託の羅列。 

 

 当初に比べて数字の上では威力は落ちたものの、その影響はとんでもない。晴れていたかと思いきや、いきなり横殴りの雨降ったり。また逆の現象があったりした。こんな状態だったが、こちらに直接的な影響くるの明日以降なんだよなぁ…。

 

 三連休最後ってことでのんびりお茶でもと思っていたのだが、低気圧のせいで少し鬱状態。加えて野菜は調達したが肉や魚類がない!ということで買い出しに出た。

 

 程々に調達でも出来たのだが、少しばかり凹んだ。我が道とマスカット・オブ・アレキサンドリア(葡萄の中で一番好きな品種)、バイオレットキングなどを見つけてしまった。昨日ネオマスカット買ったばかりだというのに!+ロザリオ・ビアンコ(ロッソの方まだ未経験)が冷蔵庫内にある。

 流石に諦めました( ノД`)シクシク…

 

 2015年のブログにも書いてあったのだが、「果物を買って食べること自体が金の無駄。」と言う人が当世少なからずいたとのこと(恐らくその数は現在変わりないと思しい)。

 それは果物が高いからなのか、労力の割りには対価が少ない?から、ただ単に好みじゃないから以下略。その理由がよく分からない(そこまで理由を覚えていない)。ついでに特定の果物だけ苦手というのは除外。

 

 ついでに自分は本日ジュース代わりに黄金桃を2つばかり貪っておりました。哀しいかな。うち1個は外は綺麗だったが中が半分以上やられてしまっていてショックだった・・・。追熟は程々に。。。_| ̄|○

 なので結局本日はお茶をしていません。

 次の三連休、どこかでちゃんとお茶が出来ると好いなぁ。と思っている。

固定種

 在来種と固定種、何が違うのかよく分からないのだが固定種の「きうり」なるものを買ってみた。

 

 長野県は白馬村の固定種のきうり。

 3本で220円。

 

 肉質が柔らかいのでそのままサラダにでもと思ったのだが、肉質が柔らかいきゅうりを浅漬けにするとどうなるんだろうか?という好奇心の下、浅漬けにしてみることにした。

 

 切ってびっくり。

 サラダにしたら映える色合いである。

 が、浅漬け用に切ってしまったのでそのまま浅漬けに。

 

 使った素はコレ↓

 愛媛の昆布森さん製造、福島の東北ヒロヤさん販売の芽かぶ入りの浅漬け塩。

 浅漬け塩とあるが、普通に調味料としても使えます。美味しいです。

 

 まだ漬けている最中なので、食べるのが愉しみである。

 

 それにしても今日は物凄い秋晴れだったようだ。

 1日中窓のないエリアにいた自分には縁遠い話だな。明日以降もこういった天気であれば良いのだが、はてさて台風のご機嫌はどうなることやら…。

スイーツ店の本気

 お茶は水出し八女茶だよ。

 で、お茶請けがスウィーツ店が本気で作ったあんぱん。一見シュークリームのように見えるが、あんぱん。北海道札幌市はわらく堂さん製造。

 

 何でも白石は昨年、命名されてから150年を迎えたそうな。そしてその新名物がこの白石あんぱんらしい。春に行なわれた横浜のパンフェスにも出ていたらしいのだが、そちらは別メーカーさんのようです。

 

 画像のものは生地はポップオーバー。言ってしまえばアメリカ版スコーン(つまり軽食の位置づけ)のようなもの。もしくはマフィン型したパンみたいなもの。

 その中に、のびーるあんこ、特製つぶあん、羊羹が入ったあんぱん。

 

 ・・・最早あんぱんにしてあんぱんに非ず。と思ったが、令和バージョンのあんぱんと言えば納得。ついでに北海道のあんぱんといったら、月寒あんぱんの存在を忘れちゃいかん。そしてこちらは明治バージョン。

 

 して、お茶との相性は好かったよ。冷たかったからだろうね。それに双方の量のバランスが丁度良かった。

 あんこ好きの為の贅沢コラボ♪とも言えるが、のびーるあんこは人を選ぶかもしらんな。だが、これをきっかけにあんこが好きになる可能性もあろうから、経験知アップのために食べてみる価値あり。

その数字は多いか少ないか

 数値としてなら大きいだろう。ただ、数字としてならどうなんだろう?

 

 その数字⇒1%

 

 分母が大きくなればその分分子も大きくなるよなぁ。

 

 して、内情は全く知らないのだが、この1%という数字、日本における引きこもりの推定人数。だそうな。

 

 この数字、将来的にはどう響いていくのか気になる。

 それよりも気になるのが、高等遊民(所謂ニートというヤツ)は日本にどれくらいいるのというのと、それが将来的に及ぼす影響についてだな。

 働く気も勉強する気もないトモガラって、普段何してんだろ…?

 

ようこそ大和の諸君? その3

 ※ヤマトじゃあないよ。大和だよ。

 

 ・・・残るは北だけですな。

 して、イベント購入で点数制だったで、価格は省略する。重量も省略。

 

西

 名称 手摘み 大和 蜜香紅茶『白虎』

 産地 奈良県山添村桐山区大君

 時期 2018年8月7日

 等級 special

 品種 実生在来のウンカ芽、樹齢60年以上

 抽出 5g/150ml、85~90℃、30秒蒸らし(煎じ+1に対して+5秒)、5煎(4、5は蒸らし時間は90秒)

 備考 無農薬、無施肥栽培、標高300~350mの花崗岩礫質の畝仕立て園、年2回の手摘み 

 

 茶葉 青龍のホワイトバージョンのよう。但し香り特に強くもなく個性的でもない。温めたポットに入れたらイエローフルーツを思わせるような香りがした。

 水色 黄橙色

    あ、お茶の香り。というのが率直な感想。3煎目の残り香が蜜香らしかった。

 味香り共に和紅茶といえば和紅茶なんだが、滋味深いダージリンの1st(2018年の1st)に、メントール系の長い余韻を足したような飲み口。なのだが、口当たりは好く飲み易い。

 茶請 甘さのないメレンゲ系のざっくりとした焼き菓子。和菓子や素材素のものの甘みだけで勝負したもの。

 

 購入先は

shinjuan.shop-pro.jp

 

 参考