昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

枝豆ふぇす+夏野菜ふぇすた状態

 買い物を頼まれた。

 ん?何をだと?⇒米10kg。

 

 頼まれた買い物を済ます前に、そういや玉葱がなかったっけな…と思い出して地産地消のお店へ行ったのが運のツキだったーっ( ̄▽ ̄;)‼

 

 結果↓

f:id:runningwater:20210801124145j:plain

 枝豆ふぇすたになってしまった(;^ω^)

 品種は初だるま、恋姫、夏風香。自分は夏風香が、母は恋姫が好みでしたね。

 

 で、中にはこんなものも…

f:id:runningwater:20210801124611j:plain

 どういった経緯でこんなになったんだろうねぇ?

 

 開けてみた。

f:id:runningwater:20210801124711j:plain

 双子さんなんね。

 向き合っていることから、一卵性でしょうか?(←オイオイ)

 

 変な形状のって言ったら、同じところで購入したトマトも、1個妙なものが混じっていましたな。

f:id:runningwater:20210801124859j:plain

 シリ。

 黄色いところが黄金色に輝いて、きらっきらしていました。

 母に見せたら、即行まっくっと食されました…;つД`)

 

f:id:runningwater:20210801125104j:plain

 妙なものと言ったら、こやつらも上げてしまおう。

 ジャガイモのインカのひとみと紫月。

 原産国の絡みもあってか、ジャガイモでインカとつくものは多い。つか、ナス科にはそんなものが多い気がする。それはナスカが絡んでいるからではないだろうけれど。

 

 お次はコレ。

f:id:runningwater:20210801125444j:plain

 オクラ。

 オクラも丸オクラや島オクラ、ダビデの星、白オクラ、赤オクラ、グリーンスター、とまぁ色々ありますが、エメラルドという品種を見つけたので買ってみた。

 オクラは夏バテに有効だぞ。

 ついでに隣は深谷きゅうりのB級品。スレ果ってだけです。コヤツは漬物にしました。

 オクラはというと、↓と合わせて、片栗粉加えてスープにしました。

f:id:runningwater:20210801130156j:plain

 かなりしっかりとしたお豆腐です。茨城県のだったかな?

 正重といってふと思い出したのが、楠正重。楠一族ではあるけど、正成さんの方ではないよ。そして誤字でもない。読みは同じだけれど。

 武士と言っていいのかなぁ?から刀工に転身したお人なんだよね。初代は千子村正に弟子入りした人なので、知っている人は知っているかも知らんな。

 

 枝豆は品種別に蒸した為、時間がかかった。その隙間を縫って浅漬けとサラダを作ってみたが、センスねぇな…。

f:id:runningwater:20210801132709j:plain

 味?食べられるレベルではあるよ。

 

 そして本日のお茶。

f:id:runningwater:20210801160255j:plain

 お茶は静岡の深蒸し煎茶の、水出し。

 お茶請けは東京都港区は赤坂青野さんの水まんじゅう(手前)と冷やし大福。

 

 続いて…

f:id:runningwater:20210801160820j:plain

 福島県南会津郡は照岡屋 渡会製菓さんのがんづき。食べたのは1個。あんこは入っていないタイプ。所謂黒糖蒸しパンですな。

 

 まだ続く

f:id:runningwater:20210801161143j:plain

 お茶は同じ。

 春日井製菓さんの旨海。焼きいか味。と、三重県四日市東京堂さんのチーズケーキクラム。組み合わせについてはツッコミ不可!

 

 1度に食べる量にしては多いが、朝起きてから飲まず食わずで病院行って買い物逝ってとなれば、これくらいは当然だよな。まぁ、よう熱中症にならんで済んだと思うよ。

分かる人には分かるネタTシャツ

 見た瞬間分かった側だが、世間一般としては知名度が低いんだろうか?

f:id:runningwater:20210801162012j:plain

 それとも角度違いだから分かりにくいんだろうか…?

 

 赤と白、蝶と笹竜胆とくれば、源平以外に何がある?

 これは日本的アトリビュートとでも言おうか(←ちゃんと留守文様と書け)。

 この二氏が単色なら、残る二氏こと藤橘は淡緑と藤、黄と深緑と2色1組か?

 

 さて、まぁ本日のお茶。

f:id:runningwater:20210801162759j:plain

 シュークリームは飲み物だ!と言い切りたかったが、見た目に反して結構重かった。その分満足度も高かったがな。勿論熱量も、だ…。

生還

 渋滞に引っかかる前にってことで、お土産など一切購入せず(出来ず)無事帰宅。

 ごみ捨て、洗濯と靴の陰干しは終えたが、本格的な片づけは今週末かな。明日以降台風直撃するようだしさ。

 

 数日振りのもふもふを堪能し、筋肉痛を抱えながら明日も頑張るとしますか…!

 

すっ転びまくる

 小雪渓⇒大雪渓

 

 下りコース。

 

 ベレ氏に、「唐揚げサイズになるなよ。」と事前に忠告を受けた。

 危うくチキンステーキサイズになりかけること1回、他転ぶこと数回。

 雪渓と書いてはいるが、沢下りに泥濘に土砂流れと多彩な滑落コースを経験出来る。

 

 助けて下さった方々には感謝<(_ _)>

縦走

 栂池⇒白馬大池乗鞍岳⇒白馬岳

 

 縦走。

 

 途中で雷鳥見たよ。

 親鳥と雛4羽。うち1羽がヒョロロっと鳴きながら自分の真下まで近づいてきた。目が合って、こりんと首をかしげる姿があまりの可愛いくて、写真を撮るのを忘れた…(^▽^;)

幻の武州茶

 暑いので水出しのお茶が美味しい。カフェインあまり抽出されないしね。お湯出しでもカフェインを軽減させる方法ってあるのに、何故に知られていないんだろうか…。ついでに高温で抽出されると認識されているカテキンだが、低温でも抽出されるカテキンもあるぞ。

 

 それはさておき、本日は武州茶を飲みました。取扱店舗はあるものの、自分が飲んだのはそれではない。リンク先のお店はお菓子のレベルが高いぞ♪お茶は飲んだことないから分からんけど…。

 

 本日のお茶。

f:id:runningwater:20210718022252j:plain

 お茶は武州茶の水出し。入手経路は伏せますが、正真正銘東京都世田谷区産の武州(世田谷区、明治時代は茶畑でしたからねぇ)

 製造方法が禅茶のような製造法なので、ライトテイストではあるがちょいと不思議な味と香り。製造方法が似ているせいなのか、何となくですが似ていましたね。

 

 して、禅茶はかなり昔にたまたま彩香さんというネットショップで入手した、摘んだお茶の葉をそのまま天日で乾燥させたもの。これも珍しい物らしい。

 当時中国茶に手を出したてだったと記憶している。今でもウェブでショッピングするのを好まない自分が、何故に購入に至ったのは謎なままだが、飲んでおいて良かったと思った逸品。その証拠に半量他者にお裾分けしている。

 

 …えっと、当方美味しかったお茶でまだ量がある場合、分かる人や飲んでほしい人にお裾分けする(という名の押し付け)癖があります(;^ω^)

 

 あ、お茶請けは頂き物の鹿児島県鹿児島市は明石屋菓子店さんのかるかん。と、茨城県つくば市は菓子工房シェリココさんのミニワッフル。

 お茶に合ったのはかるかん。ミニワッフルのように口腔内の水分が吸収されるものは合わない(紅茶向けかな)。

 

 お茶その2。

f:id:runningwater:20210718025357j:plain

 お茶は知覧のあさつゆ。水出し。

 お茶請けは茨城県干し芋。品種は玉豊(たまゆたか)。全国の干し芋の8割がこの品種と言われるほど、メジャーな品種。品種が明記されていない場合、まずこれと言っても過言ではないでしょー。

 

 さつまいもと言ったら鹿児島では?と思う方も多いかと思いますが、そもそも茨城と鹿児島は干し芋の作り方が違う。茨城は蒸してから干す。鹿児島は焼いてから干す。

 形状にもよるが、手間暇や干すのに時間がかかる為、庶民っぽいおやつのようだが「高級品」(⋈◍>◡<◍)。✧♡だったりする。

 

 余談だが、食用品種と酒・加工用品種は全くの別物だ。そう、米やジャガイモと同じだ。

 

 …さて、明日は何を飲むかな?

焦げってクセになるなぁ

 鍋に焦げ癖が付くと、それって2度と取れないよなぁ…。鍋に限らず型もそうだが。

 しかし、土鍋や焼き型は古くて使い込んでいればいる程好いと云ふ。使用者や使用環境のクセも映るけどな。

 

 まだそう使い込んではいないのだが、自分がよく使うものも変なクセがついてしまった。…それとも火力を調整すれば何とかなるもんか、ねぇ?

 

 てなわけで本日のお茶。

f:id:runningwater:20210713011554j:plain

 お茶はギャラクシー農園の水出し。

 お茶請けは佐藤錦と月山錦のメープルバニラケーキ。見ての通り手作り。

 真ん中ら辺に当たる火力が強いのか、若干焦げ気味(食べられなくはない)。お弁当を作る片手間でこんなことするもんじゃあないネ。

 

 思った以上に生地がむっちりだったので(米粉含有か⁉ってなくらい)、お茶が進む進む( ̄▽ ̄)b

 

水神さん大暴れ

 …いや、大暴れっつーレベルじゃあねぇだろうよ。

 

 この雨熱波とそれに伴う山火事(約170件とか?)に見舞われているカナダに回せないもんか?などと阿呆なことを考えている。

 

 本日のお茶。

 蒸し暑かったので水出しのお茶が美味しい。 

f:id:runningwater:20210710171529j:plain

 お茶は静岡の煎茶。ちなみに商品名は「なんていい香り」。イベント出店で入手したもので、普段使いの逸品とのこと(一品ではないよ)。

 飲み易いのでがぶ飲み系。

 

 お茶請けは、右は京都府京都市寛永堂さんの愛宕の月。左は東京都世田谷区は龜屋商店さんの鮎。

 双方共にお茶に合う。どら焼きは上品、鮎はみっちり求肥

 

 それにしても、雨、どうにかならんもんかなぁ…。

こんな別れ方ありかよ⁉

 あ、実際別れてはいません。そして相手は人ではない。

 

 先日電池を入れ替えたばかりの腕時計を通勤時に落としました。一体腕時計を外で落としたのって何回目だろうね?ついでに全て同じ腕時計である。

 駅構内や車内における忘れ物・落とし物のチャットを使用したら、該当するとのことだったので届けられた駅に往ってみた。

 

 既述通り、再会することと相成った。

 かれこれ人生の7割近い時を共に歩んできた。これで動かなくなったら、時計としては終わりを迎える。そういった存在だった。タイトルは失くしたと気が付いた時の心の叫び。

 物語を繋げて下さった方には大いに感謝しますm(_ _)m

 

 本日のお茶、と言いたいところだが、安堵感故に力尽きました( ̄▽ ̄;)ハハ…