昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

善人に政治家は務まらぬとは雖も、誅鋤したく思う昨今

 日露の平和条約の話し合いが持たれようとしているが、こういう言い方をするのもなんだが、何で泥棒に追い銭しなきゃならんのだ?二次大戦の結果は、ソヴィエトが一方的に約定を破棄して北方領土を火事場泥棒をして分捕ったに過ぎない。これが事実であって全て。

 日本の外務省のトモガラも、仕事を増やすのが嫌なら、何でさっさとケリをつけなかったんだ?内部洗浄と浚渫が必要なのだろうなぁ。何でも日本人や日本の国益のために働けば働くほど左遷されるような組織だからね、外務省は。揺ぎ無い事実だよ、コレは。

 

 今学校でどう習うか知らんが、時間が足らんとか、受験に役に立たんとかで教えていないか選択していないんだろうな。自分は高校は日本史・世界史共に必修で地理が選択だった。とはいえ、自分は身近に実体験者がいたから知っているだけ。

 「問題はあっても沖縄は返還された。何が不満だっていうの?自分達は見えていても帰る事すら出来ないのに。」と言っていた方が居りましたが、その方は沖縄が唯一戦場になったということに対しても不満を言っていましたね。千島は日本じゃあないのかと。

 確かに占守(シムシュ)島の戦いだって、島の場所すら知らん人が多いんじゃね?千島列島における戦闘の中で最も知名度があるのだが…。

 

 当事者から聞いた話はここまでにするとして、何か日本の周辺って約束を守れないことに加えて、嘘も百回つけば真実になると信じて疑わない国が多くないか?

 まー第三者的な立ち位置からすると似たようなもんかも知らんが、どっかのK国のようにこの先どうするつもりなんだろうかねぇ?という末期症状の国もあるし。証拠出せっつ―からそれに応じたら逆切れするって、脳のどっかに異状が発生していないか?何かね、痴呆症を相手にしている気分なんだが。

 

 一市民というほど御大層なものではないが、自分が出来る事ってなんなんだろーかねぇ?

 

 本日のお茶。

f:id:runningwater:20190116015234j:plain

 スコティッシュティー・タイムのミルクだが、ミルク入れ過ぎて乳飲料になっちまったい。

 お茶請けは見ての通り。今日は苺の日だから。 

ようやく上げられた

 1日のブログに、ようやくイラスト上げられた。言い訳盛沢山♪そりゃー年に1度しか描いてなきゃ、あーグダグダになりもするわな。

 

 今日は↓なもん作ってました。

f:id:runningwater:20190112185259j:plain

 栗きんとん応用のパイ。

 

 これから夕飯の支度です。メニューはポトフ。その後習い事(水泳)行ってきます。どちらかっつーと逝ってきますってな感じだが。

初心者ってのは「どのくらい」のレベル?

 今週のお題「ブログ初心者に贈る言葉」。

 

 消滅したけど、前のブログは11年。ここで始めて5年になる。年数としては結構書いている方だと思うが、未だに初心者だと思っている。パソコンも小学生になってからやり始めたが、未だによく分からんしさ。

 で、今のところ訪問者0というのはないが、特に誰かを意識して書いているわけではない。

 

 義務ではない。

 

 これを念頭に置いておく。ですかね?

 備忘録的に使うも、苦しいことを吐き出すのも、批評を書くのも自由。あ、当たり前だがこれも付け加えておく。

 

 画面の向こうには価値観が似たような、又異なる生身の人間がいる。

 自由には責任が必ずついて回る。

 

 ということを忘れずに。

 あと、中にはいますよ。攻撃的な人。執拗に攻撃的な人だったら、攻撃された箇所をプリントアウトするなり保存するなりして、しっかり証拠を残しておくことですね。

 もしブログで稼ごうとしているのなら、きちんと学んでから書くことが一番だと思う。

 以上。

 

 本日は新年会だったが為、お茶はしていません。

 

 

そうだ。京都に行こう。的なノリで

 タイトルの日本語壊れてますな。

 で、昨晩冷蔵庫を見たら、賞味期限切れの未開封の生クリーム(47%)があることが判明。

 捨てるのも環境負荷凄そうだしなー。ってなことで、それを消費することに…。

 

 22時半。チーズケーキ作製開始。

 

 焼き上がったのは0時5分です。

 しかもなー、18㎝の型がないからってんでパウンドケーキの型を使うという暴挙。円(柱)の体積を求める式をざっくし、それこそ3.14を3にして計算したが、そう心配しなくて良かったようだ。

 たーだーし、最後天火に入れる前に空気抜くのを忘れて、焼き上がりが無残になりました。

f:id:runningwater:20190113033937j:plain

 しかも硫酸紙きっちり折っていなかったようで、端が凄いことに…!

 

 なので、本日のお茶請けは闇料理人手製のチーズケーキ。

f:id:runningwater:20190113034035j:plain

 お茶はダージリンのシンガンパティ農園の。

 味?初めてにしちゃ上出来。つーか、ただ混ぜて焼くだけなのに失敗するっつたら、相当悲惨な腕前だぞ。

馥郁と

 年末から蝋梅が咲いて香っていましたが、葉が全て落ち切らない中咲いていたので目立たなかった。
 だが、この寒さで葉がほとんど落ち、青空によく映える黄色い花が枝を染めているのを見受けました。

 

 自宅の鉢の白梅も、徐々に蕾を膨らませて、そろそろ綻びそうなのを見つけました。

 

 …やはり梅の香りは好いねぇ。今年は見に行けるか分からんが、去年は高尾梅郷2回ともフライング、深大寺植物公園と越生梅郷は少し早く、百草園には行けずという状況だったことに加え、去年冬は暖かかったので散るのがとても早かった。

 

 今年はどうなるだろうか…。

新年早々圧力耐久試験ですか

 本日仕事始めなり。

 んーで、タイトル通りだ。駅員補助員3人掛かりで電車に押し込まれました。押し込まれるくらいなら諦めて1本見送ればいいのだが、ぎりぎりに近い状態で動いているので、その選択肢はない。

 余裕を持って行動するということとは無縁です。ダメ人間だからね。自慢にもなりゃしないが。しかも切羽詰まった時に瞠目するほどの真面目(しんめんもく)を呈する事が出来れば良いのだが、それもない。

 

 幾許か矜持はあるはずだが、自信など持たずに地味に目立たなく平凡に生きていければいいなぁと思っている。目立つとろくなことがない。

 

 本日は七草粥を食べるはずだったのだが、ちょみちょみ残っているお節などを片しておりました。本来なら二十日正月までにどうにかすべきなんだが、今のお節って昔とは違うので、そこまで悠長に食べていられません。

 して、本日のお茶。

f:id:runningwater:20190108015512j:plain

 お茶は古山赤葉。

 お茶請けは台灣の芒果酥。食べたのは2個。小さい割には熱量かなり高いので。

 無論相性は良い。

天候に恵まれず

 小寒だからって、いきなり寒くなることないじゃぁーないかーっ!

 新月にして一粒万倍日にして、全国的に部分日食が見られると。まー期待していたわけですが、生憎天候に恵まれなかったので不貞腐れて即行寝ました。粘れば良かったかもなー。ついでに次に目を覚ましたのは14時過ぎだ。

 

 その後ばたばた色々あったのだが、それは割愛して本日のお茶。

f:id:runningwater:20190108013627j:plain

 お茶は抹茶黒豆玄米茶。

 お茶請けは母提供の島根県松江市は福田屋さんの縁結びどら焼き。

 おみくじ付きで、大吉でした。

お節料理を再加工なんぞしてみる

 闇料理人出動♪

 何やったかというと、八つ頭の再加工。

①すりおろす。

②①を裏漉す。

③だしを加えてよく混ぜる。ごく僅かに味噌を加えても良い。

④適当な野菜を下茹でする。

⑤下茹でした野菜に火が通ったら、湯切りをして③の中に入れる。

⑥沸騰直前まで火入れをする。

 これが手順。

 自分が入れたのは聖護院大根と人参と忘れられていた焼き豆腐。個人的には蒟蒻が欲しかった。

 

 黒豆はお汁粉に加工出来るし、栗きんとんはパイに加工出来るし、栗を除いてきんとんだけをフライパンで薄ーく焼いてもいい。酢蓮やナマスはサラダに再加工出来る。

 餅は小さく切って揚げ餅にしてもいいね。うどんのトッピングに程好いのだよ。小さなスティック状に切って、同じ大きさのチーズと一緒に海苔でラッピングして揚げてもいいし。

 辛い鍋の中に入れてしまうのも手らしい。

 

 して、本日のお茶。

f:id:runningwater:20190106030008j:plain

 お茶は臺灣(たいわん)のエメラルド紅茶。老叢とあり、超過一甲子とあったので樹齢は60年以上のようだ。

 お茶請けは、台湾のお土産の鳳梨酥。と、池袋は某所のシュトーレン

 お茶はティーバッグのなのだが、改めて考えたら1個当たりの単価が結構高くて驚いた。

 

 お茶その2。

f:id:runningwater:20190106030843j:plain

 お茶はダージリンブレンドの1stフラッシュ。

 お茶請けは麿さんから頂いた苺と、ベレ氏から頂いた飲み物化したサブレ。双方御馳走様でした<(_ _)> 

天気が良いので

 年末にちょっとマテ( ̄▽ ̄;)ってなくらいにお金を使ったので、このままだと定期代出せねぇー!!ってなことで、折角の休日でありながら美術館行きを自粛しています。

 交通費なんて支給されませんよ?ついでに年間の交通費は月給に相当しますけど、ナニか?(月によっては月給以上に相当)ですが、心身共にちょっと問題を抱えている以上、働き口があるだけましです。

 

 本日は暖かかったので寝正月を満喫しておりました。起きた後は天気がいいので掃除や洗濯及び鉱物の撮影、お茶請け製作しとりました。

 でーは、鉱物画像をどうぞ。全て12月に池袋のショーで購入したもの達です。

 

f:id:runningwater:20190105024349j:plain

 水晶柱。産地は不明。

 

f:id:runningwater:20190105024430j:plain

 台座は外せないタイプ。

 

f:id:runningwater:20190105024509j:plain

 虹入り。

 

f:id:runningwater:20190105024526j:plain

 見辛いけど山入り。

 

f:id:runningwater:20190105024608j:plain

 結晶が綺麗に整っている。何で売れ残っていたのか不思議。

 

f:id:runningwater:20190105024828j:plain

 インド産の魚眼石+スティルバイト。

 

f:id:runningwater:20190105024931j:plain

 透明度は高い。

 

f:id:runningwater:20190105025005j:plain

 左の赤い点を拡大してみた。

 

f:id:runningwater:20190105025104j:plain

 なかなかぼりゅーみぃ。

 

f:id:runningwater:20190105025209j:plain

 煌々しい。

 

f:id:runningwater:20190105025248j:plain

 虹も入っている。

 ここの店舗ではこの他にイエロースティルバイトも購入した。

 

f:id:runningwater:20190105025817j:plain

 これはなんでしょー?

 

f:id:runningwater:20190105025950j:plain

 当てられたので折れた欠片を頂いた。

 

f:id:runningwater:20190105030044j:plain

 ちょっとレトロな加工を施してみた。

 

f:id:runningwater:20190105030029j:plain

 ポーランド産だよ。正解はこちら

 

f:id:runningwater:20190105030405j:plain

 これで最後。英国のダイアナ-マリア鉱山の蛍石。人工光の下で撮影。

 

f:id:runningwater:20190105030503j:plain

 いい天気でした。

 

f:id:runningwater:20190105030547j:plain

 太陽光の下で撮影。

 

f:id:runningwater:20190105030618j:plain

 エッジ(端っこ)が青く見えるのは、太陽光に含まれている紫外線に反応しているから。

 

f:id:runningwater:20190105030715j:plain

 左側をアップ。

 

f:id:runningwater:20190105030803j:plain

 反応を示していないのが普通ともいえる。

 

f:id:runningwater:20190105030848j:plain

 強蛍光性タイプ。

 

f:id:runningwater:20190105030948j:plain

 同じ個所に人工のBLを照射すると、下のようになる。

 

f:id:runningwater:20190105031052j:plain

 いくらBLが青いっても、ここまで青くはならんよ。それに最近青くないタイプのBLも販売されている。まだ持っていないけど。

 ちなみに長波。中波と短波が出るBL、最近調子が悪いので使っていない。ちゃんとしたの買わなきゃダメだろうかな…?

 

 鉱物画像は以上。

 これらの他にイリュージョンサンストーンとブルーサンストーン他も撮影していました。

 

 本日のお茶。

f:id:runningwater:20190105031457j:plain

 ユニオンジャックというブレンドティーのミルクティー

 お茶請けはレーズンを練りこんで焼いてみたホットケーキ。レーズンは枝付きのものを三日三晩ワインに浸したもの。

f:id:runningwater:20190105031633j:plain

 ↑使ったワイン。カナダ産の林檎のアイスワイン

 年末掃除したら出てきた。結構年月が経過していると思しい。正月に開けてみたのだが、アルコールが駄目な自分は二口呑んで降参した。

 漬ける分だけ確保して提供した。

 

 お茶その2。

f:id:runningwater:20190105032015j:plain

 お茶はニルギリはカイルベッタ茶園のウィンターフロスト。

 お茶請けはベレ氏から頂いたチョコシガー。御馳走様でした♪