昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

人の事言えないだろうに

 ちょっとまた亡猫話で申し訳ない。  思い込みなのかもしれないが、もうこの際思い込みしておいて欲しいと思う。  最近の妹猫・桜の状況から分かったこと⇒文太の最期を看取っていたらしい。  丁度文太が亡くなっていた場所(緑の座布団)から斜め45°に橙色の座布団があるのだが、そこに箱座りに近いが足が出たままの状態で、じぃーっと緑色の座布団を見つめることが幾度かあった。  これは母から聞いたのだが、夜中の2時~2時半の間に文太の骨壷に向かって(悲しそうに)呼びかけるが如く鳴き続ける。のだそうだ。  あと、最後に文太が安置されていた場所をうろうろすることも多いとか・・・・。  母猫の胎内にいた時から殆ど離れたことはないので、今はまだ元気だが、これを境に桜まで弱っていったらどうしよう。と家族全員本気で心配している。深刻なペットロスに陥っていないのは、桜の存在が物凄く大きいしね。  して、例の如く母の落ち込みようが尋常ではない。  自分が過去に敬愛している方を亡くした時、母は「いつまでも死んだ人のことを考えるな。」と言ったが、同じことを言ってやりたいと思ったよ。  猫は15年間毎日顔を付き合わせていたからそりゃ思入れ深いだろう。とても懐いていたし。自分の場合は半年に届きもせず、会った回数もせいぜい三十を超えていればいい程度なのだから(話した回数はもっと少ない)、比べるべくもないだろうけれど、悲しみの深さや悲しみ方やそこからの立ち直り方なんて、人の性質によるのだから受け止められないのなら放っておいて貰いたかったよ。まして当時つい先日まで小学生だったのだから、死に対する感情の処理の仕方が分からなくても当然だろうに。  閑話休題。  本日のお茶。  お茶は麿さんリクエストのウィッタードのミルクティー。  お茶請けは茨城県のどら焼き専門店、志ち乃さんの守谷限定・守谷カスタード。美味♪Sさんご馳走様でした!!  過去に1度だけ食べたことがあるのだが、菓子栞を見たら思っていた以上に種類が多くて瞠目した。  ・・・・・・あ、今日は義士祭だっけか。

そろそろ

 鉱物画像をアップしたいと思っているのだが、出来るだろうかね?このPCからはブログも画像もアップ出来ないので。

 

 本日お茶はしていない。

 風呂の中で寝てしまったという事に加え、いつもの如く何もやりゃしない父兄に腹を立てていたので、桜に慰めてもらっていたということもあり、以下略。

 第三者達から「不良債権」と言われるだけはあるよ。全く。

今は兎に角

 寝ていたい。

 兎に角ミスは多いわ、気力は殺(そ)がれるわ以下略。週末に回復する予定が出来ないで、翌週に疲れを引きずっている所為もあるんだろうけれどな。

 

 それにしても色々としんどい。

 

 よって、お茶とお茶請けがエライコトニ…

f:id:runningwater:20171213015622j:plain

 お茶請けは母から頂いた一口団子。文太のところからの下がりもの。

 お茶というか、飲み物は↓。

f:id:runningwater:20171213015633j:plain

本能的に分かっているのだろうか?

 引き続きの話で申し訳ないが、姿形は変わっても、そこに居るというのは判るのだろうか?と思った。

 

 どういうことかというと、麿さんが話してくれたことなのだが、今朝桜が文太の骨壷にすりすりした後、その前にちょこなんと座ってじっとしていたそうだ。

 そして暫くした後、いつも文太が麿さんを起こしている時間に、真似するかの如く同じ動作をしてきたとのこと。

 

 文太がいた時は桜は同じ空間にいることがないので、その動作方法などは知らないはずだとも言っていた。まだ初七日過ぎていないので、残留思念が濃厚というのか引継ぎ作業の最中なのか、なんだか不思議な感覚である。

 

 あまりに家族がダメージを食らっているのが気になって、ルーン・リーディングをしてみた。そしたら結果は『経験に耐え、それをより理解する事によって意識を改めることに繋がる。』とあった。

 あ、今年も毎年恒例の来年の運勢をルーンで占うってのをやります。当たっているかどうかは別として、またこやつは何かやってる。くらいの読み流しをしていただければ幸いかと。

 

 本日のお茶。

f:id:runningwater:20171212015707j:plain

 お茶はシッキム。ここにはテミ茶園しかないので、特に明記する必要はないかと(←って、書いてんじゃん)。

 お茶請けは広島県タカキベーカリーさんのレモンのケーキ。

 

 そう甘くなく、ピールがたっぷりなので食べであり。画像は二切れだが、実際に食べたのは一切れ。

 途中麿さんが掠め取っていった・・・・。オマエさんの分は冷蔵庫にある言うたのに(出すの面倒くさいからQちゃんのを代わりに食べてあげるの。だと・・・・!!)。

家族全員ステータス異常

 いわずもがな。

 母が一番ダメージ喰っている気がする。次が麿さんか?尤も悲しみの深さに順位をつけること自体がおこがましいが。

 

 今まで動物の死に一番接触している父が、今回感情のやり場をなくしていて、この現実を受け止めきれないでいる。

 

 で、本日母方の祖母が入っている祖母の施設で12月生まれの誕生会がありました。

 今年の出席者は母と自分。前の年は麿さんと自分。前の年はうちだけ。今回はうちと二組だったのだが、もう一組の方は入院してしまったので、うちだけ。

 

 祖母はとても元気そうだった。つーか、祖母が入っている施設の人達はご長寿さんが多い。100歳超をしている人達からすれば、祖母はまだまだ小童・小娘の領域・・・・・・(それ考えるとすげーな)。

 

 祖母には文太のことは話さなかったが、そういったことには聡い人だから、何か感じてはいたと思う。いつもとは違っていた部分あったしね。

 ついでに文太は母同様、祖母にも非常に懐いていた。父方の祖母に対しては全くそんなことはなかったのだが。

 

 帰りは紀ノ国屋本店に寄って、二人して自分の読みたい本を購入して帰りました(←・・・・部屋の掃除しなきゃならんのに、本増やしてどーするよ!?)

 

 本日のお茶。

f:id:runningwater:20171210235705j:plain

 お茶は美作番茶(ラスト)。

 お茶請けは母から。熊本の童謡銘菓。

渡り、始め。

 ・・・・抜けるような天気というのは今日のようなことを言うのだな。

 

 本日未明 我が家の兄猫・文太があちら側に鹿島発ちました。

 推定年齢 15歳4ヶ月。

 死亡推定時刻は2時~3時頃。

 死亡原因は胆汁嘔吐に伴う気道閉塞による窒息死かと。

 

  これを書いている現在、既に荼毘は済ませました。骨壷は仏壇の前に安置しています。

 

 面倒見がよく、寛容で忍耐強い。比較的迷惑を掛けることを嫌った。猫らしくない性格。これは獣医さんも認めるところ。

 最期は排泄などを全て済ませて、誰にも知られることなく座布団の上で冷たくなっていたそうだ。

 

 第一発見者は麿さん。発見時間は4時(この時間に声と突っつきでご飯を強請られていた)。発見の状態は伏せておく。

 医者に連れて行くことは主に麿さんがやっており、今回の遺体の安置、冷蔵処置から業者の手配まで6時には済ませていたようだ。自分は7時前に寝床で母に知らされた。

 

 夏に少しずつ体重が落ちて、夏バテだと思ってそう深く考えていなかった。

 明らかにおかしいと思ったのが9月の終わり。  どんどん痩せていって、かつて過去最大8kgを誇った体重は最終的に1/4近くまで落ち込んだ。本来だったら動くこともままならないが、それでも生き続けたのは血の繋がった妹猫の桜の存在が大きかった。

 前日まではとても元気だった。最後の気力を振り絞っていたんだなと後で分かった。

 

 母の鞄の鎖が不自然に切れていた事、自分の勾玉の首飾りの革紐が突然切れた事、普段携帯で写真なんか撮らない父が突然夜中に文太を撮影したこと(死の2時間くらい前)、勝手な思い込みかもしれないが、兆しだったのかもしれない。

 

 麿さんにもだが、文太には本当に有難うと言いたい。そして桜にも。

 あと、遺体は当日荼毘に付した。

 業者さん曰く、とても白い骨がしっかりと残っていたそうだ。

 

 寝不足と食欲不振が重なり、更にこのダメージ。しかしながらいつものことをいつもの如く過ごすように努めた。鉱物写真撮って、お茶して習い事行って・・・・。そうでもしていないと灰死してしまいそうで・・・・・・。

 大好きな存在と死別という形で別たれるのはこれで2度目だが、1度目のダメージがあまりにでか過ぎた為、今回の感情の処理はある程度上手くいった。と思いたい。最終的にどうなるかは分からないが。

 

 お茶は幾度もしているが、今日は張らないでおく。

何でピンポイントアタック!?

 本日は快晴。土曜日も快晴の予報。しかし明日は雨。さぼたーじゅ決行なのだが・・・・。

 や、休むなってことですかぁー?

 

 それはともかく、ここのところ前後の天気は良いが1日だけ悪いという日が多いような気がする。どういったわけでそんなになるんだか。

 どういったわけといえば、12年振りに黒潮の蛇行が起きているそうだが、今回は大蛇行らしい。蛇行すると寒くなるようなのだが雪は降るのかねぇ?降雪地域ではないので公共交通機関は耐雪性が弱いのだ。

 

 じゃ、まあ、本日のお茶。

f:id:runningwater:20171208053524j:plain

 お茶はバングラのミルクティー。濃い目に淹れたはずなのにそう感じないということは、寒くて味覚の感度が落ちているんだろうか。

 お茶請けはシャルウィ?のキャラメル味。なんか舌にぴりぴりくるな+違和感あるなと思って原材料を見たら、シナモンが入っていた。違和感の原因は普段食べないナッツが入っていた所為。

 

 実際食べたのは2枚だけ。小さいが、バター含有量が実に3割なので重いのですよ。

 

・・・・あ、今日は大雪か。

敢えてレッドラインを越える意図は何だ?

 聖域なんてそんな御大層なものではない。どちらかと言わんでも不可触領域という表現に落ち着くエルサレム(イェルシャライム)だが、アメリカの大統領がイスラエルの首都と承認し、大使館を商都テルアビブから移転するとかのたもうた。

 

 詳しく説明できるような技量も情報量なんぞ持ち合わせてはおらぬので、このニュースを知った時の感想をば書くと⇒(トランプは)よく分からない男だ。というのが一つ。

 もう一つは「お支払いは誰に何で払わせるつもりだ?」である。

 

 支払いが足りればいいが、これ、焦げ付いたらどうするつもりなんだろうか?

 公約に掲げていたのは知っている。そして歴代大統領も公約に上げておきながら半年単位(だったか?)で延期していたのも一応は知っている。一気に加速したわけだ。

 悪い方向に向かなければいいのだが、どう考えても無理だと思う。少なくとも世界中に行く余波は大きいだろう。

 

 全世界をゲームフィールドにして、再び大規模な宗教戦争を始めるつもりなのか?

 ユダヤ教の超派、キリスト教福音派イスラム教の過激派なんてーのが絡んだら、もうそれこそ問題を解決するに当たっては人類を滅ぼした方が早いんじゃね?と思えてしまう。こっちからするといい迷惑どころの話じゃあない。俎上の肉、釜中の魚。とんでもない側杖だ。

 ・・・・宗教が集凶と言われる所以だよな。

 

 あ、あとこれは別に上記とは関係ないと思うのだが、気になったので露(あら)わしておく。

 漣(さざなみ)というのか、細かい震撼というのか、そんな映像を伴うヴィジョン(比較的長め)を視た。色が橙色っぽかったので、なーんか人災が主原因で何か起きそうな気がするんだが。

 何事もなければいいのだが、どうも何か引っかかる。

 自分以外にも何かキャッチした人はいるかねぇ・・・・・・?それとも疲れているのか。

 

 溜め息をつきつつ、本日のお茶。

 お茶は今年の潅仏会に作られた、アッサムのアーリーセカンド。ちょっと薄め。

f:id:runningwater:20171207021046j:plain

 お茶請けはオールチョコレートコーティングのエリーゼ。美味しいが、手が温かい人達にとっては食べにくいお菓子。

 キラズはPR通りなので問題はないのだが、お茶を持った後には食べられない(←当たり前だ!そこまで冷え込んで堪るか!!)

 

  ブルボンはりぃずなぶるでお茶に合うお菓子が多い。

さて・・・・

 先日購入した鉱物の写真を撮りたいが、晴れる日は来るんだろうかな?それ以前に時間が取れない。ついでに今使っているPCからブログに写真も文章も投稿出来ないんだよね。

 

 ま、それはおいおいどうにかするとして、現在今年は無事に終えられるんだろうか?と思っている。  

 

 うちにいる兄妹猫のうち、兄猫の体調が頗る芳しくない。麿さんが一生懸命対策を講じているが、功を成すか否かで言うと否の可能性が高い。

 獣医さんによる余命宣告はもって今年中。

 

  自分は死に関して、冷たいとか非情だとか無関心だとか、言われることはある。現実に対してなるべく感情を寄り添わせないようにしているせいだからだろうと思うのだが、それって悪いことなんだろうか?

 自分にとって前例があるからそうしているに過ぎないんだが、やはり見る人からすると現実逃避しているに過ぎんのだろうね。

 

 本日のお茶。

f:id:runningwater:20171206021731j:plain

 ・・・・お茶じゃあないですね。

 さっきまで換気扇掃除しており、まだ使える状態ではないのでこういった選択をしたまで。

 年末だから換気扇掃除をしているわけではなく、換気扇についているお手入れランプとやらが「綺麗にしろや。」と光で知らせてやっているので対処したまで。

 

  そう量が飲めないので、250mlがどうにか1度に飲める量。缶入りの500mlなんて自分にとっちゃあ罰ゲーム以外のなにものでもない。 

どーにかならんもんかなぁ

 今年最後の満月だってーのに、雨!どうにかならんもんか・・・・。

 なりませんね、はい。

 

 タイトルの「どーにかならんもんかなぁ」はそれではなく、缶詰のパッケージについてだ↓。

f:id:runningwater:20171206021532j:plain

 今が生の旬であり、確かにそう見える。そう見えるのだが、せめて側面のように写真にするとか出来なかったんだろか?  煮付けると美味しいんだよ。それは認める。ただ、それはどうよ?食欲失せるんですが。

 

 あ、開けるとこんな↓。

f:id:runningwater:20171206021545j:plain
  お弁当に使用。酒のあてにしても良いそうだが、そう味付けが濃いわけではないのでお弁当のおかずとして使える。中身を取り出した残り汁はご飯にかけて食べるのがベストかと。

 食べたかったんだけれどね。麿さんに食べられました・・・・しくしく。

 

 本日のお茶。

f:id:runningwater:20171206021600j:plain

 麿さんリクエストのミルクティー。茶葉はウィッタードの。

 お茶請けは京都府京都市は吉祥菓寮さんの京都ショコラ大福。

 8個入りだったので、半分は麿さんのところへ。そして不粋なやり方で盛ってみた。

f:id:runningwater:20171206021609j:plain

 ・・・・・・センスねぇな。