昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

南関東は台風一過したものの

 これだけ広域にレベル5発動したのは初めてだろうな。うちはにゃんこがおるので避難所には行けない。

 それはともかく、少しでも被害が軽微であればいいが。

 

 して、自分は例にもれずぐったりしている。ついでに以下は愚痴だ。

続きを読む

どの程度のことを運動というんだろうか?

今週のお題「運動不足」。

 

 運動、確かに足らんな。

 毎日駅ないし家まで軽くランニング(1㎞ちょっと)、週に1度1時間半(800m~1500m)くらい泳いでいる程度。後たまに山登りをするため毎日ゆっくりスクワット(10~20回くらい)。登山者の体力レベルに直すと中の上と評された。技術レベルは初心者だけどな。

 やり過ぎると害が出るが、そもそもやりすぎの域に到達していない。

 

 疲れるから運動するのが嫌いとかいうのがいるが、疲れるほどしているのなら量を調整するとかしないんだろうか?それとも体力そのもの自体がないんだろうか?

 学校の体育の授業程度で疲れるからとか言っているレベルだったら、将来的に寝たきりになる率が高くなるとか。成長期や20代に不必要なダイエットなんてしていたら、多分50代に入る頃には歩くことすらままならない可能性も出てくるわな。

 

 基本インドア派なので積極的に外に出ませんが、出来るだけ動くようには心掛けている。

 健康の為なんかじゃあないよ?動かないとごはんが美味しくないからだ!これが全て。

 

 9月の3連休も天候やら何やらで外に出なかったが、動かないとごはんを食べなくなるため、絶食ダイエット状態。加えてごはんを食べないだけじゃあなく、水分摂取まで控えてしまうので、身体に悪いことこの上ない。…即身仏準備かよ(←漆飲んでないじゃん)。

 

 お題は以上にて候。

 

 まだ多少出血はあるものの、それなりに治まってきたので、本日のお茶。

f:id:runningwater:20191012011623j:plain

 お茶は16年だったかな?のダージリン1stフラッシュはタルボ茶園のムーンストーン

 お茶請けは東京都調布市の焼き菓子屋さん(店名忘れた(^▽^;))の黒イチジクとビールのケーキ。

 場所が深大寺なので、深大寺ビール?などと思っているが真相は知れじ。ビール酵母独特の匂いはないので食べやすい。

 もう一つは和歌山県西牟婁郡は鈴屋さんのデラックスケーキこと、デラベール。

f:id:runningwater:20191012012210j:plain

 こんな形状。個人的には懐かし系。

 センターは白いんげん

 

 十三夜なんだが、とてもお月見どころではないな。

台風と共にヤツが繰る

 字は間違いではないですよ。

 

 ヤツ…あぁ、例のヤツさ。

 言わずもがな…

 
 低気圧症候群。


 お天気頭痛とも言われる、アレ。実際頭痛だけではないけどね。
 もうね、圧力釜があったら入りたいくらいだ。

 して、影響食って現在ぐったりしてまふ。


 お茶はしたかったが、まにゅまにゅ黄桃(さくらという品種)を食べとったんでお茶はなし。

10月の気配はドコ?

 炎症も出血も治まってきてはいるものの、やはりまだ痛い。

 

 それはいいとして、着々と近づいてくる台風19号ですが、TVにしろネットにしろ新聞にしろ天気予報を見ると微妙どころかかなりのズレが生じているので、一体どれを参考にすればいいのか分からない。
 週末予定が入っていない自分がそう思うのだから、仕事だったり予定が入っている人は更に気を揉んでいることかと思う。確実に言えるのは台風の影響があるということと雨が降るということだけだ。

 

 各国からスパコンで(?)導かれる予想進路は大体一致しているので大凡(おおよそ)それを踏襲していくのだと思われるが、15号で相当な害を被った千葉県どうなるんだろうか…。

 いずれにせよ被害が甚大にならないといいが…。


 あと天候の心配は土用入り前後ですな。秋らしい天候であればよいが、そればかりはおてんとさんのみが知ることだしな。

 

 本日寒露ではあったものの、どこがだ!?とツッコミを入れたくなるくらい暑かった!

旧暦重陽の節句

 今週の金曜日は十三夜のお月見なのだが、見事雷雨の予報が出ている。尤も十五夜さんが曇って全然見えなかったので、片見月にならんで済むが。

 

 で、来週の月曜日は体育の日にして満月。再来週は下弦にして秋土用入り。月最後の月曜日は朔日。色々寄ってますなぁ。

 

 本日のお茶。

f:id:runningwater:20191008014123j:plain

 お茶はスコティッシュティータイムのミルク。砂糖なし。

 お茶請けは長野県飯田市は戸田屋さんの栗きんとんおこげ。結構甘いので、砂糖なしミルクティーには丁度いい。原材料が栗とお砂糖だけなんで中国茶のお茶請けにも良いかと。

 メーカーによって違いはあるが、戸田屋さんのはパリパリのお煎餅系。正直そう出回る商品ではないので、栗きんとんそのものよりも手に入りにくい。あくまで栗きんとんの副産物だからね。

 

 今日は雨降って少し肌寒いので(←そりゃアンタ、半袖でハーフパンツだからだろ)、温かいお茶が美味しい。

インドネシアって蒟蒻食べるのか?

 何でそんなこと思ったのか?

 原因はこやつ↓

f:id:runningwater:20191007010314j:plain

 乾燥白滝。

 これ、インドネシア産なんですよ。

 

 コンニャク芋の原産地域の中にインドネシアはあったはず。

 日本には米を食べる前の日本人の主食である、イモ類と一緒に縄文時代に渡ってきたそうだ。実際に食べられるようになったのは仏教が日本に渡ってきてかららしい。

 日本の食に限らず、食と宗教って本当に強い結びつきがあるわな。

 蒟蒻、寒天、お茶、ほうとう、羊羹、饅頭以下略。これ全部宗教絡みで日本に馴染んだものだしな。あ、でもほうとうはどうだろう?元々唐菓子だから。しかし唐菓子って、神饌でもあったし、あるからこれも宗教絡みに含めていいんかな?

 

 日本人が思い浮かべる蒟蒻は、現在日本の他に食べられている地域は中国の南部だけらしい。麺というか、ヌードルなら兎も角食べ慣れていない人達からすると「アリエナイ」ものとのことだ。

 

 話を元に戻して、国産のでこういった物を見ないという事は、恐らく日本では栽培されていない品種で作っているのかもしれないな。

 熱湯でぐつぐつ煮てもコシを失わないし、歯応えがしっかりとしている。

 難点は原材料に水あめが使われていることくらいかな?スケソと同じで甘みを使わないと保存に向かないのだろうか?あとこれを購入している店舗でも安定供給されていないという事くらいだな。 

 

 一旦湯通しすれば甘くならずに済むかも知らんが、面倒臭がりなのでそのまま使ってしまいますね。

 うちではだし取ったお湯(取らないこともある)に入れて、ほぐれて戻ったら味付けてワカメと白イリゴマを入れてスープにしてしまう。夏なら冷やし中華にするのがオススメ。

 

 本日のお茶。

f:id:runningwater:20191007012916j:plain

 飛騨は白川茶(濃い目)。

 お茶請けは滋賀県甲賀市は紫香楽製菓本舗さんのうずくまる。

 

 お茶その2。

f:id:runningwater:20191007013304j:plain

 お茶は熟成された17年はダージリン1stフラッシュ、サマビオン茶園のもの(ラスト)。

 お茶請けは神奈川県横浜市中区はガトー・ド・ボワイヤージュさん販売、同金沢区はジャルダン・シュクレさん製造のプティ・フィナンシェ。とても身体に馴染む味だが、熱量が高い。1個当たり約30kcalある。

東京国際ミネラルフェア秋の陣は今年で最後

 会場の都合により、第2会場はナシ。で、ここの会場行われるフェアは、秋の陣は今回最後。来年の夏の陣はあるのだが、その先は会場未定。

 また聞きどころかまたまた聞きになってしまうのだが、このフェアの後にやっていたイベントで出展者とお客さんとの間でトラブルが生じ、当事者間で問題解決しなかった為の措置らしい。

 

 して、ダブった招待券は無事他の人の手に渡せました。今回は可愛らしいお嬢さん。自分、めっさ不審者だったであろうな(苦笑)。だってなぁ、ハープパンツはいてメタル系のシャツ着てたんだぞ?怪しいだろうが!

 ちなみにそのシャツのおかげで?会場内うろついていた時に後ろから知り合いの業者さんに声かけられました。パンツがハーフで髪上げていていつもと違っていたから一瞬分からなかったけど、動きで分かったらしい。…そんなに特徴あるか?自分。

 

 相変わらず予備弾倉に手を付けて、うぎゃっ!!てなことになった。まーそれでも良い物買えました。特に「♪」となったのが、インディコトルマリン

 3点購入。小さくて薄い原石なのだが、いずれもグラデーションになっており、結晶構造も変に欠けていないので購入決定。うち1本は同じインディゴでも色が濃くて紫がかっている。

 トルマリンは色も品質も本当に様々だが、それが故に鉱物初心者さんにも手が出し易い鉱物ともいえる。原石だと結晶構造も目で見て分かり易いしね。

 

 今回買ったものの中には、和菓子のアジサイを思わせるような優しい色合いのフローライトもある。そこでもトルマリンを買ったのだが、ぼんやりとした灰色と緑のバイカラーでカリフォルニア産。結晶もしっかりしているのだが、見た目の問題ないのか1千円だった。

 そこのお店の方とも顔見知りなのだが、柔らかいとか優しそうとかほにゃんとしたイメージを持たれているようで、「貴方らしいのを選んだわね。」と言われてしまった(;^ω^)う~ん、何か間違っているような…。

 

 あと他のところで蛍光カルサイトを買ったのだが、そのカルサイトの見た目が見た目だったが為に、「目玉の親父のお買い上げ有難うございまーす♪」と言われた(笑)。これは買い付けの方もそうだが、研磨者のセンスに拍手したい。

 目玉系は物っ凄ぉーいリアルなものもあるが、個人的にはそういったものは却下したい。

 

 今回普段なら買いもしないものも何故か購入。しかも、この値段でこのクォリティーならとっくに売れているだろう?てなものだった。こっちからすると目が合っちまったいだったので、呼ばれていたんかなぁ?と思った。

 一つがパキスタン産のトパーズ。そしてもう一つが青翡翠とラヴェンダー翡翠。よりによって糸魚川の入コン沢ときたもんだ(前者後者ともにツッコミ不可!)

 

 まーこんなんだったが為に、かなりお金を使った感覚はある。ただ、元々予算そのものを削っていたので、総額計算するといつもとそう変わらない…。いいのかそんなんで?とセルフツッコミはしておく。

 

 時間が取れるかどうかは不明だが、救いようのない腕でまた写真をアップ出来たらなぁと考えている。

 

 本日はお茶はしていないが、兄上が夕飯を作っている背後で牛乳とどら焼き食べてました。BGMは兄上の料理解説( ̄▽ ̄)ρ

今年は収穫高はまずまずだが品質が…とのことらしい

 お題は米!

 過去からブログ見ている方は、如何にこやつ(キラズ)が米に関してアホなことをやっているかお分かりかと。地方に行った時によく米背負って帰ってきているしな。

 

 まー、いいや。

 正直コシヒカリは好きじゃあない。ブランドだから、高いから美味しいという事はないしね。どちらかというとあっさり目のお米が好きだしな。

 

 して、一般的な品種で推しのものはササニシキきらら397ななつぼし

 ご当地米系なら、つきあかり、龍の瞳ですかね。

 

 あとは水晶米。所謂ブレンド米で毎年味が違うのだが、中にはなんじゃこりゃ!?という物凄い自分好みの味があったりする。ついでに2度と会えない( ̄▽ ̄)v

 

 食べてみたいお米としては、だて正夢、星空舞、一番星、ハツシモ、ほほほのほ、ゴロピカリなどって、全部ご当地米かよ!

 正直言うと、品種登録されているとされている500種類のお米を全て単一品種で食べてみたい(←マテ)。

 

 お題は以上。

 あと、本日のお茶。

f:id:runningwater:20191005021236j:plain

 お茶は17年はダージリン1stフラッシュ、タルボ茶園のもの。ちなみに濃いめでかつ生温くしている。

 お茶請けは右のは東京都新宿区は讃岐屋さんの葡萄求肥餅。どら焼きの方は結局食べられなかった。

 

 何故かというと、まだ頬の炎症が治っておらず口が開けられないから。なので、餅も流し込んでいる。そうまでする理由はただ一つ。1度の食事の量が少ないので、おなかが空くんです。

パナソニック炊飯器「Wおどり炊き」×はてなブログ特別お題キャンペーン #わたしの推し米

パナソニック炊飯器「Wおどり炊き」×はてなブログ特別お題キャンペーン
by パナソニック