昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

どんどん過ぎ去ってゆくな

 随っ分昔に書いた文章ですが、 Sound the funeral knell. and・・・・・・ Run through to all parts of the globe. In Gods good time go the way of all flesh. Fear of death is worse than death itself. but・・・・・・ He that fears death lives not.  上記訳 弔鐘を鳴らし、世界中にその音を響かせろ。 時到らば、生命ある者全ての行く道を辿ることになる。 無常の鬼が身を責むる。 しかしそれを恐れて生きていくことなど出来はしないのだ。  その恐れとやらの密度が増したとは思えない。確実に老いているのに。  それ即ち平和って事なんだろうか・・・・?  本日のお茶。  お茶は17年ダージリン1stフラッシュ、シーヨック茶園のもの。  お茶請けは広島県尾道市は島ごころさんのネーブルオレンジケーキ。

嫌な感覚

 疑惑が徐々に確信に変わりつつある、その瞬きするような隙間の時間は、嫌いな感覚。

 

 正夢かヴィジョンかそれとも誰かの記憶と繋がったのか、大地震に遭って恐怖で半泣きしながら飛び起きる映像を受け取った。

 感覚に残された時間の記憶としては、誰かの記憶である可能性が高い。

 

 して、本日のお茶。

f:id:runningwater:20180119014906j:plain

 お茶は17年はダージリン1stフラッシュ、キャッスルトン茶園。

 お茶請けは群馬県高崎市はスリースター製菓さんのレーズンサンド。と、森永のエンゼルパイ。黒胡麻団子味。

 

 黒胡麻団子。それはかつて、訪問歯科医の先生に付けられた桜のあだ名。麿さん曰く、助手のお姉さんが二人いたそうなのだが、双方からめっさツッコミされていたとの事。

 

 勿論当時は文太もいた。ベットの縁に量の前足を掛けて、診療をじっと見守っていた。ちなみに患者は母方の祖母。

ブルー、ブラッド、準スーパー

 はい、後ろにつくのは全てムーンですね。

 

 一月に二回満月があることをブルームーン。熟語としては滅多に無いという意味。

 ブラッドムーンは皆既月食のこと。ストロベリームーンも赤い月のことを指すのだが、一体違いは何だ?

 そして準スーパームーンは、スーパームーンに及ばないもののそれに順ずるもの。

 

 と、まぁ、トリプル天体ショーが今月末に見られます。31日だったかね?

 今年は後一回ブルームーンがある。

 

 そして本日は朔日にして冬土用入り。寒の入り、立春、タカタルヴィ(←素直に寒の戻りと言え!)と来たら春分ですな。復活祭は日本にゃ関係ないので考慮には入れない。商業イベントとしては存在しているが、時期が悪過ぎるだろう。

 

 本日のお茶。

f:id:runningwater:20180119014826j:plain

 お茶はキャンディーはアンクーンブラ茶園の(ラスト)。

 お茶請けは、プレシアさんとキリコラボのキャラメルタルト。

それって常識だろ!?って、違うのか・・・・?

 ミツカンの水センターが行なったアンケートがある。その結果を読んで自分が今まで常識だと思っていたことが実はそうでもないらしい事に気が付いた。

 

 このアンケートは下水環境に対する意識のアンケートで、毎年6月に実施される。

 回答はインターネットで、東京、大阪、中京に住む20~60代の男女計1500名。

 

 五つある設問のうち、揚げ物に使った油を流しから流さない。という設問に対し、はいと答えたのが半数。つまり半数は流しているということか?

 

 その他ゴミを流さないや洗濯時に洗剤を必要以上に使わないという問に対して、はいと答えたのが6割届かず。

 

 以上のことって、当たり前のことじゃあないんですかね?つか、小学校の授業で教わる話だよな?若しくは家庭で躾けられる話だよな?

 生活の基本的なことだと思っていたのだが、違うのか??

 皿を洗う時も油は先ず拭ってから洗わないのか?  油やゴミをそのまま流したら、流しや排水パイプを掃除する時却って手間になるだろうに。強力な洗剤を使えばいいってな問題じゃあないんだがな。

 

 自分の目の前から消えたら問題は解決したとみなし、少しでも行く末を気に掛ける事は無いのか?

 ついでに年齢が若くなるにつれてはいと答える人が減ってゆく。20代にいたってははいと答えたのが4割とか・・・・。

 この結果が全てだと思わない(てか思いたくも無いわ)が、この意識の低さの原因ってなんなんだろうかな。

 

 地球の水をペットボトル100本分と仮定すると、淡水なんてボトルの本数は1本にも満たないっつーに。で、その1本に満たない中から飲料に適した水量って、一体如何程なんだか(滝汗)。

 

 そんなことを書きつつ、のうのうと本日のお茶。

f:id:runningwater:20180117014230j:plain

 お茶は猿島の和紅茶(ラスト)。濃い目に淹れて、少しばかりミルクを入れてみたが、後悔した。

 お茶請けはブルボンさんのスティッククッキー、クランベリー味。

苺の日♪

 小正月、女正月、女房正月、小豆粥、藪入り前日。まぁ、色々あるわな。

 5日だったか15日だったか、まぁ個人的にはどちらでもいいのだが、いっちごの日っ♪(←キサマは子供か?)

 

f:id:runningwater:20180114023511j:plain

 デザートなのだ。

 

 

f:id:runningwater:20180114023503j:plain

 大粒。

 自分としては小粒の方が好みなんだが、あまり見かけないんだよね。

 

 そんなぼりゅ~みぃーな苺が入っていた箱に、ぼりゅ~みぃ~な桜が入ってみた↓

f:id:runningwater:20180114023538j:plain

 …うん、最早何も言うまい。

 

 本日のお茶。

f:id:runningwater:20180116005229j:plain

 お茶は月夜摘みの煎茶。

 お茶請けは母提供。福島県伊達市は松本製菓さんの栗どら。

 

 母曰く、大きさの割りには大した事無いよ。とのことでしたが、大した事だったので、半分で断念しました。

 残りは明日のおやつとなることだろう。若しくは朝ごはん代わり。あんこものは腹持ちが良いのですよ。

穴八幡に行ってきた

 しゅいんしゅいんにゅいん、ぎゅぃ。さぁ行ってみよう♪

 

 ってなわけで母に縄つけられて早稲田の穴八幡に連行されるキラズの図。良い天気でしたので、デジカメを持って行けば良かったなぁと後悔することしきり。ま、仕方ない。

 

 その後ちょっと見たいものがあるからと言われて、銀座へ。

 母のお目当てのものが期待ハズレだったが為に購入は見送り、手持ち無沙汰に・・・・。そして母はとろろ蕎麦が食べたいと言い出した。

 キラズと違ってスマホ持ってんだから検索するとかしようよ、なぁ?母よ。

 

 結局東京駅まで歩きまして、地下街でとろろ蕎麦にありついたものの、想像していたのと違う、汁がしょっぱい、とろろが少ない、出来れば月見が良かったなどと言い出す始末。

 

 ・・・・・・いいんです、母(そういう人)だから。てか自分も少しそう思っていたしね。やはり親子だなぁと妙なところで血の繋がりを感じた。

 あと、エスカレーターをじっと見ながら移動していたので「どうした?」と問うたところ、「あっちは○○製で、同じ建屋なのにこっちは○△製なのね。」と・・・・。ホント変なところを見ているよな(←人の事言える口か?)

 その後は駅地下でお買い物。

 買うたものは全てキラズがリュックにin♪何故って?入るからさ。

 

 最寄の駅で青物を購入した後、母と別れまして母は一足先に帰宅。自分は靴のバーゲンへ。

 高い靴は履かないのだが、基本的行動が走行であることに加え、飛んだり跳ねたり、朝のラッシュ時に迷惑行為とも言えるような、小刻み反復横飛びを伴った人の避け方+走行をするので安価な靴だと1ヶ月もたないのです。

 ついでに通勤時の服装は、ジーンズにスニーカーに作業着であることが多い。スーツは箪笥の肥やしですな。

 

 帰宅したら母が疲れて寝落ちしていたので、夕飯の支度をしてお弁当を作って以下略。

 

 てな訳で本日のお茶。

f:id:runningwater:20180114235015j:plain

 お茶はミルクティー向けの違うメーカーのTBをブレンドして使用したミルクティー。

 お茶請けは広島県尾道市は島ごころさんのレモンラスク。

 あの、有名な瀬戸田レモンケーキを余すことなくスライスしてラスクにしたもの。自分としてはケーキよりもこちらの方が好みである。

 当然半分は麿さんへ。

ぐったり

 8時くらいに目が覚めて、そのまま2度寝どころか4度寝してずるりと褥から這い出てきたのが14時。めっさ身体に悪い生活しとるな。

 

 その後習い事へ行くまでずっとお茶。掃除も少しはしたが、脳内をリセットするが如くただひたすらにボーっとしていた。たまにニャンコに構ってもらってもいたが。

 

 明日母に連行される予定なので、本日静養って事で。

 例え時間の無駄と言われようとも、キラズにゃぬぼーんとする時間が必要だ。運がいい(?)と詩の詞が降りてくるしね。今日も先日降りてきた三人の詩のタイトルも降りてきたことだし。

 

 本日のお茶その1。

f:id:runningwater:20180114023522j:plain

 お茶は鳳凰単叢・銀花香の雪片。

 お茶請けは母提供のアップルパイとオイラ提供のロールシフォン。

 

 お茶その2。

f:id:runningwater:20180114023455j:plain

 お茶は試供品の深蒸し煎茶。

 お茶請けは福岡県筑紫郡はシークスさんのくまのチョコフィナンシェ。

パッカネンが往く~♪

 日本列島ならぬ、日本冷凍ですな。北極振動も相俟(あいま)って、相加相乗効果でも発揮しているのだろうか?と思わせてくれる寒さだ。

 

 個人的には寒い方が仕事はし易いのだが(湿度は30~35%くらいが望ましい)、指が動かなくなるとなるとちょいと厳しい。下手にあぶると焼肉になりかねん(←食うトコあるのか?)

 

 明日からセンター試験だそうだが、なんでこう雪に見舞われるシーズンにやるかねぇ?と思わずにはいられない。

 かくいう自分の時も雪だった。ついでに中学受験の時も酷い雪だった。

 

 新聞に掲載されるセンター試験は時間があれば解いてみたりもする。結果?聞くなや。

 センター試験の問題が8割くらい解けないと教養があるとはいえない。と何かで読んだことはあるが、自分はお呼びではないランク。

 

 唐突だが、評定平均とかいう成績分類方法があったと思う。まだ幾つか覚えているのだが、数学が3.0で化学だか生物が3.6か3.8くらいだった。一番良かったのが現代社会(政治経済と倫理)で5.0、次が現国の4.2。

 

 この評価が良いのか悪いのかすらも覚えていないが、学校の成績は褒められるようなものではなかった事は確かだ。つか、褒められる為に勉強していたわけではないしな。

 そういった感覚だったということに加え、小学校の成績は絶対評価であったのを知っていたこともあり、小学生の時に成績が悪くて親父に怒られた時(アレは叱っていた訳じゃあない)、親の目の前で成績表を破り捨てたことがある。絶対評価は努力しても無駄だから。

 

 あ、当然?滅茶苦茶殴られましたよ。でも、ま、無事再発行されたので良かった。

 幾度か頭部強打しているので記憶がぶっ飛んでいるというのもあるのだが、思い出すと今でもちょっとした破壊衝動に駆られるので、過去のことは思い出さないようにしている。特に感情にまつわるようなことは。

 思い出さないが故にどんどん忘れていっているのだが、その割りには脳の空き容量が増えてくれない・・・・。これはきっと、元々の記憶容量が少ないのだろうな(←年の所為じゃね?)

 

 タイトルとどんどん乖離しているので、ここらでやめる。

 パッカネンは冬将軍のことですよ。何語か忘れた。歴史上初めて使ったのはナポレオンとされている。

 

 夕飯を食べ過ぎたので本日はお茶をしていないです。

鏡開きと蔵開き

 鏡餅を切ったり砕いたり割ったりというのは忌詞に当たるので、開くという。本来二十日だったんですがね。徳川某将軍の命日に当たるってんでこの日に移動したとか。

 蔵開きの方は商家の仕事始めとも言えるべき行事なので、一般的ではないね。

 

 丸いから鏡餅なのか。神事から来ているのか分からないが、神聖なものであることには変わりない。  本日職場において鏡開きがありまして、八つ時の軽食(!?)はお汁粉でした。

 初詣に行ったり、護摩札を毎年買い替えたり、鏡餅を飾って鏡開きをするといった行事をこなしているのは自分が所属している部署だけらしく、上手く言葉には出来ないのだが、有難いな。と思う。

 特に保守的というわけでもなく、信心深いというわけでもないんだがね。

 

 本日のお茶。

f:id:runningwater:20180113023214j:plain

 お茶は15年はダージリンオータムナルのジュンパナアッパー茶園のもの(ラスト)。

 お茶請けは東京都中央区鹿乃子さんの銀座鹿乃子ふわっと焼きまん。これはなかなか不思議食感で美味しいのです。

一体何を考えて・・・・

 本日110番の日ですが、119番同様緊急性が全くないどころか警察の本分じゃあないだろうが!という通報が全体の2割ほどあるそうだ。

 本当に必要なところに行けないどころか、税金の無駄遣いだって事、通報者は理解してんのかね?  

 

 納税者が税金の無駄遣い云々言うのは結構だが、2割の通報者とやらは自分自身が税金の無駄遣いを助長している意識ってないんだろうか・・・・。

 あ、2割の内容というのは、例えば妻の帰りが遅いから浮気でもしているのではないかとか、ゴキブリが出たから退治してくれとかドアホな内容ばかり。

 

 救急の方はよく言われるように、救急車をタクシー代わりにするトモガラ。医療事務関係者曰く、生保(ナマポ)に多いと。

 で、大学病院や大きな病院に来る生保ほど性質が悪いことが多いとも。本当に必要で来ている人もいるにはいるが、少数だそうです。

 

 あとは皮膚科で出される塗り薬で保湿性の高い物があるのだが、それを美容クリーム代わりにもらいにくるようなのもいるようで、コレも税金の無駄遣いの一端を担っていると言える。

 

 もしこれを読んでいる人で、「自分一人位ならいいんじゃない?」とかバカな考え持っている人がいたら、その考えこそ捨ててしまえ。10人が10人共同じ考えだったら如何する?

 義務を果たして権利が生じる。が、本来対象としたものから乖離した目的の為に手段を講じたら、そりゃ破綻するなんて目に見えているだろうに。  

 

 ・・・・しかし、何てーのかねぇ?世の中ってのは矛盾に満ち溢れているからなぁ(溜め息)。

 

 本日はお茶をしていません。