昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

本日の内容は実に見事なタワムレゴト

 特殊能力などというというものは一切持ち合わせてはいないが、自分は比較的予知夢が多い方らしい。未来知の場合もあれば過去知の場合もある。

 起きている時に自分が現実に見ている映像とは別の映像が同時に視える(重なっているわけじゃあない)現象をヴィジョンと呼んでいるのだが、8月の半ば辺りからひっきりなしで気味が悪い。

 あまりこういった事は口外にしない方がいいという。思い込みによって引き寄せる可能性があるとの事らしい。こういった超常現象的なことは根っから信じているわけじゃあないが、真っ向から否定する気もない。

 

 して、今回は始め場所やら何やらが全く分からず、感覚だけがこれはヴィジョンだという事を拾っていた。それが時間が経過するに従って輪郭がはっきりとしつつ、かつ色などが付き始めている。惜しむらくは自分はそれが現実に上手く結び付けられない。

 近しい存在で同じくヴィジョンを視る御仁がいるのだが、えらく似偏っていて嫌な感じである。能力値としては彼の方が高いので(キャッチは同じくらいでコーリングは自分の方が上)、今後の読み解きに注視しようかと思っている次第である。

 

 たかが一介の化学者の分際で何寝言ほざいているんだ?とツッコまれそうだが、"仕方がないだろう?"としか返せないな。そういった能力に長けている人達にこの少し先、星の動きが大きくなる頃合のことを伺ってみたい気分だな。

 

  本日のお茶。

f:id:runningwater:20170926014436j:plain

 お茶は17年はダージリン1stフラッシュ、ムーンダコティー茶園のもの。

 お茶請けは先日国連大学前のマルシェで購入したチーズケーキの木苺。手を拱(こまね)いて麿さんが監視しとるので勿論半分にした。

 

 このケーキを出していたブースは他にも色んな美味しそうなものがあったので、次に行く機会があったらキッシュを買ってみようか?と思っている。お店のお姉さんはフランス人なんだろうか?本場フランスのと銘打っていたから。

 

  果物の酸味はお茶に合わないものの、フロマージュブランが使われた生地は美味。お茶なしでも、のまにゅっ♪と食べられるところが好い(後で胃にどんとくるが)。

アルチンボルド展に行ってきた

 行った時間が遅かった。上野に到着した時点で15時半だった。前売り券を持っていたので券買窓口に並ばないで済んだ。

 ついでに近くの科博で行なわれている深海展はその時点でも待ち時間が3時間半だった・・・・(自分はたった1点を見る為に最高4時間近く並んだことあるが、一人手持ち無沙汰でその時間はなかなか大変である)。

 

 混んでいたとはいえ、作品と作品の間に隙間がそれなりにあったのでヒット・アンド・アウェイで動けばどうにかなった。

 作品はアルチンボルドだけではなく、彼が影響を受けたであろう、また彼に影響を受けたであろう作品群もあったので、興味のない人はそういったところを全て飛ばしておりましたね。

 

 アルチンボルドの描く、所謂寄せ絵ですが、人によったらかなりグロく感じるようで、大泣きしていた子供も幾人か見かけました。つーか、確かに怖いわな。

 代表作の《春》《夏》《秋》《冬》《火》《大地》《大気》《水》の揃いですが、《火》と《大気》は今回初めて目にしました(《大気》は見ていて気分悪くなった)。

 同じ色同士でペアリングすることも可能だそう。

 

 《火》は軍事力を仄めかしていて当時の兵器の程度が分かる。それから《夏》は本来なら欧州にない植物(食物)が描いてあり、彼が仕えていた主の権力の程を知ることが出来て胸中複雑になった。《春》が女性だったのには「え?そうなん??」と思ったさ。

 

 アルチンボルドの画家としてではなく、宮廷の演出家としての側面も見ることが出来て面白かった。むしろそっちが本業らしいが、いい意味で計算高い。どれだけ教養も研鑽しているんだろうか?とも思った。

 

 16世紀のイタリアにおける養蚕についても触れており、そこも興味深かった。

 あと、上下絵も2点あり、静物画という今まで有り得なかった絵画分野の下地を敷いた事に言及されており、色々と影響力の大きな人だったんだなと改めて思った。

 

 諸作品から一角だけ異質な空間があり、そこで見たものは自分からすると唾棄に値するようなものだった。飾絵皿だと思うのだが、寄せ絵で頭部が描かれていた。で、何が寄せられていたかというと、男性の生殖器

 悪趣味を通り越して以下略。・・・・・・つか、いつの時代にもいるんだね。人の三大欲求はいずれも独立したものであって両立(この場合は鼎立か?)するようなものじゃねぇんだよっ!! 

 

 で、見終えた時間は17時ちょい前と意外に早かったのだが、祝日である為習い事が2時間繰り上がっているので、即行帰宅して習い事に行きました。何だかんだで走ってばかりの1日でした。

 習い事の後はゆっくりとしていたかったのだが、ベレ氏を呼び付けてあるブツの修復を頼み、色々と話を展開させていたらエライ時間になってしまったので、お茶はせずそのまま寝床でばたんきぅしました。

 明日は渋谷のBunkamuraの美術館に行きます。

何をやってもうまくいかない

 悉く読みが全滅する。つまりやる事なす事うまくいかない。誰しもそういう日ってあると思う。

 たまたま自分は今日だった・・・・・・。

 

 なのでお茶。

f:id:runningwater:20170923002452j:plain

 お茶は抹茶入り玄米茶。水出し。

 お茶請けは岡山県岡山市はリノさんが販売者、所在は左に同じの清水屋食品さん製造の、ミニクロラスクの蜂蜜味。

 

 開けた瞬間物凄い蜂蜜の香り。苦手な人はやめた方がいいくらい濃い。

   バターではなくマーガリン使用のため食感はさくっとはしていないが、割り合い蜂蜜の味が強め。お茶との相性はいい。但しホットだと微妙かもしらん。

自分にとって特別な日

 あくまで独り言にて候。

 

 起きたのが今日。自分がそれを知ったのが翌月の22日。少しずつ立ち直ってきていると実感し始めたのがここ2年くらい。一旦引きずると長いとはいえ、人生の6割以上の時間を使ったのはこれが初めてではなかろうか?と思う。思い返さなくてもやっぱり悲しい事には変わりはないが。

 

 これから先、生きている限り似たような状況を幾度も味わうことになるのだろうけれど、その度に同じくらいの時間を要したら、現(うつつ)の身なんか持ちやしないだろう。

 

 ・・・・・・さて、本日のお茶。

f:id:runningwater:20170922012121j:plain

 お茶は古い新茶。

 お茶請けは頂き物の盛り合わせ。

戦前・戦中の呪縛が解けつつあるんだろうな

 彼岸入りしましたな。

 

 それはともかく、本日久々に本屋に行く時間が取れたので、本を買った。で、買った本を見ながらタイトルのようなことを思った。

 買ったのは

f:id:runningwater:20170921013653j:plain

f:id:runningwater:20170921013709j:plain

の2冊。

 近年になってから、鎌倉末期から室町時代までの歴史関連本が相次いで発刊されている。

 

 禁忌視されていたといっても過言ではないこの区間の時代、ようやく研究が表に出されるようになってきたんだなと感じた。同時に、江戸時代中期に形成されたこの歴史観は何を以ってここまで長い呪縛となったんだろうか。と思わずにはいられなかった。

 時代やその世代の政治によって、史実がどうであったにせよ、歴史なんていくらでも変わる。

 

   歴史、言わば過去の時間の固形堆積物は水平な時間軸事を持つことが出来ない代わりに事を俯瞰することが出来る。立場や切り口、観点を単眼にするか複眼するかによって様々に分解・解釈出来る。液状の歴史(つまり現在)も同じことが言えるが、俯瞰的な観点を持つような当事者はいない。

 

 「今」は、未来から見たらどんな過去に見られるんだろうね。

 

 くだらない考えはここでやめるとして、本日のお茶。

f:id:runningwater:20170921013735j:plain

 お茶は水出しのダージリン

 このお茶は頂き物(麿さんが頂いたもの)。有名メーカーのものなのだが、水で出そうがお湯で抽出しようがかなり強めのビターテイスト。あと50gくらい残っているのでどうやって消費すべきだろうか・・・・。

 お茶請けは静岡県富士宮市は、まかいの牧場らくのうfactoryさんの富士山チーズケーキ。

 食べたのは1/6である。これホール啖(ぐ)いしろって言われたら、先ず無理。

 

 常温で保存出来るチーズケーキなのだが、ハイクォリティー。チーズケーキが好きなな方でしたら、見かけたら是非!!冷やすとより美味也。

f:id:runningwater:20170921013722j:plain

 

困ったもんだ

 本来なら喜ぶべきことなんですが、ちょいと波が高いかなぁ~?と思っている今日この頃。

 何故ならば、実験が盛り沢山♪だからである。

 詳しいことは伏せておくが、潮目を迎えている所為もあるんだろうかな?と思う。

 

 どごごっと爪痕を残していった台風だが、中南米を含む米国を襲撃しているハリケーンも凄いことになっているな・・・・。しっかし、何で女性名なんかねぇ?そういうのうるさい国なのに。

 

 朝晩少しは涼しくなったと思うものの、日中はまだまだ暑い。そんな暑さの中、明日は新型の機材の使い方をみっちりと仕込まれることだろうから、さっさと寝ますわ~。

 

 あ、本日のお茶。

f:id:runningwater:20170920005231j:plain

 お茶は抹茶入り玄米茶の水出し。

 お茶請けは山形県鶴岡市は菓子の梅安さんのだだちゃ豆カリント。

 

 油菓子とはいえ油っこくなく、甘過ぎずしょっぱ過ぎず美味しい♪ちゃんと豆の味するし。なのでつい食べ過ぎそうになる。

 そんなことしたら麿さんに仕置かれてしまうので、きっかり半分残しました。食べ物の恨みは怖いですからねぇ・・・・・。

祖父の記憶はないなぁ・・・・

今週のお題「私のおじいちゃん、おばあちゃん」

 

 父方の祖父は両親が結婚する年の4ヶ月前に急死。母方の祖父、母からすると父だが、母も知らないとの事。そしてその事に関しては関係者は誰も口を割らない。聞くところによると「美男美女」の組み合わせだったらしい。

 

 で、母方の義理の祖父ですが、この方も急逝しております。可愛がってもらった記憶があるので記憶をば掘り返してみると、右腕に彫り物をしておりました。本人曰く「若気の至り」だそうな。

 えぇっと、アル中かと思うほどの酒豪。仕事行く前にウィスキーのストレートをくいっと引っ掛けて、平然と仕事に行くような人。大人買い上等。自分等はお子ちゃま時代に結構甘やかされました。諸事情により母の実家には4年に1度くらいしか帰省できなかった所為もあるが。あ、あと作る酢の物が非常に美味しかった。

 小刀の研ぎ方や魚やイカの捌き方なども習いましたねぇ。

 

 して、父方の祖母はつい先日三回忌を終えたばかり。母方の祖母はぞろ目にて候。兄弟の中で病弱で一番先に死ぬと言われておりましたが、一番長生きしております。

 母が言うに、祖母、オイラからするに曾祖母はかなり別嬪さんだったと。で、時代が下るにつれて崩れてくるとも。母にそう言われると、だ。自分等立つ瀬ないんだけれどね・・・・。兄上は兎も角な!

 父方の祖母は絶望的に料理が下手だったが、母方の祖母は料理上手な母が足元にも及ばない。というくらいのレベル。実際とても美味しかった。あれは教えられても真似出来ない。

 

 何か、書いていくと世代が現代になるにつれ人して劣化しているような感覚に陥るな。ま、強ち間違っちゃあいないんだろうけれど。

 個人的に双方の祖父母に祖父母の話を聞いてみたかったなと思う。・・・・・・となると16人分か。いずれどこかかで誰かと繋がってしまいそうな気もするな。

 

 父方の祖母のご先祖は400年前から能登の辺りにいるのは確定している。農家か坊主の家系らしい(後者の可能性が濃厚)。んで、母方の祖母の父のご先祖は秋田の士族だということも確定している。うちって若しかして悪党の血筋か?

 

 それはさておき本日のお茶と言いたいところだが、これから夕飯の支度をするのでお茶はその後だな。

 

 本日のお茶。

f:id:runningwater:20170920005248j:plain

  お茶は古い新茶の水出し。 お茶請けは北海道札幌市は千秋庵製菓さんの月の石。今日のような暑い日は冷やして食べた方がいい。

 でもって好きな人の前では食べたくない一品。お菓子そのものは美味しいしお茶も進むのだが、かなりはっきりと歯形が付く。

月百姿展に行ってきた

 場所柄の所為か、外国人が多い。地上を歩くのが面倒なので、JR原宿駅を降りたら、即千代田線の明治神宮原宿駅に潜る。突き当たりまでそれなりに距離があるが、ストレスをそう募らせることなく、太田記念美術館の近くに出られる。

 

 月岡芳年は血みどろ絵で有名だが、晩年は作風が異なり比較的万人向けになる。

 今回の月百姿は色々と故事が学べる。一つ一つに簡単な説明がつけられているので、全く何らも知らん人も楽しめるのだが、ちょっと能をかじっていたり、古典に親しんだことある人なら尚更愉しめるかと♪

 

 このシリーズは以前から知っていたのだが、全てを見た事がない。また、刷紙の余白や空白の部分に模様が浮き出ているのだが、書籍の印刷物にはそれがない(完全に転写出来ない)。近場だし、生で見られるなら行くべきだろう!!ってな訳で行ってみた次第。台風の影響もそれほど出ていなかったしね。

 自分も少し能をかじったことがあることに加えて、古典文学には日本以外のものも僅かではあるが読んだりしてはいるので、脳内かなり危ない人化しとりました。

 

 月百姿の中には『太平記』を題材とされたものがあるのだが、有名な新田義貞のではなく児島高徳のを見ることが出来たのが個人的にはとても嬉しかった。

 雨中のぼんやりとした月の夜、祈りを捧げている構図。桜の木に漢詩を刻む前だということは画面を見て分かるのだが、翌日後醍醐天皇はそれを見て懐抱莞爾するシーンまで映像が繋がって、思わずにやりってなってしまった(←怪し過ぎ)。

 見た方が早いな↓フリー素材(?)のサイトから引っ張ってきた。

f:id:runningwater:20170920005310j:plain

 

 『太平記』絡みではないが、南北朝に繋がる人物として、伊賀局(いがのつぼね)もおりました。伝承によると楠正儀の細君なのだが、女傑且つ怪力無双なんだよね・・・・・。普通、橋がないからって代わりに傍にあった桜の木を引っこ抜いてその代わりにはしないって。

 あと、琵琶なり笛なり糸物を奏している人物がとても多い。

 

 月岡芳年は54歳位で病死してしまうのだが、その先10年20年と生きていたら浮世絵(という小さい括りでいいのか?)の世界はもっと変わっていた可能性が高い。と言われている。だとしたら、一体どんな世界が広がっていたんだろうか?

 

  作品を堪能して満足な余韻に浸りながら、ショップのかまわぬさんへ。そしていつものように手拭いを購入。月や紅葉も良かったのだが、今回は秋刀魚の手拭いを購入。とても好きという訳ではないのだが、キラズが所持している手拭いは何故か魚柄の手拭いが多い。後は和柄。青海波とか毘沙門亀甲とか麻とか波に千鳥とか。

 帰りはかなり雨が酷くなっていたのでさっさと帰宅。そして母に頼まれた闇メニューを製造することに・・・・。くーっくっくっ(←その嗤いはヤメレ)。

 

 本日のお茶。

f:id:runningwater:20170918001557j:plain

 お茶はスリランカ、ルフナはニュー・セント・ジォエキム茶園のミルクティー(ラスト)。牛乳を入れすぎちったい(汗)。

 お茶請けはプレシアさんのレアチーズケーキ。ホール食いではなく、ハーフ食い(それでも多いわっ!)のはずだったのだが、1/4を手にしたら手にした部分のビスケットが両サイド崩れるというオチが待っていた。んーで、チーズの部分が下になって床にダイブ。その瞬間バッハの「トッカータとフーガ」が脳裏をよぎっていったことは言うまでもない。・・・・・・しくしく。

MJCに行ってきた

 今年の2月、休日出勤が重なって麿さんに誕生日プレゼントを渡せなかったので、遅くなったがプレゼントを買いに行った。物はいつものようにピアス。  

 今回は金色の猫がハート型のピンクトルマリンを抱えているという意匠。それに好物のとうきびチョコもつけて渡しました。反応は上々と取っていいんだろうか?といった感じだった。

 ↓これな。

f:id:runningwater:20170920005217j:plain

 

 いつもは寒色系なのだが、今回猫モチーフだし少し甘めでもいいな。という自分の意向が嫌悪に取られなくて良かったです、はい。

 ハイクラスジュエリーのコーナーやブライダルのコーナーなんかにゃ近づけはしませんが、カジュアルな感じの人達が割り合い多いので自分のようなモノでも入り込める。

 

 以前行ったジャパン・ブルーの展示即売会なんぞ、金持ち以外お呼びじゃあないのよ。感が会場全体に漂っていて物凄く嫌だった。展示自体は面白かったんだけれどね。

 同じく物はいいのだが、同じようなのが白金台にあったアシュバッハというチョコレートショップ。テナントが入っていたビルが解体の為に2015年に閉店したが、自分が行ったオープン当初は接客態度が物凄く悪かった。つか、白金周辺って基本そう。最近はそうでもないが、第一印象が悪いと次続かないわな。

 ついでに読みは「しろかね」。今はそんなことないと思うが、「しろがね」と読むと「どこの田舎モン?」と突っ込まれる事があった。

 

 で、今回会場に行くのも帰るのも地下通路迷いまくって疲れた所為なのか、降りる駅を過ぎて目が覚め(←昨日もやった人)、時間と天候の関係でちょろっと買い物をしてそのまま帰った。

 

  本日のお茶。

f:id:runningwater:20170918001523j:plain

 お茶は17年はダージリンの1stフラッシュ。

 お茶請けはモンテールさんの生カステラ。食べたのはハーフサイズ。

 

 夕飯を作りながらお茶をしていたので、画像(多分出すのは19日以降)がきちきち。土曜日は夕飯を作ってから習い事。んで、習い事を終えてから頂く。

只今連鎖反応中

 たまに発生(はっしょう)するのだが、ある案件を抱えた時、それに関連するもしくは後続する案件が立て続けに依頼されることがある。所謂連鎖反応というヤツなのだが、只今その真っ只中におる。来週で3週目。

 忙殺されている人達から見ればかなり温いんだろうけれど、諸々の縛りなんかがありましてそう遅くまで残ることが出来ない。それでもお弁当のおかずを作る時間とお茶する時間は何とか確保している。特にお茶する時間は自分の心を知る為のものなので(鬱病予防とも言うが)、余程疲れているか寝易い時以外は大抵お茶をする。

 

 お茶を飲むのも好きだが、お茶を淹れるその工程自体が好きというのがあるんだろう。

 

 今日も寝易く、上の瞼と下の瞼が仲良くなってきているので、本日のお茶と行きませう。

 

 本日のお茶。

f:id:runningwater:20170916022225j:plain

 お茶は水出し抹茶入り玄米茶。

 お茶請けは高知県高知市は青柳さんのもちぱい。