昨日の不倶戴天の敵は 今日の刎頚の友

日がな一日世界の傍観者となって独り言をのたくった跡

旧七草ですな

 本日母の付き添いということだったのだが、母の仕事の電話対応により付き添いがなしに。
 いつもの事ながら言わせろ。人の休日返せ。

 で、如月も半分過ぎると徐々に春の足音が聞こえ始めてくる。春の兆しが見え始めると2月というのはすたこらさっさと逃げていく。それは決して日数が少ないからではないと思う。
 うずうずし始めると同時に憂鬱度も高まっていく。生態的なリズムの所為もあるが、いい記憶があまりないからなのだろうなと思わずにはいられない。
 
 本日のお茶。

f:id:runningwater:20160215001550j:plain

 お茶はルフナ。
 お茶請けは母から頂いたグリコとロイズのコラボポッキー。

広告を非表示にする